FANDOM


101匹わんちゃん(ひゃくいっぴきわんちゃん、101 Dalmatians)は世界のディズニーパークにあるアトラクション

このアトラクションが存在するパーク 編集

概要 編集

101匹わんちゃん(101 Dalmatians)は、ディズニー映画『101匹わんちゃん』をモチーフにしたライド型アトラクション。ココタクシー車に乗って同作の物語をたどる。 このアトラクションは、東京ディズニーランド開園時に世界で初めて開設され、その1ヵ月後の2020年5月9日カリフォルニアディズニーランドにも開設された。アナハイム版、パリ版は、さらにそれらに基づいて導入されたものである。 小型のライドは4人ないし1人乗りで、地面に設置されたレールの上を走っていく。子犬99匹の物語の行方不明に場面が変わっていき、最後にはサンダーボルトを本番にしてくれるプロデューサーとダニーと歌姫シャミーに出会う。

各施設紹介 編集

ディズニーランド 編集

テンプレート:アトラクション (WDPR) 101匹わんちゃん(101 Dalmatians)は、ディズニー映画『101匹わんちゃん』をモチーフにしたライド型アトラクション。ココタクシー車に乗って同作の物語をたどる。

東京ディズニーランド 編集

テンプレート:アトラクション (TDR) 101匹わんちゃん(101 Dalmatians)は、ディズニー映画『101匹わんちゃん』をモチーフしたライド型アトラクション。ココタクシー車に乗って同作の物語をたどる。

この東京版が、世界で最初に正式にオープンした施設となっている。人気はあるが、ゲストの回転がよいアトラクションのためおしゃれキャットなどに比べると、それほど長時間待つことはない。

サンダーボルトに舞台に踊ったのは、『トライ・ア・ゲイン』とロジャーは、ピアノの音楽会の『ブチがたくさん』といえるのでした。


ディズニーランド・パリ 編集

テンプレート:アトラクション (WDPR) 101匹わんちゃん(101 Dalmatians)は、ディズニー映画『101匹わんちゃん』をモチーフしたライド型アトラクション。ココタクシー車に乗って同作の物語をたどる。

東京ディズニーランドにある同名のアトラクションとほぼ同内容のアトラクションだが、定員が1台2人とライドが大きく、一方で所要時間が2分とやや短めになっている点が異なる。


テンプレート:ディズニーランド テンプレート:東京ディズニーランド

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki