FANDOM


ハートの女王(ハートのじょおう、Queen of Hearts)はふしぎの国のアリスに登場するチェコのお城に住むの人物である。ラース

ディズニーにおけるハートの女王 編集

キャラクター造形として、続編である『鏡の国のアリス』に登場する赤の女王の言動なども取り入れられている。

わがままでケチな女王。インチキなうえに部下のトランプ兵が気に入らないと簡単に首を刎ねることを指示するため、恐れられている。自分より体格の大きなものには弱い様子である。趣味はクロッケーだが、当然まともにやることはない。

声優 編集

作品 声優
ふしぎの国のアリス1951年ベルナ・フェルトン小沢寿美恵
ハウス・オブ・マウス2001年トレス・マクニール片岡富枝
キングダム ハーツ2002年トレス・マクニール小沢寿美恵

テンプレート:ネタバレ

ふしぎの国のアリス 編集

ホワイト・ラビット、トランプの兵士、ハートの王などとに住んでいる。ある日、城にアリスが迷い込み、クロッケーを挑む。そのうちに、色々な問題が起こり、騒動となり、女王名物の不公平な裁判に至る。結局アリスと対立した王国は総動員でアリスを追い回すが、不思議の国はアリスの夢の中の世界でしかなかった。

ハウス・オブ・マウス 編集

客の一人として登場。彼女の提供する「ハートの女王のグリーティングカード」はカードゲームであるのだが、このゲームにおいてのみ、女王は一切インチキをしないらしい。また、トランプ兵の証言によると、女王はこのカードゲームが冗談抜きで強いらしい。

キングダムハーツ 編集

ハートを盗まれかけた女王は癇癪を起こし、通りかかった少女アリスが犯人だと言い出す。それを聞いた少年・ソラは、アリスの死刑を中止にさせるべく心当たりがあると言う。結局、アリスを人質に女王は犯人の証拠の提示を求めるが、その間にアリスが真犯人に捕まってしまう。

キングダムハーツ チェインオブメモリーズ 編集

記憶を盗まれた女王は癇癪を起こし、通りかかった少女アリスが犯人だと言い出す。それを聞いた少年・ソラは、アリスの死刑を中止にさせるべく「俺が犯人だ」と言う。ソラに逃げられた女王は部屋で彼らを追い詰めるが、アリスの嘘にはめられ、事は解決する。

関連項目 編集

he:מלכת הלבבות

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki