FANDOM


フィニアスとファーブのキャラクターでは、ディズニー・チャンネルのテレビアニメ『フィニアスとファーブ』に登場するキャラクターについて、記述する。

メインキャラクター編集

フィニアス・フリン(Phineas Flynn)

詳細は「フィニアス・フリン」を参照

声 - ヴィンセント・マーテラ宮田幸季
三角頭(ほとんどが鼻)で赤毛の少年。誕生日は8月7日(10歳)。一人称は「僕」。左利き。好奇心旺盛、想像力豊かで、いつも周囲を驚かせるような計画を思いつき、ピンチに陥った場合でも様々なアイデアで乗り越える。発明の部品が届いた時「これらを使うには若すぎないか?」と配達員によく言われる。お約束の台詞に「ファーブ、今日やること決まった!(又は「今日はこれで決まりだ!」など)(Ferb, I know what we’re gonna do today!)」「あれ、ペリーどこだ?(Hey, where’s Perry?)」「ああ、いたのかペリー(Oh, there you are, Perry.)」「ええ、そうですね。(Yes, yes I am.)」などがある。
天才だがマイペースで少々天然なため、自分達の思いつきを邪魔しようとするキャンディスと会話が噛み合っていなかったりすることもしばしば。イザべラから想いを寄せられているが、楽しいことにしか興味がないのでその気持ちに全く気付いていない。
第22話Aパートではフィニアシュタイン、第73話Aパートではフィナバンク、第87話Bパートではオハイオ・フリンの名で出演している。
第100話ではストーリーの構成上、冒頭とエンディングのみの登場である。
ファーブ・フレッチャー(Ferb Fletcher)

詳細は「ファーブ・フレッチャー」を参照

声 - トーマス・サングスター増田裕生立花敏弘(一部の歌)
フィニアスの義理の兄弟。誕生日は8月31日(10歳)。滅多に聞けないが一人称は「僕」。イギリス生まれ。緑色の髪をしている。無口で基本的に1、2言ほどしかしゃべらない事が多いが、一言だけの長セリフで大人びた哲学的な発言をすることも。メカに驚くほど強く、どんな機械でもつくれるモノ作りの天才である。日本語を始め、イルカ語や火星語を話すことができるほか、ギター・ドラム・キーボード・トランペット・バグパイプ・ハーモニカ・アコーディオン・オルガン・ハープ・チューバなど多くの楽器を演奏できる。その中でもベースギターが異常に上手い。
足が長くダンスも得意。抜群の行動力と運動神経を持っている。第12話Bパートでヴァネッサに一目ぼれしてしまう。
作中では明らかにされていないが、「ファーブ」というのは何かの略らしい。
第22話Aパートではファーブゴア、第73話Aパートではガーブ、第85話ではファーバロット、第87話Bパートではロードアイランド・フレッチャーの名で出演している。
第100話ではストーリーの構成上、冒頭とエンディングのみの登場である。
キャンディス・フリン(Candace Flynn)

詳細は「キャンディス・フリン」を参照

声 - アシュレイ・ティスデイル永田亮子武虎(アレルギー時)
フィニアスとファーブの姉。誕生日は7月11日(15歳)。一人称は「あたし」。身長173センチ。弟たちの思いつきを人騒がせなイタズラと思い込んでママに告げ口しようとするが、いつもうまくいかない。時折彼らの発明を勝手に使ったり、告げ口を成功させるため彼らを騙したりしたこともある。一方で場合によっては協力したり、一緒に楽しんだりすることもあるが、フィニアス達のことを心配したり守ったりと姉らしい一面もある。親友のステイシーとの電話は毎日で、何でも話す。ジェレミー・ジョンソン(Jeremy Johnson)に恋心をいだいている。演奏できる楽器は、バグパイプ・バラライカ・バンジョー・ビューグル・ベースギター・ボンゴなど20種類ですべてBから始まる楽器(ただしコントラバスは例外)。
乳製品とパースニップのアレルギーで、パースニップアレルギーが発症すると別人のような声に変化する。トラブルに巻き込まれたりすると、よく大声で叫ぶ。高所恐怖症。また本人は気付いていないが、フィニアス達は自分達の計画をママに隠す気はまったくなく、回によってはフィニアス本人がママに言った回もある。
第38話「タイムマシンで大騒ぎ」では20年後の未来のキャンディスが登場している(その時、彼女の子供としてアマンダ、ザビエル、フレッドが登場している)。20年前に比べると性格はだいぶ落ち着いているが、過去から来たフィニアスとファーブを発見し起こした騒動によって未来を悪い方向に変えてしまう。
第22話Aパートではコンスタンス、第73話Aパートではキャントック、第85話ではキャンダヴィアの名で出演している。
第100話ではストーリーの構成上、冒頭とエンディングのみの登場である。
第111話にて、彼女がマーベル・ヒーローの大ファンであることが分かった。
5才の頃には上の歯中央の1本だけ欠けていた(「夏を取り戻せ!」より)。
カモノハシペリー/エージェントP(Perry the Platypus/Agent P)

詳細は「カモノハシペリー」を参照

声 - ディー・ブラッドリー・ベイカー/原語版流用
フィニアスとファーブのペットで本作の影の主役的存在。普段はただのカモノハシだが、陰でモノグラム少佐の指令のもとでエージェントPとして活動している。
普段はぼんやりしていて何もしないが、エージェントになると一転クールで紳士的な性格になる。運動能力や知能は非常に高く、あらゆることを器用にこなす。
カモノハシなので人間の言葉は話せず、「ガガガガガ(またはグルルルル)」と歯を鳴らすような奇妙な鳴き声で鳴くが英語版のペリーの鳴き声だけは英語オリジナルらしく、鳴き声の音が日本版のペリーの鳴き声とは少し低い音である(他は全て日本版共通の鳴き声である)。
フィニアス達の家の真下には、少佐から任務を聞いたりするための地下司令室があり、家の所どころにその部屋へ通じる隠し扉がある。ドゥーフェンシュマーツ博士が宿敵であり、彼の悪の企みをあばき、その計画を阻止するのがエージェントPの任務である。博士とは敵対関係ではあるが憎んでいるわけではなく、博士がパンダのピーターを宿敵にしたときもショックでエージェントをやめようとしたり、娘のヴァネッサのためのパーティの準備を手伝ったり、時には彼の名誉を守ろうとするなど、良き友達のような関係である。毎回ドゥーフェンシュマーツ博士の罠に掛かるが、自力か博士の間抜けなミスにより脱出する。本編ではフィニアス達に正体を隠しているが、番外編などでは堂々とエージェントとしての姿を見せている。
最初にフィニアスとファーブに付けられた名前は「バーソロミュー」だった。
好物はとうもろこし。弱点は頬をくすぐられること(ペットの姿時にくすぐられた際は反射神経によりしっぽが直角にたつ)
第4話でリンダと遭遇したが、とっさの判断で免れた。
第42話Bパートではストーリーの構成上脇役で登場している。
第73話Aパートではバンカバングワー、第73話Bパートではマスターペリー、第85話ではドラゴノハシ・ペラブル/P卿の名で出演している。
第109話Bパートではステイシーにエージェント姿を見られてしまったが、事情を知ったステイシーによってペリーがエージェントPであることは秘密になった。
ハインツ・ドゥーフェンシュマーツ博士(Dr. Heinz Doofenshmirtz)

詳細は「ハインツ・ドゥーフェンシュマーツ」を参照

声 - ダン・ポベンマイヤー多田野曜平
エージェントPと宿敵の関係にある、自称悪の科学者。年齢は47歳(第89話Aパートより)。一人称は「私」。「悪のドゥーフェンシュマーツ社」という会社でいつも悪だくみをしている。夢はダンヴィル含む3つの州を征服することだが、どれもスケールが小さいものばかりであり、彼の悪事は結果的にいつもキャンディスの告げ口阻止に使われている。つくった発明品には必ず「○○ネーター(-Inator)」と名付けている。通称「ドゥーフ」、「博士」。
ドゥルースルスティン王国ギンメルシュトゥンプ(Gimmelshtump)出身。188cmと長身だが、猫背のため身長は低く見える。幼少時代は実の両親に庭のノーム人形にされたり、約1年間通学時にドレスを着せられたり、的当てドボンゲームでは投げるボールの代わりになったり、両親に捨てられ中央アメリカの野生の山猫に育てられた時期があるなど、親にかわいがられずに育った過去がある。そのため兵器の紹介時によく回想シーンがある苦労人。そんな過去を持つためか、娘のヴァネッサを喜ばせようと毎年彼女のために誕生日会を企画したり、キャンプで娘を守り父親らしいところを見せようと奮闘する。上記の通り、家族に恵まれていないようだが少なくとも彼に対してぞんざいにしない者もいるらしい。
毎回エージェントPを罠に掛け捕らえる事に成功したり、悪巧みを瞬時に思いつくなど科学者らしい閃きを持つが、なぜかペリーが帽子を被っていないとただのカモノハシと思い込んだりする。登場時には必ずコーラス隊に自分の会社や別荘などのコールをしてもらっており、その人達の専用のスタジオもある。
口癖は、「呪ってやる、カモノハシペリー!(Curse you, Perry the platypus!)」。いつも邪魔するペリーを憎んでいるようだが、爆発でペリーを倒したと思うと寂しがったり、クリスマスの時はプレゼント交換をしたり、博士が怖がっているときは手を繋いだりするなど、意外とよい仲である。
研究の才能があり、幼少期に科学研究会でレーザーを放つ「ネーター」を発明(しかし重曹の吹き出る火山に敗北。本人も「あれじゃ負けるわけだ」と言っている)。また、未来のキャンディスのせいでアルミニウムの塊から逃れたとき、3つの州の支配者になっていた。回によってはまったく悪事を働かなかったこともある。フィニアス達と会話する場面はあまりなく、お互いの存在を意識していないが、接点は意外と多い。また、妙に人が良い部分がある。カップスタッキングの世界記録保持者である(のちにキャンディスにこの記録を破られる)。
曾祖母はグレーテル(Gretel)、祖父はホゼ・ドゥーフェンシュマーツ(Jose Doofenshmirtz)、ひいひいじいさんはジキル・ドゥーフェンシュマーツ。
第42話Bパート「イザベラ 樹液の伝説」にだけは、ストーリーの構成上登場しない。
第73話Aパートではドゥーフェンガング、第73話Bパートではドゥーファスハーン、第85話ではマレファシュマーツ、第117話Bパートではフォン・ドゥーフェンシュマーツの名で出演している。

フィニアスとファーブの周囲の人々編集

フィニアスとファーブの家族編集

リンダ・フリン(Linda Flynn)

詳細は「リンダ・フリン」を参照

声 - キャロライン・レア込山順子
フィニアスとキャンディスの実の母親で、ファーブの義理の母親。6月15日がローレンスとの結婚記念日。キャンディスから毎日フィニアスとファーブの告げ口を聞かされるが、一度も見たことがないため信じていない。フィニアスが自ら事実であることを話し証拠を見せても信じる様子はない。むしろ、キャンディスが告げ口をしないときに、怪しく思い、急いで家に帰ることがある。昔に一度だけドゥーフェンシュマーツとデートしたことがあり、世界を征服するより、まず3つの州から支配してみるように彼に進言した。その後リンダナ名義で曲を出し、一発屋としてエレベーター内で曲が流れるくらいにヒットした。現在はポップスターを引退し専業主婦となり、イザベラの母とジェレミーの母の3人でジャズバンドをやっている。シャーリーンと同じ料理教室にも通っている。また、非常にマイナーなフェスティバルや見本市に参加するのが趣味でもある。名前は制作者ダン・ポベンマイヤーの姉妹の名から[1]。第73話Aパートではマグの名で出演している。
ローレンス・フレッチャー(Lawrence Fletcher)

詳細は「ローレンス・フレッチャー」を参照

声 - リチャード・オブライエン樫井笙人
ファーブの実の父親で、フィニアスとキャンディスの義理の父親。イギリス出身。アンティークショップを経営しており、様々な骨董品を収集している。また職業を生かして講演も行っている。フィニアスとファーブの作ったモンスタートラックのレースに参加したり、空飛ぶカーペットに一緒に乗ったりと、息子たちがすごいことが出来るのを知っている。
イギリスにエイドリアンという兄弟がいる。
第78話Bパートでは博士のネーターによって悪人になり、ラブマフィンの頂点に立った(その直後記憶を戻し降りた)。
クライド・フリン(Clyde Flynn)

詳細は「クライド・フリン」を参照

声 - バリー・ボストウィック島香裕
リンダの父。ダンビルの森に住んでおり、フィニアス達とキャンプをすることもある。
ベティー・ジョー・フリン(Betty Jo Flynn)

詳細は「ベティー・ジョー・フリン」を参照

声 - キャロライン・レア
リンダの母。昔ローラースケートの選手だった。ジェレミーの祖母ヒルデガードと仲が悪い。ロレイン(Lorraine)という双子の姉妹がいる。
レジナルド・フレッチャー(Reginald Fletcher)

詳細は「レジナルド・フレッチャー」を参照

声 - マルコム・マクダウェル武虎
ローレンスの父。昔は「聖なるサバ(Holy Mackerel)」というバイクに乗る「空飛ぶ魚(The Flying Fishmonger)」の名でスタントマンとして知られていた。左目にモノクルをかけている。
ウィニフレッド・フレッチャー(Winifred Fletcher)

詳細は「ウィニフレッド・フレッチャー」を参照

声 - ジェーン・カー新田万紀子
ローレンスの母。いつもティーカップを持っている。
ティアナ・ウェバー(Tiana Webber)

詳細は「ティアナ・ウェバー」を参照

声 - メーガン・ヒルティ根本圭子
リンダの姉妹。姉妹であるリンダと同じく赤毛で、パートナーのボブとともに世界中を冒険していた。名前は制作者ダン・ポベンマイヤーの姉妹の名から。モンテビデオ在住。
ボブ・ウェバー(Bob Webber)

詳細は「ボブ・ウェバー」を参照

声 - ジョン・ラロケット杉山紀彰
ティアナの夫。レイク・ノーズでライフガードをしていた。
ロレイン
エイドリアン

フィニアスとファーブの友達編集

イザベラ・ガルシア・シャピロ(Isabella Garcia-Shapiro)

詳細は「イザベラ・ガルシア・シャピロ」を参照

声 - アリソン・ストーナー河原木志穂
フィニアスとファーブの家の向かいに住んでいる少女。誕生日は11月4日(それに関するエピソードが第109話Bパートで語られている)。ヒスパニック系ユダヤ人。黒髪のストレートだが、湿気があるとビッグサイズのアフロヘアになる。フィニアスに恋をしていて、彼の計画をどんなことでも手伝ってあげている。ファイヤーサイド・ガールズ46321団のリーダー。出てくる時必ず、「なぁ〜にしてるの?(Whatcha doin’?)」というのが口癖。毎回お約束なためか様々な人物がマネをするが、本人はそれをとても嫌がっている(ただし、フィニアスは別)。ピンキーというペットのチワワ犬がいるが、実はピンキーもワンダという女性のもとで働くシークレットエージェントである。メキシコとエルサレムに親戚がいる。
第85話ではイザベルの名で出演している。
バルジート(Baljeet Tjinder)

詳細は「バルジート」を参照

声 - モーリク・パンチョリー中塚玲根本圭子
フィニアスとファーブの友達の男の子。インドからの交換留学生。数学が大好きで成績優秀の優等生。成績のためにフィニアスとファーブに課題を手伝ってもらうこともある。弱気な性格でビューフォードにからかわれることが多いが、お互いに欠かせない存在で良い友人である。
ファイヤーサイド・ガールズ内では、フィニアスの次に人気があるらしい。
第73話Aパートではバルジャグ、第85話ではバルジータラスの名で出演している。
ビューフォード・ヴァン・ストム(Buford Van Stomm)

詳細は「ビューフォード・ヴァン・ストム」を参照

声 - ボビー・ゲイラー杉山紀彰
フィニアスとファーブの友達。いじめっこで力が強いガキ大将だが、内心ではフィニアス達のことを認めており、良き友人である。ビフというペットの金魚をすごくかわいがっており、当時弱虫だった時にガキ大将からビフを守るために喧嘩で勝った(これでガキ大将になったと思われる)。時折インテリを思わせるような発言をしており、「夏はキミのもの!」では流暢にフランス語を話す、ヴォルテールの言葉を引用するなどして一緒にいたバルジートを驚かせている。
母はビファニー・ヴァン・ストム(Biffany Van Stomm)
第73話Aパートではブーフガード、第85話ではビューファビュラスの名で出演している。
外伝的なエピソードの第85話など及び映画版を除いた通常のシリーズでは、メインキャラの子供たちで最初にドゥーフェンシュマーツと行動を共にしたことがある(第89話Bパート)。
ジャンゴ・ブラウン(Django Brown)

詳細は「ジャンゴ・ブラウン」を参照

声 - アレック・ホールデン伊東久美子
フィニアスとファーブの友達。
生活用品を題材とした巨大アートで有名な芸術家ベッポを父に持つ。ジェニー・ブラウンとは姉弟。
「巨大アート」以来からはモブキャラとしてちょこちょこ出ている。バイオリンが弾ける。
アービング(Irving Du Bois)

詳細は「アービング」を参照

声 - ジャック・マクブレイヤー相原嵩明
フィニアスとファーブの友達。自称フィニアスとファーブファン。第37話「フィニアスとファーブ ベストソングカウントダウン」から登場。
フィニアスとファーブに憧れており、二人の発明をスクラップブックにまとめていたり、ファーブの髪の毛を本に貼り付けていたり、二人の家の周りにスパイカメラを仕掛け常に録画したりしていたりと、若干ストーカーのような事をしている。アルバ-トという兄がおり、フィニアスとファーブの発明のことをくだらないと思っているので仲は悪い。非常に付き合いにくい性格なので無視されてしまう事も多い。
アルバート(Albert Do Bois)

詳細は「アルバート」を参照

声 - ディードリック・ベーダー河本邦弘
アービングの兄。年齢はキャンディスと同じくらいであり、アービングとは意見が合わないため仲が悪い。フィニアスとファーブの事を最初は侮辱していたものの、二人の発明品を見た事により見直す。キャンディスから「ガリベン君」と呼ばれているが、彼女の事が気になるのか一度だけ告げ口の手伝いをした。

ファイヤーサイド・ガールズのメンバー編集

イザベラをリーダーとするガールスカウト。イザベラがリーダーをしているのは46321団(シーズン1:4期では46231団)で、メンバーはイザベラを含めて7人。全員オレンジ色の帽子とシャツに茶色のスカートを着ているが、入団の時に自分で作らなければいけないため、ユニホームはそれぞれアレンジしてある。いつもフィニアスとファーブの計画を手伝ってくれる頼もしい存在。以下の6人のほかに2人、ブロンドとブルネットのメンバーがいる。設立者はイライザ・M・ファイヤーサイド(Eliza M. Feyersied)。
アディソン・スウィートウォーター(Adyson Sweetwater)

詳細は「アディソン・スウィートウォーター」を参照

声 - マディソン・ペティス
一日で6個のワッペンをもらった最高記録を持っていたが、キャンディスに破られた。服のアレンジは、シャツがノースリーブになっている。帽子の下に赤いヘアバンドをしている。
ケイティー(Katie)

詳細は「ケイティー」を参照

声 - イザベラ・エーカーズ永田亮子
金髪で緑色の目をした子。服のアレンジは、襟が赤い。第31話Aパートではグレッチェンと一緒に、また第43話Bパートではミリーと一緒にドゥーフェンシュマーツの自宅兼研究所に行ったことがある。
グレッチェン(Gretchen)

詳細は「グレッチェン」を参照

声 - アリエル・ウィンター伊東久美子
副リーダー的存在。やや小柄でメガネをかけている(第73話Aパートを除く)。グレッチェンの服だけ通常のオレンジのシャツである。
ジンジャー・ヒラノ(Ginger Hirano)

詳細は「ジンジャー・ヒラノ」を参照

声 - ティファニー・エスペンセンミカエラ・ジーちふゆ
ステイシーの妹。バルジートに関心があるが、そのことをメンバーに話しても誰も話に乗ってくれない。服のアレンジは、シャツの袖のさきが赤く、タートルネック
ホリー(Holly)

詳細は「ホリー」を参照

声 - シンフォニック・ミラーダイヤモンド・ホワイト根本圭子
アフリカ系で鼻がすこしつぶれ気味になっている。時折、前歯が出ていることがある。服のアレンジは、襟が赤く袖に切れ目が入っている。
ミリー(Milly)

詳細は「ミリー」を参照

声 - イザベラ・ミュラド
そばかすがあり髪にリボンをつけている。服のアレンジは、シャツの裾と袖のさきに波線の赤い模様があり襟が赤い。

キャンディスの関係者編集

ステイシー・ヒラノ(平野)(Stacy Hirano)

詳細は「ステイシー・ヒラノ」を参照

声 - ケリー・ヒュー植竹香菜松元恵
キャンディスの大親友である日系アメリカ人。キャンディスの何でも話せる相手でアドバイザーで良き理解者。母親は医者。非常に友達想いで、告げ口に熱心になるあまり無茶な行動に出るキャンディスに付き合ってあげている。ステイシー自身はフィニアスとファーブを目の敵にしているわけでは無く、二人の発明を一緒に楽しんだり、「弟達すごいじゃない!」と感心することも多い。日本にいとこが大勢いて、祖母はテンプラ屋をやっている。20年後の世界ではウルグアイの大統領を勤めている。
第85話ではステイシルダの名で(名前のみ)出演している。
第109話Bパートで、メインキャラではビューフォードの次にドゥーフェンシュマーツと会った[2]。ステイシーは同エピソードでさらに、エージェントPの姿のペリーと変装したモノグラム少佐にも会っていて、ペリーの正体を知っているのは彼女だけである(本来ならエージェントに遭遇すると記憶消去されてしまうが、少佐たちが現場に着く前に隠れていたので消去は逃れている)。
ジェレミー・ジョンソン(Jeremy Johnson)

詳細は「ジェレミー・ジョンソン」を参照

声 - ミッチェル・ムッソ手塚祐介
ミスタースラッシードッグというファストフード店でバイトをしている紳士的でとても優しい少年。キャンディスより1つ年上。シーズン1当初は、キャンディスと両思いなのに、お互い片思いだと思っている関係だったが、後に恋人となっていく。
第22話Aパートではジェレマイヤ、第73話Aパートではジェレバンク、第85話ではジェレマイアドの名で出演している。
スージー・ジョンソン(Suzy Johnson)

詳細は「スージー・ジョンソン」を参照

声 - カリ・ウォールグレン伊東久美子
ジェレミーの妹。フィニアス達よりも年下である。自分がジェレミーにとって一番の少女だと信じていて、キャンディスを敵視している。ジェレミーの前ではかわいい妹を装うがキャンディスの前になると凶暴になる。ペットに黒いプードルを飼っていて、このプードルもキャンディスの前では一緒に凶暴になる。しかし、周辺にジェレミーがいなくなると普通の少女に戻り、キャンディスとも普通に接している。どういう訳かビューフォードも敵視している。
ジョンソン夫人(Mrs. Johnson)

詳細は「ジョンソン夫人」を参照

声 - ジェーン・リンチ/根本圭子
ジェレミーとスージーの母。野生動物の保護に力を入れている。
ジェニー・ブラウン(Jenny Brown)

詳細は「ジェニー・ブラウン」を参照

声 - アリソン・ストーナー伊東久美子後藤沙緒里
キャンディスの友達。ヒッピーであり、いつも運動に参加しているため、出番が少ない。
フィニアスたちの友だちジャンゴは弟。
コルトレーン(Coltrane)

詳細は「コルトレーン」を参照

声 - コービン・ブルー増田裕生
ジェレミーのバンドのメンバー。ステイシーが気になっている。

その他の知人 編集

ビビアン・ガルシア=シャピロ(Vivian Garcia-Shapiro)
声 - アイリーン・ガリンドちふゆ
イザベラの母。陽気な性格。

エージェントPと周囲の人々編集

The O.W.C.A.編集

政府の秘密の組織の中の、誰も知らない部門の、そのまた誰も知らない小さな部門The O.W.C.A.(Organization Without a Cool Acronym)(日本語版では「音の響きが悪い頭文字が頭に来る」の略)のスパイ達はすべて動物で、エージェントPの他にもパンダのピーター、エージェントE(ワシ)、エージェントD(犬)、エージェントC(ニワトリ)エージェントM(サル)など多くが所属している。また、エージェント達は任務の時必ず帽子をかぶっている。ちなみに、昼食を社員食堂以外でとることは許されないらしい。

フランシス・モノグラム少佐(Major Francis Monogram)

詳細は「フランシス・モノグラム少佐」を参照

声 - ジェフ・“スワンピー”・マーシュ西村知道
エージェントPの所属するスパイ組織、The O.W.C.A.の司令官。本人曰く、体の35%が金属。正義のために行動し、ドゥーフェンシュマーツ博士が何かをしていると善悪問わず必ず悪事と決め付け、エージェントPに依頼する。一方で任務に関していい加減だったり、仕事より自身のことを優先するなどエージェントPを困らせることもしばしば。ある意味、ドゥーフェンシュマーツ博士の本当の宿敵である。
妻と、モンティという息子がおり、彼はエージェントになりたがっている。
カール(Carl Karl)

詳細は「カール」を参照

声 - タイラー・アレクサンダー・マン相馬幸人
モノグラム少佐の助手・見習い。大学生で、仕事は大学の単位取得のためのただ働きである。第98話にて、給料ありの実習生(名前だけだが)に昇格した。
パンダのピーター(Peter the Panda)
シアトルのアニマルエージェント。ドゥーフェンシュマーツ博士の宿敵になっていたことがある。『フィニアスとファーブ/ザ・ムービー』にも登場した。
エージェント・ピンキー(Agent Pinky)
声 - ディー・ブラッドリー・ベイカー
別名チワワのピンキー(Pinky the Chihuahua)。イザベラの飼い犬。何故かいつも体を震わせている。宿敵はプーフェンプローツ教授。『フィニアスとファーブ/ザ・ムービー』にも登場した。
エージェントT(Agent T)
カメのテリー(Terry the Turtle)。『フィニアスとファーブ/ザ・ムービー』に登場したアニマルエージェント。
ハリネズミ・ハーマン(Herman the Hedgehog)
アニマルエージェント。
ワンダ・アクロニム下級准尉(Wanda Acronym)
声 - ジェーン・リーヴス新田万紀子
チワワのピンキーのボス。カーラというカールそっくりな助手がいる。
エージェントM(Agent M)
猿のエージェント。
カタツムリ・セルゲイ/エージェントS(Sergei the Snail/Agent S)
カタツムリのエージェント。エージェントPの代理でドゥーフェンシュマーツ博士との対決の任務に当たったことがある。塩がニガテ。
ヌーのニュートン/エージェント・サイレントG
ヌーのエージェント。ディミナティブ博士の宿敵。
コントラクション大佐
モノグラム少佐の上司。

ドゥーフェンシュマーツ博士とその関係者編集

ヴァネッサ・ドゥーフェンシュマーツ(Vanessa Doofenshmirtz)

詳細は「ヴァネッサ・ドゥーフェンシュマーツ」を参照

声 - オリヴィア・オルソン高梁碧
ドゥーフェンシュマーツ博士の娘。16歳。誕生日は6月15日。ゴス系(ヴァネッサ曰くパンク)のグループと付き合っている。年頃のティーンエイジャーなので父親と仲良くしたがらないが、決して嫌ってはおらず、自分にも悪の素質があり、それが父親との共通点だと喜ぶこともある。また自分のため、頑張っている父親に感謝している描写もある。キャンディスほどではないが彼の悪事を母親に告げ口をすることもある。遊園地がニガテ。
ファーブに好かれており、彼女もファーブを気に入っている(あくまで友人として)。
初期はドゥーフェンシュマーツの助手だった。
第85話では水たまりの姫の名で出演している。
第84話Bパートで知り合ったモノグラム少佐の息子・モンティと極秘交際している(第94話Bパート、第101話Bパートなど)。
ノーム(Norm)

詳細は「ノーム」を参照

声 - ジョン・ヴィエナー武虎
「カモノハシの敵は人間だ!」ということでドゥーフェンシュマーツの作った人型巨大ロボ。ロボットだがリスがまわす回し車が動力源である。普段は自律的に動作しているが、中にはコクピットがあり、第21話AパートでエージェントPが中に入って動かしたこともある。
対エージェントP用に開発されたにも係わらず、ドゥーフェンシュマーツ博士がエージェントPにあっさり貸してしまったことがあり、その経緯からO.W.C.A.に入ったことがあるが、「動物じゃない」という理由で即クビになった。口癖は「ぼく、ノーム」。また人間になりたいと気持ちがあり、博士のことを「父親」として尊敬している。彼のピンチを救ったこともある。
第83話Bパートではスージーと共演した。
ロジャー・ドゥーフェンシュマーツ(Roger Doofenshmirtz)

詳細は「ロジャー・ドゥーフェンシュマーツ」を参照

声 - ジョン・オハーリー/杉山紀彰
ドゥーフェンシュマーツ博士の弟。第26話からダンヴィルの市長に就任する。
博士とは正反対に、母親から多くの愛情を注がれて育ったため博士には怨まれている。メラニーという秘書がいる。
22話Aパートではジェームソンの名で出演している。
シャーリーン・ドゥーフェンシュマーツ(Charlene Doofenshmirtz)

詳細は「シャーリーン・ドゥーフェンシュマーツ」を参照

声 - アリソン・ジャニー加藤優子
ヴァネッサの母親であり、ドゥーフェンシュマーツ博士の元妻で博士とは今でも離婚してよかったという程険悪だがドゥーフェンシュマーツという名字は変えていない。また博士が悪者だということは知らない。リンダとは同じ料理教室に通う仲である。ドゥーフェンシュマーツ博士に毎月巨額の慰謝料を払っている。博士と離婚した理由は、ミスタートマトというパペットが嫌だったかららしい。
第85話では湖の姫の名で出演している。
ロドニー(Rodney)
声 - ジョー・オランティア/樫井笙人
ドゥーフェンシュマーツ博士が所属する悪の組織「L.O.V.E.M.U.F.F.I.N.(本当は、「楽じゃないけどぶっとうしで悪いことをするまさに極悪非道な悪党がフィーバーする連合」だが、略すとラブマフィンになる)」のメンバーの1人。本名はアロイス・エバーハード・エリザベス・オットー・ウルフガング・ハイパティア・グンター・ゲーレン・ゲイリー・クーパー・フォン・ロッデンシュタイン(Aloyse Everheart Elizabeth Otto Wolfgang Hypatia Gunther Galen Gary Cooper von Roddenstein)であり、「ロドニー」と呼ばれることは嫌っている。
ドゥーフェンシュマーツ博士とは争ったりするため、ライバル関係。作った機械の名前には、末尾に「ライザー」を付ける。

その他編集

ダンヴィルの住人
背景、脇役、モブキャラなどで登場する。何故か非常に飽きっぽく、少しでも新しい物が出ると「○○分(もしくは秒・時間)も昔の物」と言って興味を持たなくなる。
ラブ・ハンドル(Love Händel)

詳細は「ラブ・ハンドル」を参照

1980年代に流行ったロックバンド。メンバーはボーカルのダニー(風雅なおと)、ベースのボビー・ファビュラス、ドラムのスワンピー・シャーマンの3人である。一度解散してしまったが、フィニアスとファーブの助けで再結成し(第14話)、その後もたびたび挿入歌で登場するようになった。
巨大赤ちゃんオバケ
巨大な赤ちゃんの頭。フィニアス達がお化け屋敷を作ったときから、たまに背景などに登場するようになった。その正体は謎に包まれている。
夫婦
いつも夫が問題を起こすが、ペリーとドゥーフェンシュマーツの戦闘の影響により問題が解決する夫婦。
公園にいる2人の男
第25話Bパートの挿入歌「パンツにリスがいるんだよ」にて登場した2人のラッパーだが、その後もモブキャラとして時々登場している。
ミープ(Meap)

詳細は「ミープ」を参照

声 - ロレンゾ・ラマス/杉山紀彰
かわいらしいエイリアンだが、実は宇宙警察。「ミープ」と普段はそれしか言えないが、翻訳機であるヒゲを付けると声は少し低め。
第92話の「ミープにめぐり逢えたら」でフィニアス達と再会した。
ペドロ(Pedro)
フィニアスとファーブの友達(本編中に名前は登場しない)。
ブリジット・オシノミー(Bridgette Oshinomi)

詳細は「ブリジット・オシノミー」を参照

ときどき登場するレポーター。作家としても知られており、リンダがサイン会に行ったこともある。
モンティ(Monty)
声 -セス・グリーン
モノグラム少佐の一人息子。本名はモンゴメリー・モノグラム。第84話Bパートの「落ち葉のスフォール」にて初登場した。
将来は父親のようになりたがっているが、少佐は自分の過去から違う事をやらせようとしている。
ドゥーフェンシュマーツ博士の娘のヴァネッサと密かに交際している。
ライラ・ロリベリー(Lyla Lolliberry)

詳細は「ライラ・ロリベリー」を参照

声 - サマンサ・ビー
シーズン4の「アメリカ=カナダ合同作戦」に登場するカナダのスパイ組織C.O.W.C.A.(カウカ)の人間のシークレットエージェント。エージェントPと手を組み、バニスター教授の悪の計画を阻止した。少し天然なところがある。
ミッチ(Mitch)
声 - デビッド・ミッチェル武虎
ミープの宿敵である宇宙の密猟者。別名はミープ・ミッチ。
ピンヘッド・ピエール(Pinhead Pierre)
声 - ジョン・ディマジオ/武虎
ローレンスが子供のころイギリスで放映された子供向け番組「ザ・ピンヘッド・ピエール・ショウ」の司会者。体に対して頭が小さい。
プーフェンプローツ教授(Professor Poofenplotz)
声 - アマンダ・プラマー
エージェント・ピンキーの宿敵で、世界征服をもくろむ女性科学者。第42話Bパートで、ドゥーフェンシュマーツの代わりに登場している。口癖は「呪ってやるチワワのピンキー!」。
ラブマフィンに入ろうとしたが、不採用だった。
サディアスとソーア(Thaddeus and Thor)
声 - ダニー・クックシー遠藤武(サディアス) - なし(ソーア)
フィニアスとファーブにそっくりな兄弟で、フィニアスとファーブと同じように想像力やメカを作る能力を持っているが、フィニアスとファーブとは違い、皮肉な事を言うため性格は冷たい。
しかし、やはりフィニアスとファーブのような才能までは持っておらず、「弟の発明対決」では見事に負けてしまった。
マンディ
声 - アリキ・セオフィロパウロス・グラフト/根本圭子
サディアスとソーアの姉。第34話Aパートでは、キャンディスに対決を挑んだが、負けてしまった。
ミシティ(Mishti Patel)
バルジートの幼馴染。バルジートがインドにいた4年前までは活発な少女だったが、再会したころにはすっかり女の子らしくなっていた。
ベン・バクスター
あこがれの一発屋というエピソードの「目指せスーパーアメリカンポップティーンアイドルスター」というイベントでフィニアスアンド
ファーブ・トーンズに契約を持ちかけてきた「ヒュージオーレコード社」の社長(?)
ガストン・ルモード
軍曹(Dream Sergeant)
声 - クランシー・ブラウン
第16話にてフィニアスとファーブが収容された「スマイルアウェイ少年院」のボス。
リアム・マクラッケン(Liam McCracken)
声 - ジェシー・スペンサー
シーズン4の「野生のペリー」に登場する大柄の男。ドゥーフェンシュマーツ博士に雇われてエージェントPを罠にはめるが、その後裏切って二人を倒そうとする。幼少時代にカモノハシによって母親と引き離された過去があり、それ以来カモノハシを憎悪している。
バニスター教授
シーズン4第106話に登場。ラブマフィンの悪の交換プログラムのドゥーフェンシュマーツ博士のパートナー。エージェントライラの宿敵。
本当はデンマーク出身だが、カナダ出身と出身地を偽っていた。(ラブマフィンでは出身地を偽った場合、罰則があるらしい。)口癖は「不幸になれライラ・ロリベリー!不幸になれ!」。
ドローレス
スラッシー・バーガーでジェレミーと一緒にバイトしてやる少女。

脚注 編集

  1. Sherry Robinson (テンプレート:Citation/showdate). “Quick wit, funny characters drive Phineas and Ferb”. The University of Tampa. テンプレート:Accessdate
  2. ドゥーフェンシュマーツの運転する車型ネーターがヒラノ家に突っ込んだため


フィニアスとファーブ
Phineas and Ferb promopic.jpg

メディア:フィニアスとファーブ」 | 「フィニアスとファーブのトークしまショー」 | 「フィニアスとファーブ/ザ・ムービー

主な文字: フィニアス | ファーブ | キャンディス | ペリー | モノグラム少佐 | ドゥーフェンシュマーツ博士 | リンダ | イザベラ

二次文字: バルジート | ビューフォード | ジェレミー | カール | ステイシー | ジンジャー | ミリー | ケイティー | ホリー | アディソン | グレッチェン | ローレンス

定期的な文字: 巨大赤ちゃんオバケ | ジャンゴ | コルトレーン | シャーリーン | ヴァネッサ | ロジャー | ビビアン | アービング | ジェニー | スージー | ダニー | ボビー | シャーマン | ミープ | ミッチ | ノーム | クライド | ベティー・ジョー | ピンキー | アルバート | パンダのピーター | バルーニー | クリンパルーン | シマウマの話 | モンティ | ヒルデガード | レジナルド | ウィニフレッド

マイナー文字: ジェリー | Khaka Peu Peu | The Regurgitator | ボブ・ウェバー | バルデグンド王女 | メリッサ | 無名のファイヤーサイド・ガールズ | エージェントE | ブロボットたち | ドリル軍曹 | Buck Buckerson | ティアナ・ウェバー | ジャック | ジェレミーのママ | ウェンディ | イライザ | ニコレット | マンディ | ミンディ | アマンダ | ルーシー | エイドリアン | ベッポ | Dr.ヒラノ | アナベル | サラ | ブリジット、ジョゼット、およびコレット | ライラ・ロリベリー | ミシティ | リアム・マクラッケン | ロドリゴ | モーグ | グレンダ・ウィルキンス | Dr. Gevaarlijk | ハインツ・ドゥーフェンシュマーツの母

ゲストキャラクター: サンタクロース | キム・ポッシブル | ピノキオ | Thor Odinson | スパイダーマン | ハルク | アイアンマン | レッド・スカル | ニック・フューリー | ヴェノム | Whiplash | MODOK

場所でまたはダンヴィル付近 ダンヴィル | ミスタースラッシーフランチャイズ | 悪のドゥーフェンシュマーツ社 | フリン・フレッチャー家 | アトランティス | グーゴルプレックス・モール

その他の場所: イングランド | ニューヨーク | ビッグ・ベン | 火星 | 東京 | ロンドン、イギリス | 中国 | インド | カナダ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki