FANDOM


ハリウッド・ピクチャーズHollywood Pictures)はウォルト・ディズニー・カンパニー傘下の映画製作スタジオの一つ。

概要

タッチストーン・ピクチャーズや他のディズニーのスタジオのように、主として大人向けの映画を製作する。 最初の作品は『アラクノフォビア』(1990年)。設立当初ディズニーのCEO(当時)であるマイケル・アイズナーは、当初からハリウッド・ピクチャーズをタッチストーンのように完璧な製作スタジオとしようと意図していたにもかかわらず、近年そのオペレーションは縮小し、経営はウォルト・ディズニー・ピクチャーズスタジオに併合された。 これまでで最も収益をあげた作品は『シックス・センス』で、北米興行収入で2億ドル以上であった。

しかし、このブランドは最近ジャンルフィルム配給部門として復活された。 再建の第一弾映画は、ホラー映画の『ステイアライブ』(2006年)で、ここ5年間で最初の配給作品となった(最後の映画が製作されたのは2001年)。

ウィリアム・ブレントとマシュー・ピーターマン曰く、 「要はブエナビスタ(現ウォルト・ディズニー・スタジオ)が配給する『ステイアライブ』にハリウッド・ピクチャーズレーベルを冠したんだよ。 それで映画の結果に満足したら、ブエナビスタはもう一度ディメンション・フィルムズスクリーン・ジェムズのブランドとして立ち上げるつもりなんじゃないかな。」 [1]

多くの映画評論家はハリウッド・ピクチャーズの作品に批判的で、こんな不名誉なモットーを得ている。

"If it's the Sphinx, it stinks." - スフィンクス (Sphinx) だったら、悪臭を放つ (stinks)

(ハリウッド・ピクチャーズ作品のロゴにスフィンクスが使われているから)

主な作品

Category:ハリウッド・ピクチャーズの作品」も参照

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はハリウッド・ピクチャーズにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki