FANDOM


モーティマー・マウス (Mortimer Mouse) は、Floyd Gottfredsonによって創作されたウォルト・ディズニー・カンパニーディズニーキャラクターである。同名の二名のキャラクター、さらにディズニーと無関係のキャラクターが存在するが、全員を本稿にて解説するものとする。

名前編集

モーティマーという名前は、ウォルト・ディズニーミッキーマウスに初め付けようとした名前。名前をつける際に、妻リリアン・ディズニー(英語)などから反対されたために現在の『ミッキーマウス』という名称となった。

ミニーマウスのおじのモーティマー・マウス編集

モーティマー・マウスはミニーマウスの牧場を所有している牧畜業者のおじである。彼の初登場作品は1930年の『コミック・ストリップ』「Mickey Mouse in Death Valley」である。この作品の後、1930年代初めのミッキーマウスを主人公にした多くのコミック・ストリップに登場した。このモーティマーは現在までアニメーションで登場したことがない。

ミニーマウスの幼なじみのモーティマー・マウス編集

1936年の短編映画『ミッキーのライバル大騒動』 (Mickey's Rival) では、ミニーの愛を巡るミッキーの競争相手として登場する。ミニーマウスとは幼なじみであり、スポーツカーを乗り回して気取っているがドジなところがあるキャラクターとして描かれている。このモーティマーは後の漫画やアニメシリーズ『Mickey Mouse Works』、『ハウス・オブ・マウス』にも登場した。

声優 編集

これらのアニメーションの声優はモーリス・ラマーシュが担当している。OVA『ミッキーのクリスマスの贈りもの』ではミニーの上司役となっているが、モーリス・ラマーシュの口調が通常と異なっている。 日本語吹き替えはポニー版、バンダイ版、ブエナ・ビスタ版と共に江原正士が行っている。

ディズニー以外のモーティマー・マウス編集

  • The Adventures of Mortimer Mouse』はCharlene McCoy作の子供向け絵本。
  • Berkeley Breathedのコミック・ストリップ『Outland』のキャラクター。気難しく、よく煙草を吸い、不精髭を生やしたネズミである。二つのボタンが付いた半ズボン(ミッキーのものによく似ている)を履き、マイケル・アイズナーとの取っ組み合いの結果、片耳の一部をかじられたという設定になっている。

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki