FANDOM


101匹わんちゃん大行進 (One Hundred and One Dalmatians) は、世界のディズニーパークにあるアトラクションである。英名は「One Hundred and One Dalmatians」のほかに、「"One Hundred and One Dalmatians"」と、引用符がつき全て小文字で表すこともある。

このアトラクションが存在するパーク

概要

101匹わんちゃん大行進(One Hundred and One Dalmatians)は、このアトラクションはディズニーランドを代表するアトラクションであり、世界的にとても有名なアトラクションである。中でもアトラクションの映画の元になった『101匹わんちゃん』をモチーフしたライド型アトラクション。ココタクシー車型のライドに乗って同作の物語をたどるのは、分かりやすい歌詞、メロディーにより世界中で親しまれている。最初に作られてから約45年の時を経ても今もなお、野良犬から大人まで人気のあるアトラクションであり、楽曲「It's a small world」の中央のクロックタワーと犬のクロックタワーアトラクションのテーマ・コンセプトの同じは世代を超えても通じる力を持っていると言える。

オリジナル後のイギリスロンドンに住んでいる映画とパークのロジャー・ラドクリフアニタ・ラドクリフ、ナニー、ポンゴパディータ、子犬達、ダニー、大佐、チブス軍曹、大尉、プリンセス、ダッチェス、クィーニー、ドレリー、ルーシー、クルエラ・ド・ヴィル、ジャスパー、ホーレス、Old Terrierダック、プリシー、ココ、Old Bullバイロン、Yangミンディー、Yangガンポ、コリー、ラブラドール、ユリー司祭、トラックのおじさん、トラックの修理屋さん、ムッパー、フォミー、Yangギンピー、Oldチォロスです。映画のパークのサンダーボルト、ダーティー・ドーソン、TVアナウンサー、クイズマスター、パーシバル・シンプキンス、インスペクター・クレイヴン、ミス・バードウェル、親馬のTVの中などパークのデザインのムゴピッグ、Yang Oldタウザー、チャーリー、Old Houndトック、ペグリー、Yang Huntドズーメラ、Oldパロミング、ガーモント、袋泥棒のモームス、警察犬のダテリル、ベジクル、タイニー、パイパー、トレバー、MOUNT DOGスチーマー、Mastiffロドニー、ミシェガン、Terrierノグ、Terrierビオ、Terrierイム、Terrierギニ、アムロ、ミーティー、クメイズー、トミー、パフィン、巡査部長、ペンキ屋のおじさん、意地悪なユマードおじさん、クランチフード屋のおじさん、Oldイーヴィ、Oldデスター、Yangラグネス、Oldロフティ、ゴーボン、Old Freサンパー、ワニのスティーヴンです。パークのTVの中の牡牛、ダーティー・キッド、ダーティー・キッドの父、ダーティー・キッドの母です。などアトラクションのパークの中の犬のクロック仕掛けた衛兵達とラース誕生などテーマ・パークのダルメシアンの大冒険に出かけるのであるというウォルト・ディズニーのテーマ設計が理由である。

リニューアル後のイギリスロンドンに住んでいる映画とパークのロジャー・ラドクリフアニタ・ラドクリフ、ナニー、ポンゴパディータ、ダルメシアンの子犬達、ダニー、大佐、チブス軍曹、大尉、プリンセス、ダッチェス、クィーニー、ドレリー、スポット、プグ中尉、ルーシー、サンダーボルト、リトル・ライトニング、ムゴピッグ、Yang Oldタウザー、Yang Oldユンス、ロビー、トライポッド、デューク、スモーキー、レベッカ、チャーリー、エド・ピッグ、ダンプリング、シンディー・ピッグ、ヨンプルング、CHICKENコーネリア、CHICKピープス、GHOTOボコ、SHEEPローガン、ワドルスワーク、ムーチ、バンデラ、CHICKENポンサー、ピープスのパパ、ピープスのママ、Ratバキセ、ミクロサウリア2匹、ホロホロ鳥2匹、父アヒル、アヒルのゲッグ、アヒルのミッム、クルエラ・ド・ヴィル、ジャスパー、ホーレス、Old Terrierダック、プリシー、ココ、Old Bullバイロン、Yangミンディー、クランチフード屋のおじさん、Yangガンポ、コリー、ラブラドール、ユリー司祭、トラックのおじさん、トラックの修理屋さん、ムッパー、フォミー、Yangギンピー、Oldチォロス、袋泥棒のモームス、警察犬のダテリル、ベジクル、ペグリー、Yang Huntドズーメラ、Oldパロミング、ガーモント、タイニー、パイパー、トレバー、巡査部長、ペンキ屋のおじさん、Yangラグネス、ワニのスティーヴン、Oldロフティ、ラース、ジャン・ルペル、MOUNT DOGスチーマー、Mastiffロドニー、ミシェガン、Terrierノグ、Terrierビオ、Terrierイム、Terrierギニ、アムロ、ミーティー、クメイズー、意地悪なユマードおじさん、3姉妹のピクシー、セーラー、ハピナス、ラース、Oldイーヴィ、Oldデスター、Old Freサンパー、ゴーボン、プロデュース、アシスタント:ウォームル、アシスタント:フェンビー、アシスタント:トミー、アシスタント:アンミー、仕立て屋のおじさん、ダーティー・キッド、ダーティー・キッドの父、ダーティー・キッドの母、ダーティー・ドーソン、TVアナウンサー、クイズマスター、パーシバル・シンプキンス、インスペクター・クレイヴン、ミス・バードウェル、牡牛、親馬、場車の牡馬、田舎の動物の親牛、牡山羊、牡羊、牡豚、雌鶏、雄鶏、牡雛、蛙、亀、動物園のワニ、ゾウ、サイ、キリン、サル、カバ、シマウマ、ライオン、ヌー、クマ、ハイエナ、トミー、パフィン、ジャン=ピール・ルペル、カメラマン、衛兵達などテーマ・パークのダルメシアンの大冒険に出かけるのであるというウォルト・ディズニーのテーマ設計が理由である。

アトラクションの外観はほとんどの映画とパークで同じような作りになっており、世界の有名な建築物がデフォルメされて表されているが、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートにあるマジック・キングダムのみダルメシアンのパークと映画と外観が異なっており、とてもこぢんまりとした作りになっている。また、野良犬のパークと映画の外観に共通して見られる時計台は、室内に設置されている。

ササキワカバ製作のNHKゲームの「"Simon & 20 Eigorians"」のギョウザのようなキノコのえいごリアンに怒ったの土佐犬と合体にして、ギョウトザ犬の顔でしたので、映画「"101匹わんちゃん"」のサンダーボルトの物語の後、"ケーナー・クランチフード"のCMのマスコットキャラの"Little Bloodhound"が、クランチフードが、持ったのスモールワールドのミニ時計と金座の太陽と砂時計と数字とねじと旗と棒ねじとベル太鼓とソーラーねじが、あったのでした。

歴史

101匹わんちゃん大行進(One Hundred and One Dalmatians)は、アトラクションの映画の元になった『101匹わんちゃん』をモチーフしたライド型アトラクション。ココタクシー車型のライドに乗って同作の物語をたどる。 2013年6月夏オープンです。このアトラクションは、1964年4月22日からニューヨークで開催されたニューヨーク世界博覧会に、ウォルト・ディズニーが制作し、ユニセフトロピカーナ提供のもと出展したパビリオンが前身である。その後、契約に基づいてディズニーランドに移設されたものである。

2014年2月冬にリニューアルオープンして、ここ以外のディズニーパークと映画の同名のアトラクションにはこの表記は無い。

ユニセフから製作の依頼を受けたウォルト・ディズニーにより、ユニセフの理念に合致する映画とアトラクションとして作られた。「「平和なダルメシアン」とは「野良犬たちのダルメシアン」ではないか」と考えた末に、映画とアトラクションのテーマが決定した。「人種や性別、国籍、言語の違いがあっても子供達は何のしがらみもなくすぐに友達になれ、ケンカしても泣いて笑ってすぐに仲直りしてしまう。まさしくこれが平和の世界ではないか」と考えたのである。

カリフォルニアのディズニーランドにある101匹わんちゃん大行進の最後(日本の101匹わんちゃんでは各国の挨拶が書いてある場所)に「"One Hundred and One Dalmatians - a Salute to UNICEF"(101匹わんちゃん大行進 - ユニセフの理念・理想に捧げる)」と記してある。なお、ウォルト・ディズニーが製作を直接手掛けていない映画のディズニーランドにはこの表記は無い。

アトラクションの101匹わんちゃん大行進のパークのエンストランスとエグジットの時計台のお城の中の門です。

ササキワカバ製作のNHKゲームの「"Simon & 20 Eigorians"」のギョウザのようなキノコのえいごリアンに怒ったの土佐犬と合体にして、ギョウトザ犬の顔でしたので、映画「"101匹わんちゃん"」のサンダーボルトの物語の後、"ケーナー・クランチフード"のCMのマスコットキャラの"Little Bloodhound"が、クランチフードが、持ったのスモールワールドのミニ時計と金座の太陽と砂時計と数字とねじと旗と棒ねじとベル太鼓とソーラーねじが、あったのでした。

チクタク版

101匹わんちゃん仕掛け時計ミュージックの『ケーナー・クランチフード曲』(アメリカ作曲版)に流れ『101匹わんちゃん行進曲』(アメリカ作曲版)に流れます。

パークの犬のクロックタワーのギョウトザ犬が、泣き笛に聞えます。

オリジナルとリニューアル後のエンストランスの乗り場ホールのBGM:101匹わんちゃんOPの曲です。

リニューアル後のエンストランスのBGM:101匹わんちゃん2パッチのはじめての冒険OPの曲です。

アトラクション:ライド数秒

所要時間:2分19秒

衛兵達の鼓笛隊:その1とその2「トコトコトコトコトコトコプップップップップックププー」と成ります。

衛兵達の鼓笛隊:その1とその2「トコトコトコトコトコプ〜プップッププププー」と成ります。

ロジャーのシンバル太鼓のボーンと成ります。

ラースのトライアングルのコーンと成ります。

各施設紹介

ディズニーランド

101匹わんちゃん大行進(One Hundred and One Dalmatians)は、アトラクションの映画の元になった『101匹わんちゃん』をモチーフしたライド型アトラクション。ココタクシー車型のライドに乗って同作の物語をたどる。 2013年7月夏オープンです。 ニューヨーク世界博覧会から移設されたオリジナル。全ての映画とパークにある同名のアトラクションの原型となった。悪者の3人組の何度も塗り替えられ、現在は開業当時の白とゴールドを使った悪者の3人組に戻されている。前述した通り、この101匹わんちゃん大行進のみ、最後(日本"101匹わんちゃん"では各国の挨拶が書いてある場所)に"One Hundred and One Dalmatians - a Salute to UNICEF"(101匹わんちゃん大行進 - ユニセフの理念・理想に捧げる)と記してある。

アトラクションの101匹わんちゃん大行進のパークのエンストランスとエグジットの時計台のお城の中の門です。

パリのユーロディズニーランド(現:ディズニーランド・パリ)開業後の2013年12月クリスマスには期間限定で、パリと同様の『101匹わんちゃん』のリニューアルと似てるのが使用された事がある。

2014年1月お正月にリニューアルオープンして、ここ以外のディズニーパークと映画の同名のアトラクションにはこの表記は無い。

ササキワカバ製作のNHKゲームの「"Simon & 20 Eigorians"」のギョウザのようなキノコのえいごリアンに怒ったの土佐犬と合体にして、ギョウトザ犬の顔でしたので、映画「"101匹わんちゃん"」のサンダーボルトの物語の後、"ケーナー・クランチフード"のCMのマスコットキャラの"Little Bloodhound"が、クランチフードが、持ったのスモールワールドのミニ時計と金座の太陽と砂時計と数字とねじと旗と棒ねじとベル太鼓とソーラーねじが、あったのでした。

開業後、長らくバンクオブポスタルが2013年夏7月までスポンサーであったが、2013年秋からは犬の食べ物メーカー大手のムミデが2013年秋9月まで提供した。

チクタク版

101匹わんちゃん仕掛け時計ミュージックの『ケーナー・クランチフード曲』(アメリカ作曲版)に流れ『101匹わんちゃん行進曲』(アメリカ作曲版)に流れます。

パークの犬のクロックタワーのギョウトザ犬が、泣き笛に聞えます。

オリジナルとリニューアル後のエンストランスの乗り場ホールのBGM:101匹わんちゃんOPの曲です。

リニューアル後のエンストランスの乗り場ホールのBGM:101匹わんちゃん2パッチのはじめての冒険OPの曲です。

アトラクション:ライド数秒

所要時間:2分19秒

衛兵達の鼓笛隊:その1とその2「トコトコトコトコトコトコプップップップップックププー」と成ります。

衛兵達の鼓笛隊:その1とその2「トコトコトコトコトコプ〜プップッププププー」と成ります。

ロジャーのシンバル太鼓のボーンと成ります。

ラースのトライアングルのコーンと成ります。

マジック・キングダム

101匹わんちゃん大行進(One Hundred and One Dalmatians)は、アトラクションのモチーフしたライド型アトラクション。ココタクシー車型のライドに乗って同作の物語をたどる。 2013年9月秋オープンです。ディズニーランドと同じく、直接、映画の元になった『101匹わんちゃん』がデザインを行った最後の101匹わんちゃん大行進である。ダルメシアンのパークをモチーフしたライド型アトラクション。ココタクシー車型のライドに乗って同作と違って悪者3人組が表になく、外はダルメシアンの悪者の3人組と同じである。悪者の3人組は中に存在するが15分おきにある、野良犬たちによるパレードはない。アトラクションの『101匹わんちゃん』内容は後に開業する東京ディズニーランドと似ているが、物語の動作が違う。

アトラクションの101匹わんちゃん大行進のパークのエンストランスとエグジットの時計台のお城の中の宿です。

2014年1月お正月にリニューアルオープンして、ここ以外のディズニーパークと映画の同名のアトラクションにはこの表記は無い。

ササキワカバ製作のNHKゲームの「"Simon & 20 Eigorians"」のギョウザのようなキノコのえいごリアンに怒ったの土佐犬と合体にして、ギョウトザ犬の顔でしたので、映画「"101匹わんちゃん"」のサンダーボルトの物語の後、"ケーナー・クランチフード"のCMのマスコットキャラの"Little Bloodhound"が、クランチフードが、持ったのスモールワールドのミニ時計と金座の太陽と砂時計と数字とねじと旗と棒ねじとベル太鼓とソーラーねじが、あったのでした。

2013年秋9月の開園以来、犬の食べ物メーカー大手の(現:ムミデ)が、あったスポンサーです。

チクタク版

101匹わんちゃん仕掛け時計ミュージックの『ケーナー・クランチフード曲』(アメリカ作曲版)に流れます。

パークの犬のクロックタワーのギョウトザ犬が、泣き笛に聞えます。

オリジナルとリニューアル後の乗り場ホールのBGM:101匹わんちゃんOPの曲です。

リニューアル後の乗り場ホールのBGM:101匹わんちゃん2パッチのはじめての冒険OPの曲です。

アトラクション:ライド数秒

所要時間:9分

衛兵達の鼓笛隊:その1「トコトコトコトコトコトコプップップップップックププー」と成ります。

衛兵達の鼓笛隊:その1「トコトコトコトコトコプ〜プップッププププー」と成ります。

ロジャーのシンバル太鼓とラースのトライアングルのボーンとコーンと成ります。

東京ディズニーランド

101匹わんちゃん(101 Dalmatians)は、アトラクションの映画の元になった『101匹わんちゃん』をモチーフしたライド型アトラクション。ココタクシー車型のライドに乗って同作の物語をたどる。 2014年4月春オープンです。東京ディズニーランドのガイドブックでは「101 Dalmatians」と表記される。東京ディズニーランドの「101匹わんちゃん」は、上記の概要にあるような構成の違いを除けばほぼ海外のものと同様の内容である。東京ディズニーランドのものは下記のような順番で展開していく。

ササキワカバ製作のNHKゲームの「"Simon & 20 Eigorians"」のギョウザのようなキノコのえいごリアンに怒ったの土佐犬と合体にして、ギョウトザ犬の顔でしたので、映画「"101匹わんちゃん"」のサンダーボルトの物語の後、"ケーナー・クランチフード"のCMのマスコットキャラの"Little Bloodhound"が、クランチフードが、持ったのスモールワールドのミニ時計と金座の太陽と砂時計と数字とねじと旗と棒ねじとベル太鼓とソーラーねじが、あったのでした。

2014年の開園以来、クレジットカードの(現:ダイナースクラブ)がスポンサーであったがのでした。これに伴って、ダイナースクラブの各店舗に設置されていた当アトラクションを模した101匹わんちゃんのカードのからくりのギョウトザ犬の顔が動いている時の音は、以前は大きかったが今では小さな音になっている。高品位で美しいストリングスの音が加わる。なお、夜間の場合は時計が動く間は香港ディズニーランドの『101匹わんちゃん大行進』と同じく、両端の照明が落とされ、時計のみライトアップされた状態となり、時計のみが目立つよう演出がなされる。

カコ版

101匹わんちゃん仕掛け時計ミュージックの『Tokyo Disneyland I'ts a Small World ベル演楽笛奏鼓団曲』(日本作曲版)に流れ『101匹わんちゃん行進曲』(ヨーロッパ作曲版)に流れます。

パークの犬のクロックタワーのギョウトザ犬が、泣き笛にギョウトザ犬の顔が、首をねじる音に聞えます。

オリジナル後の乗り場ホールのBGM:101匹わんちゃんOPの曲です。

オリジナル後のエンストランスのBGM:101匹わんちゃん2パッチのはじめての冒険OPの曲と童謡の曲です。

アトラクション:ライド数秒

所要時間:9分

衛兵達の鼓笛隊:その1「トコトコトコトコトコトコプップップップップックププー」と成ります。

衛兵達の鼓笛隊:その2「トコトコトコトコトコプ〜プップッププププー」と成ります。

ロジャーのシンバル太鼓のゴーンと成ります。

ラースのトライアングルのポーンに成ります。

季節の日

夏:時計成り&童謡の曲:2014年7月:オープン

古い東京ディズニーランド

101匹わんちゃん大行進(One Hundred and One Dalmatians)は、アトラクションの映画の元になった『101匹わんちゃん』をモチーフしたライド型アトラクション。ココタクシー車型のライドに乗って同作の物語をたどる。 2014年4月春オープンです。東京ディズニーランドのガイドブックでは「One Hundred and One Dalmatians」と表記される。東京ディズニーランドの「101匹わんちゃん」は、上記の概要にあるような構成の違いを除けばほぼ海外のものと同様の内容である。東京ディズニーランドのものは下記のような順番で展開していく。

ササキワカバ製作のNHKゲームの「"Simon & 20 Eigorians"」のギョウザのようなキノコのえいごリアンに怒ったの土佐犬と合体にして、ギョウトザ犬の顔でしたので、映画「"101匹わんちゃん"」のサンダーボルトの物語の後、"ケーナー・クランチフード"のCMのマスコットキャラの"Little Bloodhound"が、クランチフードが、持ったのスモールワールドのミニ時計と金座の太陽と砂時計と数字とねじと旗と棒ねじとベル太鼓とソーラーねじが、あったのでした。

2014年の開園以来、クレジットカードの(現:ダイナースクラブ)がスポンサーであったがのでした。これに伴って、ダイナースクラブの各店舗に設置されていた当アトラクションを模した101匹わんちゃんのカードのからくりのギョウトザ犬の顔が動いている時の音は、以前は大きかったが今では小さな音になっている。高品位で美しいストリングスの音が加わる。なお、夜間の場合は時計が動く間は香港ディズニーランドの『101匹わんちゃん大行進』と同じく、両端の照明が落とされ、時計のみライトアップされた状態となり、時計のみが目立つよう演出がなされる。

チクタク版

101匹わんちゃん仕掛け時計ミュージックの『ケーナー・クランチフード曲』(日本作曲版)に流れ『101匹わんちゃん行進曲』(アメリカ作曲版)に流れます。

パークの犬のクロックタワーのギョウトザ犬が、泣き笛に聞えます。

オリジナル後の乗り場ホールのBGM:101匹わんちゃんOPの曲です。

オリジナル後のエンストランスのBGM:101匹わんちゃん2パッチのはじめての冒険OPの曲と101匹ステージです。

アトラクション:ライド数秒

所要時間:9分

衛兵達の鼓笛隊:その1「トコトコトコトコトコトコプップップップップックププー」と成ります。

衛兵達の鼓笛隊:その1「トコトコトコトコトコプ〜プップッププププー」と成ります。

ロジャーのシンバル太鼓のボーンと成ります。

ラースのトライアングルのコーンと成ります。

季節の日

春:時計成り&101匹ステージ:2014年4月:オープン〜2014年6月:クローズ

ディズニーランド・パリ

101匹わんちゃん(101 Dalmatians)は、アトラクションのモチーフしたライド型アトラクション。ココタクシー車型のライドに乗って同作の物語をたどる。 2013年12月クリスマスオープンです。東京ディズニーランドにある同名のアトラクションとかなり違うアトラクションである。映画の元になった『101匹わんちゃん』のデザインをまったく使用していないため、「野良犬の英国」というよりも「違和感ただよう英国」になっており、ご当地のロンドンのシーンがかなり大きい。乗り場が屋外にあるため、正面手前が池となっている。悪者3人組もダルメシアンのパークにはない、オリジナルのデザインを採用しているが、わんちゃん時計が動いてる時の音は、東京ディズニーランドと音が同じである。又、野良犬が行進する時の音楽も、東京ディズニーランドと同じですよ。

アトラクションの中の音楽には、ロンドン各地の音楽をミックスした高品位な「トラックに乗込む追詰められる曲」が使用されており、より高度で豊かな音楽演奏表現でイギリス旅行気分を楽しめる。

グリーティングカードのキャラビットのキャラクターの大きなたまごママの髪形と圧網に見たいなNHKテレビアニメ「"カスミン"」の地下の扉の顔の目に開けたの右と目に閉じた左と鼻と鼻の穴とササキワカバ製作NHKゲームの「"Simon & 20 Eigorians"」のトーマス・エジソンの怒った眉毛と眉皴とパークと同じのギョウトザ犬のベロでしたので、映画「"101匹わんちゃん"」のサンダーボルトの物語の後、"ケーナー・クランチフード"のCMのマスコットキャラの"Little Bloodhound"が、クランチフードが、持ったのスモールワールドの旗と棒ねじとミニ時計の2枚と金座の太陽と砂時計と巨大時計にあったのでした。

2013年の開園以来、フランスラジコム が、スポンサーが、あったのです。

カコ版

101匹わんちゃん仕掛け時計ミュージックの『ヒーロー・サンダーボルト曲』(フランス作曲版)に流れ『101匹わんちゃん行進曲』(ヨーロッパ作曲版)に流れます。

パークの犬のクロックタワーのオバトサンが、喋り笛にオバトサンの顔が、首を2回ねじる音にカランコロンの音にギャイギュイの音に聞えます。

オリジナル後のエンストランスの乗り場ホールのBGM:101匹わんちゃんOPの曲です。

オリジナル後の乗り場ホールのBGM:101匹わんちゃん2パッチのはじめての冒険OPの曲です。

アトラクション:ライド数秒

所要時間:4分39秒

衛兵達の鼓笛隊:その1とその2「トコトコトコトコトコトコプップップップップックププー」と成ります。

衛兵達の鼓笛隊:その1とその2「トコトコトコトコトコプ〜プップッププププー」と成ります。

ロジャーのシンバル太鼓のゴーンと成ります。

ラースのトライアングルのポーンに成ります。

季節の日

夏:時計成り:2014年7月:オープン

古いディズニーランド・パリ

101匹わんちゃん大行進(One Hundred and One Dalmatians)は、アトラクションのモチーフしたライド型アトラクション。ココタクシー車型のライドに乗って同作の物語をたどる。 2013年12月クリスマスオープンです。ディズニーランドにある同名のアトラクションとかなり違うアトラクションである。映画の元になった『101匹わんちゃん』のデザインをまったく使用していないため、「野良犬の英国」というよりも「違和感ただよう英国」になっており、ご当地のロンドンのシーンがかなり大きい。乗り場が屋外にあるため、正面手前が池となっている。悪者3人組もダルメシアンのパークにはない、オリジナルのデザインを採用しているが、わんちゃん時計が動いてる時の音は、ディズニーランド、マジック・キングダム、香港ディズニーランドと音が同じである。又、野良犬が行進する時の音楽も、ディズニーランド、香港ディズニーランドと同じですよ。

アトラクションの中の音楽には、ロンドン各地の音楽をミックスした高品位な「トラックに乗込む追詰められる曲」が使用されており、より高度で豊かな音楽演奏表現でイギリス旅行気分を楽しめる。

ササキワカバ製作のNHKゲームの「"Simon & 20 Eigorians"」のギョウザのようなキノコのえいごリアンに怒ったの土佐犬と合体にして、ギョウトザ犬の顔でしたので、映画「"101匹わんちゃん"」のサンダーボルトの物語の後、"ケーナー・クランチフード"のCMのマスコットキャラの"Little Bloodhound"が、クランチフードが、持ったのスモールワールドのミニ時計と金座の太陽と砂時計と数字とねじと旗と棒ねじとベル太鼓とソーラーねじが、あったのでした。

2013年の開園以来、フランスラジコム が、スポンサーが、あったのです。

チクタク版

101匹わんちゃん仕掛け時計ミュージックの『ケーナー・クランチフード曲』(フランス作曲版)に流れ『101匹わんちゃん行進曲』(アメリカ作曲版)に流れます。

パークの犬のクロックタワーのギョウトザ犬が、泣き笛に聞えます。

オリジナル後の乗り場ホールのBGM:101匹わんちゃんOPの曲です。

オリジナル後のエンストランスのBGM:101匹わんちゃん2パッチのはじめての冒険OPの曲です。

アトラクション:ライド数秒

所要時間:4分39秒

衛兵達の鼓笛隊:その1とその2「トコトコトコトコトコトコプップップップップックププー」と成ります。

衛兵達の鼓笛隊:その1とその2「トコトコトコトコトコプ〜プップッププププー」と成ります。

ロジャーのシンバル太鼓のボーンと成ります。

ラースのトライアングルのコーンに成ります。

季節の日

春:時計成り&101匹わんちゃん大行進掲示看板:2013年12月:オープン〜2014年6月:クローズ

香港ディズニーランド

101匹わんちゃん大行進101忠狗)は香港ディズニーランドにあるアトラクションの映画の元になった『101匹わんちゃん』をモチーフしたライド型アトラクション。ココタクシー車型のライドに乗って同作の物語をたどる。2013年10月秋オープンです。ダルメシアンのパークのものとは構成も非常に異なり、イギリスロンドンイングランドな町のスコットランドの田舎のエリアの面積倍増とシーンの追加、ロジャー・ラドクリフの仲間たちの野良犬たちのキャラクターの登場(例:野良猫のチブス軍曹)など特徴的なものとなっている。特にスコットランドの田舎エリアでは、「トラックに乗込むの追詰められる曲」の音が聞こえてくる。2013年、アメリカのディズニーランドリゾートの101匹わんちゃん大行進のロジャーの仲間たちの野良犬のキャラクターの登場するバージョンでした。テーマソングもご当地のイギリス重視となり、既存する英語版の言語が追加され、"英会国"の言語となった。

アトラクションの101匹わんちゃん大行進のパークのエンストランスとエグジットのイギリスロンドンの町の中の時計台のお城です。

2014年1月お正月にリニューアルオープンして、ここ以外のディズニーパークと映画の同名のアトラクションにはこの表記は無い。

ササキワカバ製作のNHKゲームの「"Simon & 20 Eigorians"」のギョウザのようなキノコのえいごリアンに怒ったの土佐犬と合体にして、ギョウトザ犬の顔でしたので、映画「"101匹わんちゃん"」のサンダーボルトの物語の後、"ケーナー・クランチフード"のCMのマスコットキャラの"Little Bloodhound"が、クランチフードが、持ったのスモールワールドのミニ時計と金座の太陽と砂時計と数字とねじと旗と棒ねじとベル太鼓とソーラーねじが、あったのでした。

スポンサーは太平洋Diners Club(台湾に存在するダイナースクラブ出資の会社)。ダイナースクラブのクレジットカードとの関わりで101匹わんちゃんが、全部一杯(ダイナースクラブの101匹わんちゃんのカードの項目参照)使用をしていたが、2013年10月秋と2014年4月春にダイナースクラブ自体が東京ディズニーランドの当アトラクションの提供にちょっと似てるの香港ディズニーランドとスポンサー契約を結んでいる。

それまで最新だったディズニーランド・パリの『101匹わんちゃん』のデザインがかなりの悪者3人組であったため、ディズニーランド・パリ以前のものに使われているダルメシアンのデザインを採用した。

チクタク版

101匹わんちゃん仕掛け時計ミュージックの『ケーナー・クランチフード曲』(中国作曲版)に流れ『101匹わんちゃん行進曲』(アメリカ作曲版)に流れます。

パークの犬のクロックタワーのギョウトザ犬が、泣き笛に聞えます。

オリジナルとリニューアル後の乗り場ホールのBGM:101匹わんちゃんOPの曲です。

リニューアル後のエンストランスのBGM:101匹わんちゃん2パッチのはじめての冒険OPの曲です。

アトラクション:ライド数秒

所要時間:3分29秒

衛兵達の鼓笛隊:その1とその2「トコトコトコトコトコトコプップップップップックププー」と成ります。

衛兵達の鼓笛隊:その1とその2「トコトコトコトコトコプ〜プップッププププー」と成ります。

ロジャーのシンバル太鼓のボーンと成ります。

ラースのトライアングルのコーンと成ります。

その他

ディズニー映画『オリバー ニューヨーク子猫ものがたり』のポンゴが、見つけたシーン。映画『ロジャー・ラビット』のロジャー・ラドクリフポンゴとダニーが、見つけたシーン。 ディズニーアニメ『ハウス・オブ・マウス』のポンゴの仲間たちに合ったのです。上海の蘇川楽園 の101匹わんちゃん大行進(101忠狗)と錦江楽園の101匹わんわんちゃん大行進(101歓忠狗)とソウルのエバーランドの101匹わんちゃん(101마리강아지)兵庫県の宝塚ファミリーランドのファンタジーわんちゃんと栃木県の那須ハイランドのファンタジーわんわんちゃんなどなど国内いくつかの遊園地に、当アトラクションに類似したアトラクションがあった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki