Fandom

Disney Wiki

美女と野獣(2017年の映画)

2,211このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

その芸術性と完成度の高さから、アニメーション映画として史上初めてアカデミー作品賞にノミネートされ、今なお愛され続けている不朽のディズニー・アニメーション『美女と野獣』が、ディズニー渾身の実写映画として新たに生まれ変わった。スケールやクオリティにおいて世界がディズニーに求めていた全てを兼ね備えつつ、その予想や期待を遥かに超越した、100年語り継がれる史上空前のエンターテイメントが誕生!

美女と野獣』(原題: Beauty and the Beast)は、2017年3月17日公開(日本公開は同年の4月21日)のディズニーによる実写映画である。原作は、フランスの民話『美女と野獣』。同作は1991年の同名映画の実写化である。

ストーリー編集

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”ことを受け入れ、かけがえのない自分を信じるベルと、“人と違う”外見に縛られ、本当の自分の価値を見出せずにいる野獣──その出会いは、はたして奇跡を生むのだろうか…?

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
ベル エマ・ワトソン 昆夏美
野獣 ダン・スティーヴンス  山崎育三郎
ガストン ルーク・エヴァンス 吉原光夫
ル・フウ ジョシュ・ギャッド 藤井隆
モーリス  ケヴィン・クライン 村井國夫
ルミエール ユアン・マクレガー 成河(そんは)
コグスワース イアン・マッケラン 小倉久寛
ポット夫人 エマ・トンプソン 岩崎宏美
チップ ネイサン・マック 池田優斗
プリュメット ググ・バサ=ロー 島田歌穂
マダム・ド・ガルドローブ オードラ・マクドナルド 濱田めぐみ

プロダクション編集

音楽編集

詳細は「美女と野獣(2017年の映画)/サウンドトラック」を参照

アラン・メンケン(作曲)とハワード・アシュマン(作詞)によるアニメーション版からの楽曲に、メンケンが新たにティム・ライス(作詞)と組んで作り上げた3曲の新曲が加わる。エンドソングにはアリアナ・グランデとジョン・レジェンドが「美女と野獣(英語タイトル:Beauty and the Beast)」を新たにレコーディングした。

アニメーション版との違い編集

興行収入編集

最初の週末(3月17日~3月19日)で推定3億5000万ドル(約394億円)の世界興行収入を記録。このうち北米での興行収入は、1億7000万ドルに上り(米BOX OFFICE MOJO)、3月に公開された映画としては過去最高を記録した。2017年に入って公開された映画の中でも最も好業績を上げている。

ビデオ編集

ギャラリー編集

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki