FANDOM


ピクサー・アニメーション・スタジオPixar Animation Studios)は、アメリカの映像制作会社。コンピュータグラフィックスを用いたアニメーションを得意とする。 また、ピクサーはレンダリング用のソフト、RenderMan®の開発者でもある。 1986年2月3日創立。CGIアニメーションを産業とする。本社は、カリフォルニア州エメリービル、2006年5月5日より、ウォルト・ディズニー・カンパニーの完全子会社である。

歴史

1979年にルーカスフィルム社がニューヨーク工科大学からエド・キャットムル(現ピクサー社長)を雇用し創立したコンピュータ・アニメーション部門が、ピクサー・アニメーション・スタジオの前身団体である。その前身団体は『スタートレックII カーンの逆襲』や『ヤング・シャーロック ピラミッドの謎』を手がけている。その後、1986年、当時アップルコンピュータを退社したスティーブ・ジョブズらが1000万ドルで買収(内訳はジョージ・ルーカス自身に500万ドル、ルーカスフィルムに500万ドル)、「ピクサー」と名付けて独立会社とした。買収の背景として、ルーカスフィルムが7年間に及ぶCG作成ツールの研究に拠る現金流出を止めたかったことと、ルーカスフィルムの視点がCG作成ツールよりむしろ映画制作に移っていたことがあった。 ジョブズは買収資金として退社したアップルコンピュータの株を売り払った資金の一部を流用している. 独立当時の経営陣は、エド・キャットムル(社長兼CEO)、アルヴィ・レイ・スミス(エグゼクティブ・バイス・プレジデント兼制作監督)、スティーブ・ジョブズ(会長)であった。

当初ピクサーは、政府機関や医療機関等を顧客とするピクサー・イメージ・コンピュータというコンピュータグラフィックス製作用の専用コンピュータを中核とした、高級ハードウェアの製造会社であった。またその顧客のひとつにディズニーがあった。その当時、ディズニーは従来行っていた手間のかかるインクによるアニメーションの作画手法を、コンピュータとソフトを使った能率的で効率的な手法に切り替えるというCAPS(Computer Animated Production System)プロジェクトに取り組んでいたためである。 ピクサー・イメージ・コンピュータの売り上げは芳しくなかった。そのような状況でコンピュータの売り上げに貢献しようと、コンピュータ性能の実演の為デモンストレーション短編CGアニメを制作していたピクサーの社員ジョン・ラセター(現クリエイティブ担当エグゼクティブ・バイス・プレジデント)は、SIGGRAPH86で短編CG『Luxo Jr.』の公開及びレンダリングプロトコル RenderManの提案をした。 ピクサー・イメージ・コンピュータとソフトウェアを分離してソフトウェア部分を改良し、PhotoRealistic RenderManとして販売を開始する。

コンピュータおよびソフトウェアの売り上げは少なく,会社の業績が悪化したため、ラセターのアニメ開発部門は、外部企業のためのCGアニメのコマーシャル制作を始めた。その間ピクサーは、ウォルト・ディズニー・フューチャー・アニメーションとの関係を継続し、ディズニーのCAPS(コンピュータによるアニメの開発支援ポストプロダクションソフトウェア)の重要な技術参加企業になった。 ピクサー・イメージ・コンピュータ部門は1990年 Vicom Systems 社に200万ドルで売却される.その後、ピクサーとディズニーはCG長編アニメーション映画の制作のため、2600万ドルの契約を行った。

1988年に発表した短編CGアニメ『ティン・トイ』はアカデミー賞で短編アニメ賞を受賞。1995年にはディズニーとの共同製作で世界初のフル3DCGによる長編アニメーション映画『トイ・ストーリー』を発表する。1999年には『トイ・ストーリー2』でゴールデングローブ賞最優秀作品賞を受賞。2003年には『ファインディング・ニモ』でアカデミー長編アニメ賞を受賞した。 2009年『カールじいさんの空飛ぶ家』で第66回ヴェネツィア国際映画祭名誉金獅子賞をチーム受賞し、カナダに新しくスタジオを開設した。

作品

ピクサーは脚本を12人で分業している。 「笑い担当は○○」のように、シーン毎に担当者を ディレクターのような人が割り当てて行っている。 それに加えて、脚本を練りこむのに時間をかける事で有名。 平均で一本2、3年かかるそうである。 又、ピザプラネットの車やA113以外にも、作品間でセットやキャラクターを共通化させることもある。
(例としては「モンスターズ・インク」でランドールが追放された人間界は、「バグズ・ライフ」での虫の町があるトレーラハウスと同じ位置)

長編

( )内は日本での全国公開日

アカデミー特別業績賞受賞(ジョン・ラセター)
第76回アカデミー賞長編アニメ部門受賞
第77回アカデミー賞長編アニメ部門受賞
第80回アカデミー賞長編アニメ部門受賞
第81回アカデミー賞長編アニメ部門受賞
第82回アカデミー賞:長編アニメ部門・作曲部門受賞、作品部門ノミネート
第83回アカデミー賞:長編アニメ部門・主題歌部門受賞、作品部門ノミネート

短編

※『アンドレとウォーリーB.の冒険』は正確にはルーカスフィルムで制作されている。ただし実際の制作にかかわったスタッフの多くは、後にピクサーへ移っている。さらに、2008年11月7日にディズニーからDVD・ブルーレイで発売された、「ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー 完全保存版」に、『アンドレとウォーリーB.の冒険』から『リフテッド』までの短編作品が収録されている。

関連項目

  • RenderMan(レンダーマン)
  • A113 - ピクサーの長編作品全てに見ることができる、仲間内ジョーク。
  • 24時間テレビ 「愛は地球を救う」 - 2009年(第32回目)のチャリTシャツを制作。
  • スカイウォーカー・サウンド - ピクサーの全作品で音響効果編集を担当している。
  • 映画の達人 - 番組でピクサー特集が組まれスタッフが出演した。

外部リンク

テンプレート:Link GA

テンプレート:Link GA

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki