FANDOM



ブレア・ラビット(Br'er Rabbit)は、ジョーエル・チャンドラー・ハリスの作品『リーマスおじさん(Uncle Remus)』シリーズに登場する架空のナキウサギ。また、その作品を原作としたディズニー映画『南部の唄』に登場するディズニーキャラクターである。名前のブレア(br'er)はブラザー(brother)の南部訛りである。

ディズニーにおけるブレア・ラビット

擬人化されている。『南部の唄』のアニメーションパートにおける実質的な主人公。日本では「スプラッシュ・マウンテン」での呼称に従い、うさぎどんと呼ばれることもある。なお、「スプラッシュ・マウンテン」内の彼の家の前の看板では「Brer Rabbit」と綴られているが、誤りではない。

南部の唄

茨の茂みの家に住む頭の回転が速く、明るく陽気なので、トラブルばかりの家から出て行くが行く先々で、そのマキの×印の金槌を叩いて、手が撃って、リーマスおじさんと握手して、飛び立ちました。ところが...、罠に嵌って、出られなくなったので、チカンピン丘に住んでいるのブレア・フォックスに捕まり食べられそうになっている。とっても抜けないので、ブレア・ベアにどうなので、話せして、もう、ブレア・フォックスは、食べずれそうに代わりにブレア・ベアは、罠に嵌って、ブレア・フォックスにブレア・ベアに斧に切って、助けてくれて、見ながらしました。しかし、いつも知恵を働かせて間一髪で逃げ出している。茨の茂みの家は、マキの×印に外して、入って行ってました。リーマスおじさんは、南部の村にご挨拶して、オポッサムおばさんにブレア・フロッグは、ご挨拶して、魚は、お陰で、残念ながら、ウサギどんは、行ってました。ウサギどんが、来て、タール人形の返事でないので、もう一回やり直しして、タール人形の又、返事でません。ウサギどんが、怒って、3つ、2つ1つに抜けなくなって、タールのスライムに嵌れました。丸焼きにして、ブレア・フォックスにブレア・ベアが、怒って、ウサギどんは、ブレア・フォックスは、話せ、カンカンして、茨の茂みにブレア・ベアに反撃にブレア・フォックスに投げ付け、茨のトゲにウサギどんの手に指されたの花に持って、ブレア・フォックスとブレア・ベアにお礼して、ウサギどんに手に治ったから、帰って行った。ブレア・フォックスに丸焼きの用意して、鉄の棒に紐に罠に引っ掛ったのウサギどんに親指して、ブレア・フォックスに怒って、丸焼きして、熱くなるのウサギどんは、グックンして、笑って、ブレア・フォックスにウサギどんに口に伏すいで、ブレア・フォックスは、怒ると...、ビックリして、ウサギどんは、笑って、ブレア・ベアにフォークで、"ツンツン"と叩いて、ウサギどんに取っ付かもうと…、ブレア・ベアに持ったウサギどんにブレア・フォックスに取っ付かんで、グルグルして、丸焼きにブレア・ベアは、"やめろ!!"と言って、ウサギどんは、ビックリして、笑っていて、ウサギどんとブレア・ベアとブレア・フォックスに探検して、笑いの国の旅へ出発して、ウサギどんは、帽子にブレア・フォックスに外さなくなって、ウサギどんは、ブレア・フォックスとブレア・ベアに話せ、蜂の巣合って、ウサギどんは、抜き足して、引張って止まったのウサギどんは、笑っていて、ブレア・ベアにカンカンに怒って、話しました。ハチが、怒って、ブレア・フォックスとブレア・ベアに追い払えました。ウサギどんは、落ち葉に"ポイ"としました。ウサギどんは、実写にジョニーとジニーとトビーと犬のティンチーとリーマスおじさんに探検して、喋々とミスター・ブルーバードとブレア・フロッグとオポッサムおばさんとオポッサム3人組とブレア・ラクーンブレア・ポーキュパインとブレア・ドッグとウサギの双子に生まれるとブレア・ゲーターボーイとブレア・タートルが、遣って来て、忍び足して歩いていきました。

スプラッシュ・マウンテン

東京ディズニーランドでの呼称はうさぎどん(ブレア・フォックスからはうさ公と呼ばれる)で、声は旧吹き替え版の江原正士が担当。映画では「笑いの国」の話はブレア・フォックスとブレア・ベアから逃げるためのその場しのぎの嘘だが、アトラクションでは「『笑いの国』を目指している」という設定に変更されている。

関連項目


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki