FANDOM


メイク・マイン・ミュージック』(原題:Make Mine Music)はウォルト・ディズニーが製作した長編アニメ映画。RKOラジオ・ピクチャーズの配給で1946年4月20日に劇場公開された。本作はウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオにとって8作目の長編アニメ映画である。

第二次世界大戦のさなか、ウォルト・ディズニーのスタッフの多くが軍に徴兵され、残った者たちもアメリカ政府から訓練用映像やプロパガンダ映画の制作を求められた。そのためスタジオにはいくつもの作品構想が未完成のまま散在する結果となった。そんな困難な状況でも長編映画部門をなんとか存続させようと、スタジオは複数のエピソードと音楽をつなげて1つの作品にしたいわゆる“パッケージ映画”の制作に乗り出した。『メイク・マイン・ミュージック』はこうした背景のもとで作られた、『ラテン・アメリカの旅』や『三人の騎士』に続く3作目のパッケージ映画である。

あらすじ

Editicon このセクションは不完全です。ぜひ記事の編集に参加してください。
編集のガイドライン

ギャラリー

Wiki
より詳細なギャラリーはディズニーwikiの英語版ページをご覧ください。

外部リンク