FANDOM


キャンディスはジェレミーとデートする予定だが、行き先は『サプライズ』。楽しみにしていたところ、ビューフォードが発明品をいじったせいで、キャンディスはハエになってしまう。

あらすじ

ハエになったキャンディス』(原題:“Fly On the Wall”)は、アメリカのテレビシリーズ「フィニアスとファーブ」の第4シーズンの第1話の前半についていた。もともとは2013年1月11日アメリカ合衆国ディズニー・チャンネルで放映されてしまう。エピソードを原案はJim Bernsteinが務め、監督はSue Perrottoが務めるが、Russell Calabreseは助監督だった。

ビューフォードは、少年たちが構築しているタイヤのスイングから一部を削除し、それが偶然ハエにキャンディスをオン光線を撮影する。一方、ドゥーフェンシュマーツは悪の科学者のブロックに苦しんでいる。

プロットの概要 編集

キャンディス永田亮子アシュレイ・ティスデイル)が取得しようとしているがステイシー松元恵ケリー・ヒュー)のヘルプはジェレミー手塚祐介ミッチェル・ムッソ)、フィニアス宮田幸季ヴィンセント・マーテラ)とファーブ増田裕生トーマス・サングスター)を把握しようとしていると彼女の驚きの日のために着用するのを把握するためにどのように彼らは、日々のプロジェクトの部品が到着しなかった後に何をするつもりだ。ビューフォード杉山紀彰ボビー・ゲイラー)とイザベラ河原木志穂アリソン・ストーナー)が、古い本発明の一部を変更することをお勧めしたら、バルジート中塚玲モーリク・パンチョリー)はそれを反駁してしまった。フィニアスは、夏の精神で新しい、シンプルなものを構築することを決定した。子供たちの全ては、彼らが歌を知っている方法を覚えしようとするが、ビューフォードは、タイヤスイングを構築するのにフィニアスを鼓舞したのだ。ペリーはどこに行ったフィニアスは突然に不思議だ。

ペリーディー・ブラッドリー・ベイカー)が、彼の隠れ家に入り、ドゥーフェンシュマーツ博士多田野曜平ダン・ポベンマイヤー)は「サメ」であったモノグラム少佐西村知道ジェフ・“スワンピー”・マーシュ)によって語られていた。カール相馬幸人タイラー・アレクサンダー・マン)はすぐに、これは「公園で」ある。モノグラムは、それは彼が考えていたがはるかに少ないheebie-jeebieがあるとして、問題に対処するためにペリーを送信するために補正してしまえる。

子供たちは彼らの巨大なジェット駆動のタイヤスイングを構築しているが、フィニアスはバルジートと計算を確認する為に離れて歩く。ビューフォードは忙しそうするように、コントロールとフィドル、およびコントロールが光る線を放出させる道具を削除してしまわれた。彼はすぐに道具を置き換え、その道具を削除するとどうなるのかフィニアスを尋ねる。フィニアスは、異なる部分を除去してシャーベット機にコントロールを回すことができることを指摘し、コントロールがハエに人を回す光線を発射する原因となる割り出す。

一方、キャンディスは、毛の弓のステイシーの提案は彼女に良い見ていないことを認識し、それを除去するために行くが、彼女はその場になっていていることを実現していく。彼女はリンダ込山順子キャロライン・レア)の注意を取得しようとするが、彼女の母はちょうど彼女はハエの思考、離れて彼女をshoos。キャンディスは、持続的にリンダに続き、誤って車が離れて引っ張るように戻ってウインドシールドを打つ、彼女と一緒に車になってしまいだった。

ダンヴィル・パークで、ペリーは、ドゥーフェンシュマーツはピクニックを横切っていた。ドゥーフェンシュマーツは彼を結合するためにペリーを招いたが、布が道を与え、6にペリーをトラップする。ドゥーフェンシュマーツは、その後、彼の最新ネーターを明らかにする。フィードハトネーターだ。ペリーは感銘を受けてしまうが、ドゥーフェンシュマーツはハトを供給する公園で禁止するため、違法であることを指摘することによって、それを合理化しているのだ。彼はその後、ため息をついて、彼はそれが4年間続いてきているように感じている夏の間に乾燥呪文をヒットした悪の科学者のブロックに苦しんでいるということペリーに伝わる。彼はペリーの助けを求めると、カモノハシはすぐにトラップからホップ、ドゥーフェンシュマーツと去っていく。

タイヤスイングを終えた後、子供たちはすべてのそれをテスト。タイヤ内部の子供たちとの最初のテストの後、フィニアスは一つの大きなタイヤからぶら下がって、個々のタイヤに、それらのそれぞれをぶら下がっボタンを押したのだ。誰もがそれを楽しんでいたのだ。ペリーは彼が成功したネーターで最高潮に達する、彼のブロックから抜け出すのを助けるための演習や絵画の一連のドゥーフェンシュマーツを入れる。

キャンディスは、まだ車の中でリンダの注意を取得しようとしているのは、リンダは車の外に飛ぶためにキャンディスを引き起こして、ウィンドウを下ロール。彼女はその後、最終的にはジェレミーの部屋で終わる、ダンヴィル全体に飛ぶ。コルトレーン(増田裕生/コービン・ブルー)と彼の電話の会話での聴取、彼女は彼が彼がロデオに彼女を取っていると言うこと聞くのだ。彼女は今、何を着ていくのを知っているが、ジェレミーは彼女のスワットにしようとしたのちに残す必要があるため、キャンディスは感激である。彼女はすぐにファイヤーサイドガールズの一部からこの時間は、プロセス内の人間の頭と別のハエに出くわす、瓶にトラップ彼女にしよう、と成功し、再び逃げることを余儀なくされてしまうところだ。

タイヤスイングに乗って終わった、とイザベラはそれを宣言し、「これまでで最も楽しいだ。」彼らはバルジートが気付き、別の乗車のためにセットアップするための準備「オレンジ髪のハエをしてくれ。」フィニアスは、検索し、キャンディスであることを実現し、ビューフォードは、道具を削除していたことだ。ビューフォードは再びマシンに台無しにし、最終的に戻って、それらを言いつける恐れ誰が、通常のキャンディスを取得することができれば、同様に感謝してしまうのだ。ビューフォードは、その後、コントロールの「FLY」ボタンを認識し、空気と宇宙空間で終わるためにその支持極に飛行するタイヤスイングを引き起こし、それをプッシュする。イザベラは楽しみが終わったことに失望しているが、フィニアスはシャーベットメーカーにマシンをオンにし、彼の友人にシャーベットを提供してきた。

ギャラリー編集

キャスト 編集

日本語吹替 編集

英語吹き替え編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki