FANDOM


ボルト』(原題:Bolt)は、2008年のウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオズ製作のCGIアニメ映画である。声優にはジョン・トラボルタマイリー・サイラスなど豪華なキャストとなっている。ディズニーデジタル3-Dに対応している映画館では立体映像で見ることができる。同時上映はカーズトゥーン メーターの世界つくり話第4話メーターの東京レース(Tokyo Mater)。

2009年12月16日、ブルーレイ(本編DVD付き)・DVD(単品とmicroSD付きの2種類がある)・microSD版が発売されたが、「メーターの東京レース」は収録されなかった。

概要 編集

2006年、ピクサーがディズニーの完全子会社となったため、本作はピクサー最高責任者であるジョン・ラセターが立ち上がりから完成まで携わった最初の作品である。そのため2000年代に突入してから低迷を喫していたディズニー・アニメーションとしては久々に高い評価を受け、第81回アカデミー賞の長編アニメ映画賞部門にもノミネートされるなど、新生ディズニー第1弾作品として今後が期待される成功を遂げた。

この映画のサウンドトラック「I Thought I Lost You」は、ペニー役のマイリー・サイラスとボルト役のジョン・トラボルタが一緒に歌っている。

ちなみに、ライノ役の声優はディズニーのアニメーターであるマーク・ウォルトンが担当している。

あらすじ 編集

テレビの中のスーパーヒーロー犬で、自分には本当にスーパーパワーが備わっていると思っているシェパード犬、「ボルト」の物語。

ある日、彼は勘違いから撮影スタジオを飛び出し迷子になってしまう。そして、ミトンズという雌のネコや、ライノというハムスターに出会いながら、様々な経験を通して、今まで自分の知らなかった現実の世界を学んでいく。彼は次第に、自分は「スーパーパワー」など持っていない普通の犬であることを知る。しかし…

登場キャラクター 編集

ボルト
本編の主人公。
子犬の頃ペニーと動物保護施設で出会い、そのままペットとして共に暮らすことになる。
5年後、ペニーの父によって遺伝子に改造を施されたスーパードッグとなり、ペニーを守ることに。突進で車も吹き飛ばし、ヘリをも凌ぐスピードで走り、にらんだもの全てを焼き尽くすヒート・ヴィジョンを放ち、さらには衝撃波を巻き起こすスーパーボイス(英語ではSuper Bark、”スーパー遠吠え”)も使いこなして悪の軍団を撃退する。
しかし、これはあくまでドラマの設定で、彼は撮影スタジオと犬小屋代わりのトレーラーハウスから1歩も外へ出されていないので、ドラマの世界を現実と思い込んでいる。そのため普通の犬の生活の何たるかを全く知らないでいる。その辺りはドラマの共演者である「悪の親玉ドクター・キャリコの飼い猫たち」にいいようにからかわれているが、当然本人にからかわれているという自覚は無い。
ある日、ドラマの中で攫われたペニーを助けようとする余り、手違いでニューヨークへ宅配されてしまう。
やがて、初めての現実世界での様々な経験を通して、成長していく。
ペニー
ヒロインのティーンズ女優。スーパードッグであるボルトの力を借りて、悪と闘う少女を演じている。
しかしボルトへの想いは本物。ボルトを家に連れて帰りたいと常々思っているが、ドラマ内でのボルトの演技にリアリティを追求するスタッフの意向や、相手の話を全く聞かないマネージャー相手ではそれもかなわず、もどかしい思いを抱え続けている。
撮影中にボルトが失踪してしまったことで大きなショックを受けることになる。さらには別の犬と共演しなければならなくなってしまい、淋しさはますます大きなものになった。
前述のように話の通じないマネージャーが相手でも必死に抗議を挑んだり、スタッフに迷惑はかけられないと、別犬との共演も淋しさをこらえて懸命にこなすなど、少女ながらも芯の強さが窺える。
ミトンズ
ニューヨークの路地裏を拠点としていたメスの野良猫。現実主義で悲観的な考えの持ち主。
鳩達をこき使って飯にありついていたが、鳩達の報復でボルトに捕まり「ドクター・キャリコの仲間」と決め付けられ、無理やり彼の旅に同行させられてしまう。
当初は、スーパードッグを自称するボルトの奇天烈な言動に戸惑い必死に逃げようとするも、自身のミスで保健所に捕まったところを責任を感じたボルトに助けられてから、次第に彼に心を開いていく。
ライノ
いつも透明プラスチックボールに入っている、テレビオタクのハムスター。
キャンピングカーでテレビを見ている最中、「憧れのヒーロー、ボルト」が偶然側にいたことに興奮しまくり、強引にボルトの旅に同行。彼もドラマの世界を現実だと思い込んでいるが、その思い込みと行動力はボルトを上回る。
彼の何気ない一言は要所要所で重要となっていく。
ドクター・キャリコ
ドラマ内の悪の親玉。いつも猫を肩に乗せ、右目が緑色の義眼になっている。
ディレクター(ボブ・ドーレン)
ドラマ制作の最高責任者。ボルトの思い込みは、「迫真の演技を撮影したい」という彼の目論見によるもの。しかし視聴率が低下しているというリサーチ結果を受け、ペニーが誘拐される話を作った。これが全ての発端となる。
マネージャー(トム・オドネル)
相手の話は「ピンで留めて保留にする」だけで聞きもせず、ペニーに山ほどの仕事を強いる初老の男。相手を自分の金稼ぎの道具だとしか考えていない節があり、何が起ころうともその無神経な態度を変えない。
名前は劇中では「ザ・エージェント」となっているので小説版から。
ペニーのママ
ペニーの母親。娘のボルトへの思いをちゃんと理解していて、ボルト失踪のときも迷子犬探しのチラシを作ろうとまでした。
いつもは物静かだが、娘に対して失礼な相手には毅然とした態度を取る。

小ネタ 編集

  • 最初のシーンの動物保護施設の職員の男性と見られる人物が劇中の3場面で確認できる。
  1. ミトンズがゴミ箱を探り、ボルトにアメリカ全土の地図を見せるところの直前の通行人
  2. バーベキュー場
  3. ラストの火事場
  • ディレクターとテレビ局のミンディが言い争う場面でディレクター後ろの、音の量を表すゲージが声にあわせて動く。
  • マネージャーのトムが使用している携帯電話はiPhoneであるが、次の場面では機種が変わっている。2つ以上持っているか、機種変更をしたと考えられる。

ボイスキャスト 編集

キャスト 役名 日本語吹き替え
ジョン・トラボルタ ボルト 佐々木蔵之介
マイリー・サイラス ペニー 白石涼子
スージー・エスマン ミトンズ 江角マキコ
マーク・ウォルトン ライノ天野ひろゆき
マルコム・マクダウェル ドクター・キャリコ 中村秀利
ジェームズ・リプトン ディレクター  東地宏樹
グレッグ・ジャーマン ペニーのマネージャー 山路和弘
ペニーのパパ 根本泰彦
ペニーのママ 滝沢ロコ
クロエ・グレース・モレッツ ペニー(幼年期)
ディードリッヒ・バーダー ベテラン・キャット 龍田直樹
ニック・スウォードソン ブレイク 梅津秀行

日本語吹き替え版にはウド鈴木が鳩の役で出演しているが、パンフレットでは役名が「?」と表記されるなど、劇場公開時は役名は意図的に伏せられていた。

脚注 編集

外部リンク 編集

  • スクリプトエラー (日本語) - 閉鎖。(2009年9月19日時点のアーカイブ
  • スクリプトエラー (英語)
  • 予告編 (Apple Trailers)
  • Movielink
  • Movielink
  • Movielink
  • Movielink



ディズニーの長編アニメ映画
ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオズ
Disney Golden Age

白雪姫 (1937年) ピノキオ (1940年) · ファンタジア (1940年) ダンボ (1941年) · バンビ (1942年) · ラテン・アメリカの旅 (1943年) · 三人の騎士 (1945年) · メイク・マイン・ミュージック (1946年) · ファン・アンド・ファンシーフリー (1947年) · メロディ・タイム (1948年) · イカボードとトード氏 (1949年) シンデレラ (1950年) · ふしぎの国のアリス (1951年) · ピーター・パン (1953年) · わんわん物語 (1955年) · 眠れる森の美女 (1959年) 101匹わんちゃん (1961年) · 王様の剣 (1963年) · ジャングル・ブック (1967年)

Disney Dark Age

おしゃれキャット (1970年) · ロビン・フッド (1973年) · くまのプーさん 完全保存版 (1977年) · ビアンカの大冒険 (1977年) きつねと猟犬 (1981年) · コルドロン (1985年) · オリビアちゃんの大冒険 (1986年) · オリバー ニューヨーク子猫ものがたり (1988年) ·

Disney Renaissance

リトル・マーメイド (1989年) ビアンカの大冒険 ゴールデン・イーグルを救え! (1990年) · 美女と野獣 (1991年) · アラジン (1992年) · ライオン・キング (1994年) · ポカホンタス (1995年) · ノートルダムの鐘 (1996年) · ヘラクレス (1997年) · ムーラン (1998年) · ターザン (1999年) ·

Post-Renaissance

ファンタジア2000 (1999年) ダイナソー (2000年) · ラマになった王様 (2000年) · アトランティス 失われた帝国 (2001年) · リロ・アンド・スティッチ (2002年) · トレジャー・プラネット (2002年) · ブラザー・ベア (2003年) · ホーム・オン・ザ・レンジ にぎやか農場を救え! (2004年) · チキン・リトル (2005年) · ルイスと未来泥棒 (2007年) · ボルト (2008年) ·

Disney Revival

塔の上のラプンツェル (2010年) · くまのプーさん (2011年) · シュガー・ラッシュ (2012年) · アナと雪の女王 (2013年) · ベイマックス (2014年)

公開予定映画

ズートピア (2016年) · Moana (2016年) · Gigantic (2018年) · Frozen 2 (TBA)

ピクサー・アニメーション・スタジオ

トイ・ストーリー (1995年) · バグズ・ライフ (1998年) · トイ・ストーリー2 (1999年) · モンスターズ・インク (2001年) · ファインディング・ニモ (2003年) · Mr.インクレディブル (2004年) · カーズ (2006年) · レミーのおいしいレストラン (2007年) · WALL・E/ウォーリー (2008年) · カールじいさんの空飛ぶ家 (2009年) · トイ・ストーリー3 (2010年) · カーズ2 (2011年) · メリダとおそろしの森 (2012年) · モンスターズ・ユニバーシティ (2013年) · インサイド・ヘッド (2015年) · アーロと少年 (2015年)

公開予定映画

ファインディング・ドリー (2016年) · トイ・ストーリー4 (2017年) · Coco (2017年) · Cars 3 (2018年) · The Incredibles 2 (TBA)

ディズニートゥーン・スタジオズ

ダックテイル・ザ・ムービー/失われた魔法のランプ (1990年) · グーフィー・ムービー ホリデーは最高!! (1995年) · Doug's 1st Movie (1999年) · ティガー・ムービー プーさんの贈りもの (2000年) · リセス 〜ぼくらの夏休みを守れ!〜 (2001年) · ピーター・パン2 ネバーランドの秘密 (2002年) · ジャングル・ブック2 (2003年) · くまのプーさん 完全保存版II ピグレット・ムービー (2003年) · Teacher's Pet (2004年) · くまのプーさん ザ・ムービー/はじめまして、ランピー! (2005年) · バンビ2 森のプリンス (2006年) · ティンカー・ベル (2008年) · ティンカー・ベルと月の石 (2009年) · ティンカー・ベルと妖精の家 (2010年) · ティンカー・ベルと輝く羽の秘密 (2012年) · プレーンズ (2013年) · ティンカー・ベルとネバーランドの海賊船 (2014年) · プレーンズ2/ファイアー&レスキュー (2014年) · ティンカー・ベルと流れ星の伝説 (2015年)

ルーカス・フィルム・アニメーション・スタジオ

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ (2008年) · Strange Magic (2015年)

実写+アニメーション合成作品

リラクタント・ドラゴン (1941年) · 空軍力の勝利 (1943年) · 南部の唄 (1946年) · わが心にかくも愛しき (1949年) · メリー・ポピンズ (1964年) · ベッドかざりとほうき (1971年) · ピートとドラゴン (1977年) · ロジャー・ラビット (1988年) · ジャイアント・ピーチ (1996年) · 魔法にかけられて (2007年)

他社製作アニメーション

ブレイブ・リトル・トースター (1987年) · ナイトメア・ビフォア・クリスマス (1993年) · ライアンを探せ! (2006年) · Disney's クリスマス・キャロル (2009年) · 少年マイロの火星冒険記3D (2011年) · フランケンウィニー (2012年)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki