FANDOM



101匹わんちゃん』(ひゃくいっぴき わんちゃん、原題:One Hundred and One Dalmatians)は、1961年1月25日に公開したアメリカのウォルト・ディズニー・カンパニーが製作したアニメーション映画である。日本での初公開時のタイトルは『101匹わんちゃん大行進』であった。

沿革 編集

原作は1956年にイギリスのウィリアム・ハイネマン社から刊行されたドディー・スミス(Dodie Smith)著の「The Hundred and One Dalmatians」(日本での刊行は『ダルメシアン 100と1ぴきの犬の物語』、文溪堂)。同書には、「The Starlight Barking」(日本での刊行は『続・ダルメシアン 100と1ぴきの犬の冒険』、文溪堂)という続編がある。

この映画の主人公はポンゴ(Pongo)とパーディ(Perdita[1])の2匹のダルメシアンである。彼らの飼い主のロジャーとアニータとの結婚式のときに同時に正式に夫婦になった。2匹はある恐ろしい事件に巻き込まれ、99匹もの子犬たちを授かることになる。

1996年には、これを基にした実写映画『101』も製作された。また、2000年にはその続編である『102』が製作された。ブチのない102匹目のダルメシアン、オッド・ボール(CG技術によってブチを消している)が主人公として兄弟たちを救うため大活躍する。

密接なストーリーの関連がある続編として『101匹わんちゃんII パッチのはじめての冒険』(2003年)も公開された。

なお、アニメ版は復刻版が1995年10月6日にビデオで、2000年11月17日にDVDで発売された。さらに番外編の『101匹わんちゃん Go Go! ダルメシアン!!』のVHSが1998年9月18日に。日本でのセルビデオ出荷本数は185万本[2]。本作と同じ名のTVアニメシリーズ『101匹わんちゃん』も放送された。

名作小説の翻訳を手掛けている作家・橘高弓枝が完全ノベライズ化であり、1997年3月1日に偕成社よりこの映画と同じ名の小説版が発売されている。

ストーリー 編集

ロンドン のフラット(アパート)に住む売れない作曲家ロジャー・ラドクリフの飼い犬のポンゴは、ある日退屈を持て余して自分と飼い主の伴侶探しを始める。すると、パーディタというメス犬とその主人のアニタに一目ぼれし、ロジャーを散歩に連れ出してパーディタたちを追いかける。その結果起きたトラブルがきっかけで、ロジャーとアニータ、ポンゴとパディータは、結婚することになり、結婚と同時にメイドのナニーがやってきた。

数ヵ月後、ポンゴとパーディタの間に、15匹の子犬が生まれた(うち1匹はすぐ死んだと思われたが、奇跡的に息を吹き返した)。その時アニータの旧友のクルエラ・ド・ヴィルが突然やってきて、生まれたばかりの子犬を購入しようとした(彼女はダルメシアンで毛皮のコートを作ろうとしていた)。結局ロジャーにはねつけられ、クルエラは一匹ももらえずに捨て台詞を吐いて帰っていく。

さらに数ヵ月後、ポンゴとパーディタが散歩をしている時に、クルエラの手下であるジャスパーとホーレスが、電気会社の社員で「火災盗難防止法」という新法律が施行されたので取り締まりがうるさいため電気の配線を無料で検査しに来たと偽って殴り込み、子犬を誘拐してしまう。このニュースを知ったポンゴ達は早速、夕暮れの遠吠えで仲間たちに子供の捜索を求める[3]。結果、その遠吠えは、ロンドンはおろか田舎にまで伝わった。この知らせを聞いたチブスたちは、誘拐された15匹の居場所を確認し、さらに全部で99匹もいることも明らかになった。ポンゴとパーディタは早速、子供たちを救出しに田舎へ向かう。

その頃チブスたちは、ジャスパーとホーレスが『私の罪は何でしょう』というテレビ番組を見ている隙を突いて子犬たちを誘導していた。しかし、チブスたちの努力の甲斐もむなしく、あと一歩のところでジャスパーとホーレスに追い詰められてしまう。その時、ポンゴとパーディタが到着し、ジャスパーとホーレスを撃退して、子供たちを救出する。99匹の子犬を救出したポンゴとパーディタは仲間の力を借りてロンドンへ向かい走り始め、さらに煤で黒い犬に変装したうえでトラックに乗って逃げだした。クルエラは車を暴走させて執拗に追いかけるが、たまたま別のルートで追跡していたジャスパーとホーレスがドジを踏んだおかげでクルエラの車とジャスパーとホーレスの車が大破したため[4]、無事振り切ることができた。

家にいたロジャーとアニータは、犬たちがいない寂しさを紛らわすかのようにクリスマスの装飾をしていたが、ポンゴが引き連れた99匹もの犬たちに驚き、「なんて素敵なクリスマスだ!」と狂喜した。そこでロジャーは、田舎の広い土地を購入して、あちらで99匹の子犬とポンゴとパーディタの2匹、合計101匹を飼う決意をする。

登場キャラクター 編集

ポンゴ(Pongo)
本作の主人公。雄のダルメシアン。しっかり者で頼りになる。
パーディタ(Perdita)
ポンゴの妻。雌のダルメシアン。実写映画では名前がパーディに変更されている。
ロジャー・ラドクリフ(Roger Radcliffe)
ポンゴの飼い主。アニメ映画では作曲家、実写映画ではゲームデザイナー。ポンゴの計画でアニタたちに出会い、結婚。アニメ・実写ともに、第一作の劇中で作品が大ヒットし、貧乏暮らしから一転、資産家になる。ポンゴ達が理由もなく家出したことで寂しくなっていたが、帰ってきたことで狂喜した。
アニータ・ラドクリフ(Anita Radcliffe)
パーディタの飼い主。ポンゴの計画でロジャーと出会い、結婚する。勤務中は眼鏡をかけている。ロジャーの引っ越し案を聞いて、「素敵な思い付きね!」と同意した。
クルエラ・ド・ヴィル(Cruella De Vil)
本作品の悪役。悪女。アニメ映画ではアニータの大学時代の旧友、実写映画ではアニータの働くデザイン会社の社長。毛皮に目が無く、ダルメシアンの子犬を毛皮にしようと企む。ディズニー・ヴィランズの中でも、特に抜群のファッションセンスの持ち主。その後、自分の手下のせいで自滅した後、「ドジ!バカ!ろくでなし!」と2人を貶した挙句、泣き崩れた。彼女のイメージソングが大ヒットしたことでロジャーたちは安定した暮らしを手に入れた。その中でクルエラは「最高に怖い女」と歌われる。実写映画ではグレン・クローズがクルエラを熱演し、怖すぎると話題を呼んだ。
ナニー(Nanny)
ロジャーとアニータの家の家政婦。実写映画では、アニタが子供の頃からの古い付き合いを持つ。子犬たちが帰ってきた後、子犬たちをハタキできれいにした。
ジャスパー(Jasper)
クルエラの手下。ガリガリにやせ細っている。ホーレスの間抜けぶりに悩まされる。その後、自滅した際、ふてくされた。
ホーレス(Horace)
クルエラの手下。ジャスパーの弟分で、小太り体型。以前はジャスパーと共に、バダン兄弟と呼ばれることが多かった。その後、自滅した際、ふてくされた。
ラッキー(Lucky)
ポンゴとパーディタの子供。生まれてすぐに死んだと思われたが、ロジャーの手で生き返ったことからこの名前が付いた。テレビ好き。
パッチ(Patch)
ポンゴとパーディタの子供。片目の周りが黒い斑で覆われているのが特徴。子犬達のリーダー格。父親の影響で言葉遣いは乱暴であり、よく母親に怒られている。
ローリー(Rolly)
ポンゴとパーディタの子供。いつもお腹をすかせている食いしんぼう。
ダニー(Danny)
ハムスターの家に生まれたロンドンのサトン通りのグレート・デン。ポンゴたちに子犬の居場所を教えてくれた。
シャミー(Sharmee)
ダニーの友人のアイドルレビューのマンチカン。ダニーの恋している歌姫。
キャロン(Curon)
ロンドンのサトン通りの木登り得意なノルウェー・ジャン・フォレスト・キャット。ダニーは、子犬の居場所に誘っています。
チブス軍曹(Sergeant Tibbs)
馬小屋にいる怖がりな野良猫アビシニアン。子犬たちを屋敷の外まで誘導した。その後、ポンゴ達を裏口経由で牧場から逃がし、大尉たちとともに牧場に殴り込んだホーレスとジャスパーを追放している。
大佐(Colonel)
馬小屋に住んでいるムクなモジャモジャにしたカタロニアン・シープドッグ。一人称は、「わし」。その後、チブスたちとともに牧場に殴り込んだホーレスとジャスパーを追放している。
大尉(Captain)
馬小屋に住む馬。タウザー通信兵とは知り合い。その後、チブスたちとともに牧場に殴り込んだホーレスとジャスパーを追放している。
コリー(Collie)
コリー犬。ポンゴたちを牧場へと案内した。その時にポンゴとパーディタにサンドイッチをごちそうした。その後、ディンスフォードへの道のりを教えてくれた。
牛たち(Cows)
コリー犬が住んでいる牧場にいる牛。子犬たちにミルクを提供した。
ラブラドール(Labrador)
黒いラブラドール。ディンスフォードに住んでおり、彼の主人が食料品店を経営している。一人称は、「私」。ポンゴたちをロンドン行きのトラックへと案内した[5]。その時、クルエラたちを妨害している。
整備士(Mechanic)
ポンゴたちが乗ったトラックのエンジンを修理した整備士。口ひげをはやしている。
トラック運転手(Truck Driver)
ポンゴたちがロンドンに帰るべくこっそり乗り込んだ引越しのトラックの運転手。口ひげをはやしている。クルエラたちの妨害に遭い苦しむが、クルエラたちが自滅したことで解放された。
ルーシー(Lucy)
タウザーの友人のアヒル。大佐たちのこともよく知っている。
タウザー(Towser)
レッドボーン・クーンハウンド通信局。大佐からは「タウザー親父」と呼ばれている。ロンドンからの夕暮れの遠吠えを聞いてチブスたちに伝えた。
パーシバル・フォウンスウォーター(Percival Fauncewater)
クイズマスターの助手。黒板に彫刻筆になぞっているのクイズを簡単に出来るのお巡りさんは、難しいので、嫌われています。

キャスト 編集

  • 1961年公開、日本での公開は初公開は1962年(初公開版)、2度目の公開は1981年(再公開版)、3度目の放送は2018年(旧吹替版)、4度目の公開は2017年(新吹替版)
役名 原語版声優 日本語吹き替え
初公開版 再公開版 旧吹替版 新吹替版
ポンゴ ロッド・テイラー 田の中勇 池水通洋 高木渉 藤原啓治
パーディタ ケイト・バウアー 香椎くに子 松金よね子 安達忍 伊倉一恵
ロジャー・ラドクリフ 台詞:ベン・ライト
歌:ビル・リー
真木恭介 納谷六朗 山崎たくみ 納谷六朗
アニータ・ラドクリフ リサ・デイヴィス 水城蘭子 一城みゆ希 池本小百合 ならはしみき
クルエラ・ド・ビル ベティ・ルー・ガーソン 財部宏子 平井道子 浅井淑子 研ナオコ
ミセス・バードウェル  ? 江川泰子 田中真弓 江川康子
ルーシー マーサ・ウェントワース 深津絵里 瀬能札子 神崎ちろ 瀬能礼子
ナニー  ? 牧野和子 斉藤貴美子 牧野和子
クイーニー  ? 沼波輝枝 明坂聡美 沼波輝枝
ジャスパー・バタン J・パット・オマリー 坊屋三郎 熊倉一雄 三宅健太 青野武
大佐 寺田彦右 早野寿郎 楠見尚己 早野寿郎
ホーレス・バタン フレデリック・ワーロック 佐山俊二 山田康雄 金丸淳一 龍田直樹
クレイヴン捜査官  ? 内田稔 中嶋聡彦 内田稔
ラッキー ミミ・ギブソン 大野雅彦 宮川陽介 江森浩子 小野賢章
パッチ ミッキー・メイガ 橋本隆之 富士圭一 鈴木富子 稲垣謙介
ローリー バーバラ・ビアード 村上あつみ 林泰文 渡辺久美子 上野容
ペニー サンドラ・アボット  ? 川崎真子 金田朋子 最上莉奈
スポーティ リッキー・ソレンセン  ? 田付貴彦 笹森亜紀 森下翔梧
ペッパー ブルース・ライザーマン  ? 黒田将人 尾島圭美 内山昂輝
フレックルス ジョン・ウォルムスリー  ? 森瀬惇平 大塚智子 進藤一宏
ディップスティック クリント・ハワード  ? 羽田智彦 赤崎千夏 阪本眞生
キャドピッグ ジューン・フォーレイ  ? 山下陽子 浅野真澄 谷花音
フィジット グラント・バーズリー  ? 安崎信一 豊崎愛生 海鋒拓也
ウィーザー ティモシー・ターナー  ? 太田博之 寺崎裕香 大久保祥太郎
ジュエル ドリ・ワイカー  ? 高尾光子 水野理紗 原涼子
スポット ディッキー・ジョーンズ - - - 常盤祐貴
チブス軍曹 デヴィッド・フランカム 阪脩 小宮山清 小西克幸 小宮山清
スコッティ  ? 作間功 成田剣 作間功
パーシバル・フォウンスウォーター チューダー・オーウェン 大山高男 八代駿 勝田久 八代駿
タウザー  ? 中村正 杉山大 中村正
大尉 サール・レイブンズクロフト 河原崎國太郎 塩見竜介 鈴木清信 塩見竜介
ダニー ジョージ・ペリング 本間ひとし 赤井田良彦 佐々木梅治 赤井田良彦
ピクシー ウルスラ・ブルックス - - - 小暮英麻
クリスタル キャサリン・ボーモント - - - 氷上恭子
キャピー アリア・カーゾン - - - 大前茜
トラックの運転手 バジル・ロイスダール 徳丸完 森功至 間宮康弘 森功至
整備士 ポール・ウェクスラー 加藤治 梶哲也 大塚明夫 梶哲也
シャミー ロレイン・ブラッコ - - - かないみか
警察の巡査部長 ジョン・フィードラー - - - 関時男
トライポッド オスカー・スティア - - - 土井美加
プリンセス クイニー・レナード  ? 島美弥子 永島由子 島美弥子
ダッチェス マージョリー・ベネット  ? 頼慶子 尾島圭美 頼慶子
ラブラドール ラムゼイ・ヒル  ? 村越伊知郎 小野健一 中原茂
TVアナウンサー  ? 朝戸鉄也 西川幾雄 朝戸鉄也
ラバー バーバラ・ルディ  ? 細谷泉 平野妹 春名風花
コリー トム・コンウェイ  ? 寺田農 岸野一彦 寺田農
クイズマスター  ? 安原義人 中庸助 安原義人
TVCMの歌手 ルシール・ブリス  ? 田中加奈子 西宏子 井手真理
タギノー ハーレイ・クロス - - - 西本裕行
劇中番組のナレーション ポール・フリーズ 雨森雅司 江原正士 古島清孝
ダーティー・ドーソン 富田耕生 小村哲生 伊藤栄次 小村哲生
教会の司祭 マックス・スミス  ? 小野英昭 遠藤晴 小野英昭
トック スティーヴ・ホイットマイア - - - 小形満
ダック フランク・オズ 豊川悦司 長嶝高士 川上貴史 長嶝高士
キャロン ブライアン・サージェント - - - 壤晴彦
ペリー ドム・デルイーズ - - - 朝倉栄介
バイロン タイロン・パワー - - - 梅野泰靖
リトル・ライトニング オリバー・ウォレス - - - 中山秀征
サンダーボルト ヴィンセント・プライス - - - 山寺宏一
  • VHS、DVD、BDには再公開版の吹き替えを収録、ディズニー公式の声優である。

スタッフ 編集

映像制作 編集

製作 ウォルト・ディズニーロイ・O・ディズニー
脚本 ビル・ピート
音楽 ジョージ・ブランズ
オーケストレーション フランクリン・マークス
キャラクターデザイン ビル・ピートトム・オレブ
ロジャー、アニータ担当作画監督 ミルト・カール
パーディタ担当作画監督 フランク・トーマス
ポンゴ、ナニー担当作画監督 オリー・ジョンストン
大佐、ジャスパー、ホーレス担当作画監督 ジョン・ラウンズベリー
チブス軍曹、大佐作画監督 エリック・ラーソン
クルエラ担当作画監督 マーク・デイヴィス
レイアウトチェック ドン・グリフィスコリン・キャンベルアーニー・ノードリ
レイアウト バジル・デヴィドヴィチジョー・ヘイルディック・アングマクラーレン・ステュアートデイル・バーンハート
ホーマー・ジョナスヴァンス・ゲリーレイ・アラゴンアル・ジンネンサミー・ジューン・ラナム
ビクター・ハブーシュ
原画 レス・クラークハル・キングクリフ・ノードバーグブレイン・ギブソンエリック・クレワース
ジョン・シブリーアート・スティーヴンズジュリアス・スヴェンセンハル・アンブロテッド・バーマン
ビル・カイルドン・ラスクディック・ルーカスアンビー・パリウォダ
エフェクト原画 ジャック・ボイドダン・マクマナスエド・パークスジャック・バックリー
美術監督 ケン・アンダーソン
背景 アル・デンプスターラルフ・ヒューレトアンソニー・リッツォビル・レイン
色彩設計 ウォルト・ペレゴイ
特殊効果 アブ・アイワークスユースタス・ライセット
撮影 ボブ・ブロートン
音響監修 C・O・スライフィールド
録音 ロバート・O・クック
音楽編集 イヴリン・ケネディ
編集 ドナルド・ハリデイロイ・M・ブルワー・Jr
製作担当 ハリー・タイトル
監督 ハミルトン・ラスククライド・ジェロニミウォルフガング・ライザーマン
総監督 ケン・ピーターソン
制作 ウォルト・ディズニー・プロダクション

日本語音声制作 編集

  • 演出・翻訳:金田文夫
  • 訳詞:海野洋司
  • 音楽演出:多田則彦
  • 録音制作:スタジオ・エコー
  • 日本語版制作:DISNEY CHARACTER VOICES INTERNATIONAL, INC.

逸話 編集

  • 製作するにあたり、ウォルト・ディズニーは『101匹わんちゃん』の原作者であるドディー・スミスに献本を送ってもらい、『眠れる森の美女』の制作が完成するとすぐにアニメーション制作に着手し、度々、話の意向などをウォルト・ドディー両者間で手紙をやりとりしたという。
  • 美術監督として制作に携わっていたケン・アンダーソンとウォルトは、この作品内における背景の書き方に意見が割れてしまい、ウォルトは死ぬ間際までケンを許さなかった。しかし、ウォルトが死ぬ2週間ほど前にスタジオへ訪れた際に、ケンは大歓迎しウォルト自身もこれに大感激していたという。このことに対してケン本人は「あの時のウォルトは私に対して何も言わなかったが、あの瞳を見て許されたのだとわかった」と語っている。
  • クルエラ・ド・ビルを描いたマーク・デイビスは「とても楽しく描かせてもらった。彼女は悪役なのに描いていてとても楽しい」というほど、マーク本人もクルエラを気に入っている。アニメーターとして入っていたミルト・カールは人を褒めないことで有名だが、マークのクルエラに感銘を受けたという。また、マークのアニメーターとしての仕事は本作品を持って終了(=引退)しているので、最後の作品で「クルエラのキャラクターデザインが花道」を飾ったとされている。
  • 直前に公開した「眠れる森の美女」の興行収入が530万ドルと予想に反して低かったので、本作品に関しては制作コストを抑える必要があった。そこで、アブ・アイワークスはゼログラフィー(現在のコピー機に近い複写技術)を導入し、用紙や人員の削減に成功した。
  • 上記のゼログラフィーを、撮影した動画を直接原画になる紙へと焼き付けるのに使う実験が行われ、これに成功したスタッフはクルエラが乗っているスポーツカーをもとにして、実際に厚紙で手作りの「車」を作った。この車には本物の車と同様にエンジンを掛けた時に、震えるのを撮影する為に指で押すと上下するように細工も施されていた。そして撮影された映像を原画に焼き付けた「絵」に色が塗られ上映された。

DVDエディション 編集

2008年3月19日にウォルトディズニースタジオホームエンターテイメントより『101匹わんちゃん プラチナ・エディション』(原題:101 Dalmatians 2-Disc Platinum Edition)と『101匹わんちゃん スペシャル・エディション』(原題:101 Dalmatians Special Edition)というタイトル2種類のDVDが同時に期間限定発売されている。

プラチナ・エディション映像特典

ハイクオリティな仕様で豪華映像特典、スペシャル・ケース(ブックカバータイプケース)を付きのDVD2枚組。ディズニー・ファストプレイ(Disney's FastPlay)という機能があるディスク。

Disc1
  • ゲーム&アクティビティ
    • ポップアップ・トリビア
  • 音楽の世界
Disc2
  • ゲーム&アクティビティ
    • ダルメシアンと遊ぼう!(DVD-ROMコンテンツ)
    • ダダルメシアンと遊ぼう!
    • きみはどんな犬?
    • ファン・ファン・イングリッシュ!
  • 製作の舞台裏
    • メイキング・オブ『101匹わんちゃん』
    • 悪女クルエラの誕生
    • ウォルトの手紙
    • 予告編集(劇場&テレビ/ラジオ)
    • アート・ギャラリー
  • 音楽の世界
    • ♪March Of The One Hundred And One(未発表曲)
    • ♪Cheerio, Good-Bye, Toodle -oo, Hip Hip!(未発表曲)
    • ♪Don't Buy A Parrot From A Sailor(未発表曲)
    • ♪ダルメシアン・プランテーション(ロング・バージョン他)
    • ♪町のクルエラ(デモ・レコーディング他)
    • ♪ケイナイン・クランチス・コマーシャル(未使用テイク)
スペシャル・エディション映像特典
  • ゲーム&アクティビティ
    • ポップアップ・トリビア
  • 音楽の世界
  • 劇場版:101匹わんちゃん:リニューアル版:上映公開(2017年)

脚注 編集

  1. 『ディズニーの国』では「パーディタ」という表記もある。
  2. 日経BP社技術研究部 『進化するアニメ・ビジネス―世界に羽ばたく日本のアニメとキャラクター』日経BP社、2000年、42頁。ISBN 4822225542
  3. 警察では子犬たちの行方が分からないため。また、パディータは当初遠吠えのプランを聞いて「それって単にゴシップを伝えるだけでしょう。」と消極的だったが、ポンゴの「ニュースも伝達できるじゃないか」という手段に同意した。
  4. ちなみにクルエラたちは柔らかい雪の上に放り出されたため、けがはなかった。また、大破の際、電柱を1本損壊している。
  5. ちょうど車の修理を行っていたため。

外部リンク 編集

  • Movielink
  • Movielink
  • Movielink
  • Movielink


v - e - d
101-Dalmatians-Logo
Media

Animated Films: 101匹わんちゃん | 101匹わんちゃんII パッチのはじめての冒険 | Video
Live-Action Films: 101 | 102 | Cruella
TV Series: 101 Dalmatians: The Series | Once Upon a Time
Music: Soundtrack
Video Games: 101 Dalmatians: Animated Storybook | 101 Dalmatians: Escape from DeVil Manor | 102 Dalmatians: Puppies to the Rescue | 101 Dalmatians II: Patch's London Adventure | Kingdom Hearts
Books: Disney Wonderful World of Reading | Classic Storybook | Tell-A-Tale Book | Golden Sound Story

Disney Parks

Club Villain | Sorcerers of the Magic Kingdom
Entertainment: Disney Classics: The Music & The Magic | The Golden Mickeys | Villains Tonight!
Parade: Disney Cinema Parade
Halloween: Disney's Maleficious Halloween Party | Happy Hallowishes | Hocus Pocus Villain Spelltacular | It's Good To Be Bad With The Disney Villains | Mickey's Boo-to-You Halloween Parade | Re-Villains! Halloween Parade | The Disney Villains Halloween Showtime | Villains Mix and Mingle

Characters

One Hundred and One Dalmatians: Pongo | Perdita | Roger Radcliffe | Anita Radcliffe | Nanny | Cruella De Vil | Jasper and Horace | Bachelorettes | Dirty Dawson | Lucky | Patch | Rolly | Penny | Freckles | Pepper | Dalmatian Puppies | Danny | Scottie | Towser | Lucy | Captain | Sergeant Tibbs | Colonel | Prissy | Collie | The Cows | Labrador
101 Dalmatians: The Series: Tripod | Cadpig | Spot | Lieutenant Pug | Mooch | Mayor Ed Pig | Dumpling | Cornelia | Scorch | Swamp Rat | Cydne | Steven | Persian Pete | Vendella De Vil | Go-Go | Blaze | Cave Pup | Rebecca | Amber Dearly | P.H. De Vil | Cecil B. De Vil | Ivy De Vil | Malevola De Vil | Judge Dimsdale De Vil
101 Dalmatians II: Patch's London Adventure: Thunderbolt | Lil' Lightning | Lars
101 Dalmatians: Herbert | Alonzo | Mr. Skinner | Jewel | Dipstick | Fidget | Two-Tone | Whizzer | Kipper
Video game characters: Patches
102 Dalmatians: Chloe Simon | Kevin Shepherd | Jean-Pierre Le Pelt | Dottie | Little Dipper | Domino | Oddball | Fluffy | Waddlesworth | Drooler | Chomp | Digger

Episodes

ABC Episodes: "Home Is Where The Bark Is" | "He Followed Me Home" | "Love 'Em and Flea 'Em" | "Howl Noon" | "Easy on the Lies" | "Two for the Show" | "An Officer and a Gentledog" | "Bad to the Bone" | "Southern Fried Cruella" | "Swine Song" | "Watch for Falling Idols" | "The High Price of Fame" | "The Great Cat Invasion" | "No Train, No Gain" | "Rolly's Egg-Celent Adventure" | "Wild Chick Chase" | "The Dogs of DeVil" | "Dog's Best Friend" | "A Christmas Cruella" | "Out to Launch" | "Prophet and Loss"
Syndicated Episodes: "You Slipped a Disk" | "Chow About That?" | "Tic Track Toe" | "Lucky All Star" | "Shake, Rattle, and Woof" | "Cadpig Behind Bars" | "Leisure Lawsuit" | "Purred It Through the Grapevine" | "Our Own Digs" | "Goose Pimples (Goose Pamples)" | "Two Faces of Anita" | "The Fungus Among Us" | "Market Mayhem" | "Lucky to be Alone" | "Four Stories Up" | "It's a Swamp Thing" | "Roll Out the Pork Barrel" | "Alive N' Chicken" | "Prima Doggy" | "You Say It's Your Birthday" | "Oozy Does It" | "Barnboozled" | "Citizen Canine" | "Full Metal Pullet" | "Dough the Right Thing" | "Frisky Business" | "Cadet of the Month" | "Valentine Daze" | "Close But No Cigar" | "Invasion of the Doggy Snatchers" | "Smoke Detectors" | "Lobster Tale" | "Double Dog Dare" | "Mooove It On Over" | "Shipwrecked" | "Mall Pups" | "Shrewzle Watch" | "The Life You Save" | "Spots and Shots" | "On the Lamb" | "Treasure of Swamp Island" | "Lord of the Termites" | "Fountain of Youth" | "Walk a Mile in My Tracks" | "Cruella World" | "Hail to the Chief" | "Food for Thought" | "The Maltese Chicken" | "Film Fatale" | "My Fair Chicken" | "Snow Bounders" | "Gnaw or Never" | "Poison Ivy" | "Twelve Angry Pups" | "The Good-bye Chick" | "Robo-Rolly" | "Splishing and Splashing" | "Virtual Lucky" | "Cupid Pups" | "The Artist Formerly Known as Spot" | "The Nose Knows" | "K is for Kibble" | "Humanitarian of the Year" | "Beauty Pageant Pandemonium" | "Hog-Tied" | "Coup DeVil" | "Every Little Crooked Nanny" | "Cone Head" | "Channels" | "Un-Lucky" | "The Making of..." | "Best of Show" | "Walk on the Wild Side" | "Horace and Jasper's Big Career Move" | "DeVil-Age Elder" | "Jurassic Bark" | "My Fair Moochie" | "Dog Food Day Afternoon" | "Spot's Fairy God-Chicken" | "Good Neighbor Cruella" | "Animal House Party" | "Dalmatian Vacation, Part I - Road Warriors" | "Dalmatian Vacation, Part II - Cross-Country Calamity" | "Dalmatian Vacation, Part III - Dearly Beloved"

Locations

London | Regents Park | Hell Hall | Dearly Farm | Gruteley County | Cherry Tree Farm | House of DeVil

Vehicles

Cruella's car | Jasper and Horace's truck | Moving van | Dalmatian puppy bus | Kanine Krunchies truck | Double decker bus

Songs

Cruella De Vil | Kanine Krunchies | Dalmatian Plantation | Don't Buy a Parrot from a Sailor | March of the One Hundred and One | Cheerio, Good-Bye, Toodle-oo, Hip Hip! | One Hundred and One | 1-0-1 | Dalmatian Vacation | Surf Puppies | I See Spots | Try Again | You're the One | Digga Digga Dog | So Fabulous, So Fierce | I Love Fur | Puppies, Oh, Puppies | Twilight Bark | Up the Stair | Cover Yourselves with Soot

See Also

The Thunderbolt Adventure Hour | The Disney Afternoon | House of Mouse | Once Upon a Time | The Further Adventures of Thunderbolt


ディズニーの長編アニメ映画
ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオズ
Disney Golden Age

白雪姫 (1937年) ピノキオ (1940年) · ファンタジア (1940年) ダンボ (1941年) · バンビ (1942年) · ラテン・アメリカの旅 (1943年) · 三人の騎士 (1945年) · メイク・マイン・ミュージック (1946年) · ファン・アンド・ファンシーフリー (1947年) · メロディ・タイム (1948年) · イカボードとトード氏 (1949年) シンデレラ (1950年) · ふしぎの国のアリス (1951年) · ピーター・パン (1953年) · わんわん物語 (1955年) · 眠れる森の美女 (1959年) 101匹わんちゃん (1961年) · 王様の剣 (1963年) · ジャングル・ブック (1967年)

Disney Dark Age

おしゃれキャット (1970年) · ロビン・フッド (1973年) · くまのプーさん 完全保存版 (1977年) · ビアンカの大冒険 (1977年) きつねと猟犬 (1981年) · コルドロン (1985年) · オリビアちゃんの大冒険 (1986年) · オリバー ニューヨーク子猫ものがたり (1988年) ·

Disney Renaissance

リトル・マーメイド (1989年) ビアンカの大冒険 ゴールデン・イーグルを救え! (1990年) · 美女と野獣 (1991年) · アラジン (1992年) · ライオン・キング (1994年) · ポカホンタス (1995年) · ノートルダムの鐘 (1996年) · ヘラクレス (1997年) · ムーラン (1998年) · ターザン (1999年) ·

Post-Renaissance

ファンタジア2000 (1999年) ダイナソー (2000年) · ラマになった王様 (2000年) · アトランティス 失われた帝国 (2001年) · リロ・アンド・スティッチ (2002年) · トレジャー・プラネット (2002年) · ブラザー・ベア (2003年) · ホーム・オン・ザ・レンジ にぎやか農場を救え! (2004年) · チキン・リトル (2005年) · ルイスと未来泥棒 (2007年) · ボルト (2008年) ·

Disney Revival

塔の上のラプンツェル (2010年) · くまのプーさん (2011年) · シュガー・ラッシュ (2012年) · アナと雪の女王 (2013年) · ベイマックス (2014年)

公開予定映画

ズートピア (2016年) · Moana (2016年) · Gigantic (2018年) · Frozen 2 (TBA)

ピクサー・アニメーション・スタジオ

トイ・ストーリー (1995年) · バグズ・ライフ (1998年) · トイ・ストーリー2 (1999年) · モンスターズ・インク (2001年) · ファインディング・ニモ (2003年) · Mr.インクレディブル (2004年) · カーズ (2006年) · レミーのおいしいレストラン (2007年) · WALL・E/ウォーリー (2008年) · カールじいさんの空飛ぶ家 (2009年) · トイ・ストーリー3 (2010年) · カーズ2 (2011年) · メリダとおそろしの森 (2012年) · モンスターズ・ユニバーシティ (2013年) · インサイド・ヘッド (2015年) · アーロと少年 (2015年)

公開予定映画

ファインディング・ドリー (2016年) · トイ・ストーリー4 (2017年) · Coco (2017年) · Cars 3 (2018年) · The Incredibles 2 (TBA)

ディズニートゥーン・スタジオズ

ダックテイル・ザ・ムービー/失われた魔法のランプ (1990年) · グーフィー・ムービー ホリデーは最高!! (1995年) · Doug's 1st Movie (1999年) · ティガー・ムービー プーさんの贈りもの (2000年) · リセス 〜ぼくらの夏休みを守れ!〜 (2001年) · ピーター・パン2 ネバーランドの秘密 (2002年) · ジャングル・ブック2 (2003年) · くまのプーさん 完全保存版II ピグレット・ムービー (2003年) · Teacher's Pet (2004年) · くまのプーさん ザ・ムービー/はじめまして、ランピー! (2005年) · バンビ2 森のプリンス (2006年) · ティンカー・ベル (2008年) · ティンカー・ベルと月の石 (2009年) · ティンカー・ベルと妖精の家 (2010年) · ティンカー・ベルと輝く羽の秘密 (2012年) · プレーンズ (2013年) · ティンカー・ベルとネバーランドの海賊船 (2014年) · プレーンズ2/ファイアー&レスキュー (2014年) · ティンカー・ベルと流れ星の伝説 (2015年)

ルーカス・フィルム・アニメーション・スタジオ

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ (2008年) · Strange Magic (2015年)

実写+アニメーション合成作品

リラクタント・ドラゴン (1941年) · 空軍力の勝利 (1943年) · 南部の唄 (1946年) · わが心にかくも愛しき (1949年) · メリー・ポピンズ (1964年) · ベッドかざりとほうき (1971年) · ピートとドラゴン (1977年) · ロジャー・ラビット (1988年) · ジャイアント・ピーチ (1996年) · 魔法にかけられて (2007年)

他社製作アニメーション

ブレイブ・リトル・トースター (1987年) · ナイトメア・ビフォア・クリスマス (1993年) · ライアンを探せ! (2006年) · Disney's クリスマス・キャロル (2009年) · 少年マイロの火星冒険記3D (2011年) · フランケンウィニー (2012年)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki