FANDOM



ブレイブ・リトル・トースター 火星へ行こう!』(原題:The Brave Little Toaster goes to mars)は、ディズニー制作のアニメ映画作品。『ブレイブ・リトル・トースター』の続編である。

スタッフ

ストーリー

ブレイブたちのご主人とクリスに赤ちゃんのロビーが誕生。ブレイブたちは、この新しい小さなご主人がかわいくて仕方がなく。ところがある夜、空から降りてきた不思議な光に包まれてロビーが火星へ連れ去られてしまった、ブレイブたちは計算機のブライアンや旧型コンピューターのウィトゲンスタインの力を借りて、ロビーの救出に向かう。

キャラクター

ブレイブ・トースター
吹き替え:山瀬まみ
勇敢なちびのトースターである夜に空から降りてきた不思議な光に包まれてロビーが火星へ連れ去られてしまったことが困っている。
ブランキー・イエロー
吹き替え:千秋
甘えん坊の電気毛布である夜に空から降りてきた不思議な光に包まれてロビーが火星へ連れ去られてしまったことがとても困っている。
ランピー
吹き替え:モト冬樹
お調子者の卓上ランプである夜に空から降りてきた不思議な光に包まれてロビーが火星へ連れ去られてしまったことがとても困っている。
カービー
吹き替え:小倉久寛
頑固な掃除機である夜に空から降りてきた不思議な光に包まれてロビーが火星へ連れ去られてしまったことが困っている。
チャット・ラジオ
吹き替え:森川智之
おしゃべりのラジオである夜に空から降りてきた不思議な光に包まれてロビーが火星へ連れ去られてしまったことがとても困っている。
ヒヤリー
吹き替え:不明
主な情報を取らせる補聴器であるが、とある火星にある冷蔵庫の中には兄がいる。ある夜に空から降りてきた不思議な光に包まれてロビーが火星へ連れ去られてしまったことがとても困っている。
ブライアン
吹き替え:不明
計算機である夜に空から降りてきた不思議な光に包まれてロビーが火星へ連れ去られてしまったことが困っているが、それをウィトゲンスタインを連絡をする。
ラッツォ
吹き替え:いわぶちかつひこ
ロブが飼っているネズミ。宇宙にいるとため息ができないことがある。
ウィトゲンスタイン
吹き替え:不明
連絡を取らせる旧型コンピューター。
ロブ
吹き替え:小林宏至
ブレイブたちのご主人だがあくる日の朝にロビーがいなくなってしまったことが困っている。
クリス
吹き替え:岩男潤子
あくる日の朝にロビーがいなくなってしまったことがとても困っている。

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki