FANDOM


金魚救出作戦』(きんぎょきゅうしゅつさくせん、原題:“Voyage to the Bottom of Buford”)は、アメリカのテレビアニメ「フィニアスとファーブ」の最初のシーズンの第19話の後半である。それは、2008年6月6日に当初アメリカ合衆国ディズニー・チャンネルで放送された。

ビューフォードは、彼の金魚を失ったのち、フィニアスとファーブは、彼がそれを検索に役立ちる。偶然の善行は、ドゥーフェンシュマーツ博士が無限の故障の原因となっていた。

あらすじ 編集

ビューフォードの飼っていた金魚「ビフ」が海で行方不明に!フィニアスファーブイザベラバルジート、ついでにキャンディスも加わり潜水艦でビフの救出に向かった!?

エピソードの概要 編集

  • フィニアスとファーブは、イザベラとバルジートとともにビーチにある。彼らはちょうど今巨大な砂エッフェル塔を建設し終わって、時代を楽しんでしまう。だが、フィニアスは誰かが泣いているのを聞く。彼は、泣いているのはビューフォードであるということを発見する。どのビューフォードが彼が泣いていないと答えるか、なぜ泣いているかについて、彼はビューフォードに尋ねる。そして、彼は眼球とそれを通しての発汗だ。そして、海で泳いでいる間、彼は最愛のペットの金魚「ビフ」を失った。
Phineas and Ferb are at the beach along with Isabella and Baljeet. They have just finished building giant sand Eiffel Tower and are enjoying their day, but then Phineas hears someone crying. He discovers that it is Buford who is crying. He asks Buford why he’s crying, to which Buford replies that he’s not crying, he sweating through his eyeballs and that he has lost his beloved pet goldfish Biff while swimming in the ocean.
  • それから、ビューフォードは、彼がフィニアスとファーブのような「弱虫」であったものであると彼らに話す。そして、ある日、彼はカーニバルでゲームに引きつけられて、金魚を得られてもらう。それは、彼はビフに彼の母の名をとって名づけた。彼はビフを愛していて、側でビフとすべてをした。そして、ある日、地元の弱い者いじめはビフを盗んで、彼を食べようとしていた。若いビューフォードは彼がただ一人の友人を弁護しなければならないということを知っていたので、彼は弱い者いじめを攻撃して、服ワイヤーの上に彼を掛けて、ビフを取り戻した。このように、彼らがすべての「吸引cuppyとbeaky」であるので、弱い者いじめ自身になって、オオイカだけを恐れるようになる、それから、彼らが泳ぎ(まだビフが彼の金魚鉢にある)に出かけた方法を関連させることによって、カレは今に至るまで捕えよう。そして、しばらくして、ビューフォードはビフのもはや話を聞くことができなくて、彼が去ったとわかって一度うろたえた。そして、このひどい状態で彼のもとを去る。フィニアスは、ビューフォードが泣くのを止めたくてたまらなくて、「彼が我々をいじめていたり、これはより腹立たしいだ」と言っていて、ビューフォードが彼の金魚を見つけるのを援助することに決める。彼とファーブは捜し始めるために潜水艦を造ることに同意してしまった。そして、一旦ニュースを聞くならば、ビューフォードはフィニアスに彼を抱きしめさせようとする。フィニアスは、それを礼儀正しく断る。しかし、ビューフォードは持続的で、「ビューフォードにあなたを抱きしめさせて!」フィニアスにまだフィニアスを望んで、そしてペリーがどこにいるかについて疑問に思う…そして、ビューフォードはまだ抱擁を望む。
Buford then tells them he used to be a “wimp” like Phineas and Ferb. Then one day he was drawn to a game at the carnival and won a goldfish, which he named Biff after his mother. He loved Biff and did everything with Biff at his side. Then one day the local bully stole Biff and was about to eat him. The young Buford knew he had to defend his only friend, so he attacked the bully, hung him up onto a clothes wire and got Biff back, thus becoming the bully himself and growing to fear nothing but giant squids because they’re all “suction-cuppy and beaky.” He then catches up to the present by relating how they went for a swim (with Biff still in his goldfish bowl) and after a while, Buford could no longer hear Biff and panicked once finding that he was gone, leaving him in this sorry state. Phineas is desperate to stop Buford’s crying, saying that “this is more annoying than when he was bullying us” and decides to help Buford find his goldfish. He and Ferb agree to build a submarine to start searching, and once hearing the news, Buford tries to get Phineas to hug him. Phineas politely turns it down. But Buford is persistent, and still wants Phineas to “Let Buford hug you!” Phineas then wonders where Perry is...and Buford still wants a hug.
  • ステイシーが水に空輸されている潜水艦を指し示すとき、キャンディスとステイシーは近くでサングラスを買っている。キャンディスは弟たちに会って、写真証拠で彼らを降格することに決める。それの代金を払うのを忘れたので、彼女は使い捨てカメラをつかんで、店から出るふりをするが、止められる。一方、ペリーはパイプによって波に乗って、彼の隠れ家に入る。ハインツ・ドゥーフェンシュマーツがちょうど今落ちている子猫を救っているニュースで見かけて、明らかに良い側に離脱したと、モノグラム少佐は、彼に話す。ペリーは、スタンダード・ウェルカム・パッケージを彼に届けることだ。
Candace and Stacy are shopping for sunglasses nearby when Stacy points out a submarine being air-lifted into the water. Candace sees the boys and decides to bust them with photographic evidence. She grabs a disposable camera and makes to run out of the store but is stopped because she forgot to pay for it. Meanwhile, Perry rides a wave through a pipe and enters his lair. Major Monogram tells him that Heinz Doofenshmirtz had just appeared on the news saving a falling kitten and has evidently defected to the good side. Perry is to deliver a Standard Welcome Package to him.
  • ペリーが建物に到着するとき、彼はドゥーフェンシュマーツのドアベルを鳴らす。ドゥーフェンシュマーツは、それを開けて、ペリーが贈り物バスケットとともに来たのを見て、ドア・チェーンを取り外されてしまう。そして、ペリーを招く。ドゥーフェンシュマーツは、贈り物バスケットとともに届いたカードを読みだ。それは、彼よくなることについてお祝いのコトバを述べる。彼は熱心に抗議する。そして、彼がまだ凶悪である。そして、子猫を救うことが単なる事故であったと言う。つまずいた、そして、子猫が彼のバッグに落ちたInventors Emporiumから、急に出ていっていたと、彼はペリーに話す。彼にとって残念なことに、誰でも、彼が子猫を故意に救ったと思った。この唯一の事故がどのように評判を滅ぼしていて、凶悪な信憑性を破壊しているかについて、彼はぼやきた、そして、とても現在、不吉な科学者コミュニティはそうした。「彼の利点を切って。」、ペリーはドゥーフェンシュマーツのトラブルと無関係だった。彼は、去る腕時計と試みを見える。ドゥーフェンシュマーツが、外にエスコートされることに、軽く取らない、そして、クモのような足による金属球の罠ペリーだ。それから、彼はペリーに画像消去ネーター(特許出願中)を見せる、装置は缶削除ですメディア(子猫を救って彼の投げられるニュースのような)のどんなビットでもある。彼が機械を操作する準備をして、彼の帽子が遠いものの方へ投げつけられるように、ペリーは彼のポケットで遠いものを見つけて、彼の頭を押す。そして、彼のポケットからそれを打って、床にそれを壊す。ペリーは球から抜け出して、ブーメランのような彼の帽子を捕えて、そしてドゥーフェンシュマーツを機械に打ち込む。
When Perry arrives at the building, he rings Doofenshmirtz’s doorbell. Doofenshmirtz opens it, sees that Perry has come with a gift basket, and removes the door chain, inviting Perry in. Doofenshmirtz reads the card that came with the gift basket; it congratulates him on becoming good. He vehemently protests, saying that he is still evil and that saving the kitten had been a mere accident. He tells Perry that he was walking out of the Inventors Emporium when he tripped and the kitten fell into his bag. Unfortunately for him, everyone thought he has purposely saved the kitten. He gripes about how this one accident is ruining his reputation and destroying his evil credibility and that now the evil scientist community will “cut his benefits.” Perry is unconcerned with Doofenshmirtz’s troubles; he looks at his watch and attempts to leave, but Doofenshmirtz does not take lightly to being walked out on and traps Perry in a metal sphere with spider-like legs. He then shows Perry the Media-Erase-inator, a device the can delete any bit of media, like the news cast of him saving the kitten. As he prepares to operate the machine, Perry spots the remote in his pocket and thrusts his head so that his hat is flung towards the remote, knocking it out of his pocket and smashing it on the floor. Perry breaks out of the sphere and catches his hat like a boomerang, then knocks Doofenshmirtz into the machine.
  • イルカに向かって話すファーブの能力のおかげで、フィニアスとファーブは、ビフを見つける途中でよい。彼は、舷窓を通して彼らに情報交換する。イルカは、ビフを水中の洞穴で速く見つける。フィニアス、ファーブとビューフォードは、ビフをつかまえるために去りだ。彼らは潜水ギアを装着して、イルカのひれの上で、洞穴へ行く途中に乗る。彼らは洞穴に到着して、ビフがちょうど一人でそこで浮いているとわかる。ビューフォードは彼を彼の金魚鉢(ビフは抵抗する試みをしていくのだ)に熱心に戻してしまったと、ギャングはサブへイルカに乗る。彼らが私生活では姿を消して、触手は洞穴から出てきて、脅迫的に彼らの後を追う。
Phineas and Ferb are well on their way to find Biff, thanks to Ferb’s ability to talk to dolphins. He communicates to them through the portholes. The dolphins quickly find Biff in an underwater cavern. Phineas, Ferb and Buford head out to get Biff; they don diving gear and ride their way to the cavern on the fins of the dolphins. They reach the cavern and find that Biff is just floating there all alone. Buford eagerly puts him back into his fishbowl (Biff makes no attempt to resist) and the gang rides the dolphins back to the sub. As they disappear off-screen, tentacles emerge from the cavern and follow them menacingly.

ギャグの実行 編集

“若すぎる”ライン 編集

なし。

ファーブの行 編集

フィニアス:私はそれでも君たちが通常よりも速く、その潜水艦を建てなんて信じられない!
ファーブ:はい、それは通常、少なくともモンタージュ私たちを取りだな。


なぁ~にしてるの? 編集

なし。

彼の隠れ家へペリーの入り口 編集

ペリーはチューブにサーフボードにサーフィン。

悪のジングル 編集

悪のドゥーフェンシュマーツ社!

記憶に残る引用 編集

ビューフォード:私は泣いていないよ!私は目を通して発汗よ。
ビューフォードへの反応で泣いている

フィニアス:うわ~、これは彼が私たちをいじめたときよりも気になる。私たちは戻って彼の魚を取得すべきだと思う。
ビューフォード:本当に?君たちはそれを行うだろうか?どのように抱擁約!
フィニアス:たぶん後である。
ビューフォード:ビューフォード抱擁あなたをしてるんだ​​!
フィニアス:あれ、ペリーどこだ?

ビューフォード:ここに来る!
キャンディス:…私はそれを支払う直後に。
ドゥーフェンシュマーツ博士:ああ、どのように甘い!このノートは何を添付の?「おめでとう、ハインツ・ドゥーフェンシュマーツ博士、良い副作用に離党について」がない、ああ、あなたはあまりにも全体ニュースは一日中、そのクリップを繰り返してあった!第1に、私は良い側に亡命ないよ。第2に、私はいいものがたくさんここにこのギフトバスケットをそこだ保ったんだ。
イザベラ:ねえ、ビューフォード…やつの目から汗をかいてしまったか?

ビューフォード:いいえ!私は泣いてるわけよ!
彼の上にファーブがランドは潜水艦に登る途中

ビューフォード:ありがとう。そんなこと必要としていたぜ。
フィニアス:心配だね、ファーブはイルカと通信することができたぞ。
フィニアス: (ビューフォードが再び泣い見て) 私たちはお奨めその魚を見つけてきた。近日
ドゥーフェンシュマーツ博士:カモノハシペリー、私が画像消去ネーター(特許出願中)を導入することができるんだ。特許出願中、悪のドゥーフェンシュマーツ社であったぞ。
ビューフォード巨大イカを参照):これは、すべての吸引カップのようなだ!そして、クチバシのある!
フィニアス:フンッ、巨大イカ。オッズは何だか?

バルジート:私のお金がイカにあってしまうんだ。

イザベラ:そのアクションのスライスから私をカットしろ!
フィニアス:ねえ、ビューフォード、あなたが本当にそこに勇敢された。

ビューフォード:意味するために何を想定している? ビューフォードは、シャツの襟によってフィニアスをつかむ あなたは、私が以前に弱虫だったと思う?
バルジート:いいえ、実際に、しかし、あなたはより多くの感受性であった。
ビューフォード:あなたは何といいたか!?
ビューフォードはバルジートに乗り越え、フィニアスをドロップし、彼にウェット・ウィリーを与える

フィニアス:ええ、ビューフォードが帰ってきたね!
キャンディス:…カメラを救え…カメラを救え…カメラを救え…


予備知識 編集

  • このエピソードは、ビューフォードは、最初の場所でガキ大将になった方法を説明した。
  • ファーブは言って第4壁を破る「はい、それは通常、私たちには少なくともモンタージュを取るんだな。」
  • ビューフォードのガキ大将は波動を始めた男の若いバージョンのように見える『ロボット緊急出動』だった。
  • これがフィニアスとファーブは、潜水艦を構築する二度目であった。(『体内探検』)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki