FANDOM


レック・イット・ラルフWreck-It Ralph)、または単にラルフは、2012年の同じ名前のディズニー生き生きした主要作品の名祖の立て役者だ。彼を声はジョン・C・ライリーが担当していた。

バックグラウンド編集

公式説明編集

ゲーム<フィックス・イット・フェリックス>の悪役キャラクター。大暴れしてビルを破壊する嫌われ者を30年も演じ続けて嫌気がされている。ちょっぴり短気、だが本当は優しい心を持つ天真爛漫な大男。皆から愛される「ヒーローになりたい」という掟破りの夢を抱き、自分のゲームを飛び出して、大冒険を繰り広げる。

発育編集

当初記事の非常に早めの草案の間、フィックス・イット・フェリックスが映画の主要な主人公の肩書きをまず最初に持ったので、ラルフは映画の支える人物だった。ただし、より大きい人(英雄)になろうとしているラルフの記事がより非常に魅力的であると、脚本家「フィル・ジョンストン」は思っていたので、これらの2つの性格の役割は変わった。ラルフも、必ずしも異常に大きな拳と足のもう一度大きさを設定された人間でありだった。その代わりに、ラルフはまったく人間でありだ。彼は、ディズニー・ピクサーの映画『モンスターズ・インク』から雪男のような生きもの彼の最終的なデザインにだいたい似ていたほど、サリーの全体的な性格テーマに非常に類似した赤い毛皮の怪物からデザインの進化を行った獣だった。ラルフは、数ポイントでさえ、1930年代の漫画ワルモノに例えば「ミッキー・マウス」のショーツからのピートのスタイルの点で、性格に似ていた。

テレビゲームの役割 編集

こわしてやる!

フィックス・イット・フェリックスの虚構のアーケードテレビゲームにおいて、ラルフは、ゲームの敵対者として役に立って、新しいアパートの建設によって破壊されている彼の森の家の怒りにある。復讐として、ラルフは、「こわしてやる!」と大声で言って、ウィンドウを破壊することによって建築を覆し始める。フェリックスが窮地を脱するために入って、ラルフはレンガを投げ落とす。そして、英雄が彼の巨大な損害を元に戻すのを止めようとする。ただし、フェリックスはアパートを修繕することに成功したと、ゲームの終了には、アパートに住んでいるナイスランダー達はラルフを建物の最上部から投げ出す。そして、彼を泥の水たまりに落ちさせる。

パーソナリティ 編集

彼の巨大な出演にもかかわらず、ラルフは最終的に甘くて、控え目だ。それでもまだ、彼は明らかに爆発性に短気だ。そして、怒るとき、それはものを破壊して彼に終わる。実際、ラルフがナイスランドたちによってしばしば避けられたのは、彼の難破プログラミングのため、だ。ラルフ自身は、点で彼の難破習慣によって恥じていることがわかった。映画の間、彼が必死に1になりたかったけれども、ラルフは実は、1を本当に英雄にすることに気がつかなかった。彼の冒険の最初の部分の間、彼は自分自身で公然と外出していた。そして、メダル(彼がそれを技術的にかせがなかったけれども)をかせぐことが彼に英雄のタイトルを自動的に与えると思っていた。ヴァネロペという名前をつけられる若い不具合に会って、力を貸すまで、彼は英雄がそう、自分自身の前にかなり他ならを置く人であるということを知らない。これを除いて、大部分は彼の大量のサイズのために、ラルフは驚くべきドジでありえる。

彼の適度に謙遜な性格にもかかわらず、ラルフは自然の騒々しく喧嘩する人で、常に戦いに関して問題に敵またはそこの多くの人々がいるかもしれない方法を持っていかない気がある。ステキな人をなだめる間、だいたい、彼が「シュガー・ラッシュ」のむしろおとぎ話のような、少女らしい出演のために最初の嫌いを示したように、ラルフは世話をされてまだ少し手ごわい。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki