FANDOM


この記事は最新作品に関する情報を扱っています。ネタバレにご注意下さい。

トニー・ライディンジャー(Tony Rydinger)は映画『Mr.インクレディブル』とその続編に登場するキャラクターである。

設定

第1作ではトニーの人となりが分かるようなシーンは少ないが、ラストシーンで雰囲気が変わったヴァイオレットと会話した際には非常に緊張して、言葉がどもりがちになっていた。

続編では優等生であることがわかり、またたいへん接しやすい青年であることが明らかになった。また彼は正直者で、リック・ディッカーの取り調べを受けた際には、ヒーロー姿のヴァイオレットを目撃してしまった件や、彼女に対して抱いた印象まで、包み隠さず打ち明けている。またその際、彼は法律で禁止されているスーパーヒーローの活動についても肯定的な意見を口にした。

ヴァイオレットに関する記憶を一切消されてしまった後も、トニーはもはや他人同然である彼女から話しかけられても礼儀正しく受け答えした。またバイト先の飲食店で再会した際に、ヴァイオレットがびっくりして水を噴き出してしまったときも優しく接した。記憶を失ってから、決して好印象とは言えない出会いを重ねたにも関わらず、やがてトニーは再びヴァイオレットと仲良くなり、デートの約束を受け入れている。

登場作品

Mr.インクレディブル

映画の序盤、ヴァイオレット・パーは片思いの相手である同級生のトニーを少し離れた場所から見つめるが、恥ずかしがり屋な性格のため話しかけることもできずにいる。トニーが視線に気づいて振り返ると、ヴァイオレットはスーパーパワーを使って透明になり、姿を隠してしまう。

映画のラストシーンで、トニーはダッシュたちが参加した陸上競技大会の会場を訪れ、これまでとは雰囲気が違うヴァイオレットと出会う。トニーはヴァイオレットに話しかけ、なかば彼女に促されつつ、彼女を映画館のデートに誘うことに成功する。

インクレディブル・ファミリー

続編『インクレディブル・ファミリー』では、トニーは前作よりも重要な役割で再登場を果たす。本作はリック・ディッカーによるトニーの取り調べシーンから始まり、トニーによる回想が、本編への導入の役割を果たす。

前作『Mr.インクレディブル』の直後、トニーは陸上大会の帰りに、アンダーマイナーの襲撃に巻き込まれる。その際、彼はアンダーマイナーに立ち向かう奇妙なスーパーヒーローの一家と遭遇した。そして彼は偶然、そのうちの1人がマスクを脱ぐ瞬間を目撃し、それがヴァイオレットであることに気づく。しかし彼は混乱のあまりヴァイオレットと会話ができず、そのまま逃げ出してしまった。

その後、ヴァイオレットの父ボブ・パーから事情を聞いたディッカーは、トニーを呼び出して取り調べを行い、スーパーヒーローに関する記憶を消した。しかし不運にもトニーはヴァイオレットの存在そのものを忘れてしまい、『Mr.インクレディブル』のラストで約束したデートにも現れなかった。後日、トニーは学校でヴァイオレットに話しかけられても、彼女が誰か思い出すことができなかった。

親が経営している飲食店「幸せのお皿」でバイトをしていた時、トニーは家族と一緒に来店したヴァイオレットと再会する。ボブがディッカーからトニーのバイト先の情報を聞き出し、娘を喜ばせるため偶然の出会いをお膳立てしたのである。しかしヴァイオレットは驚きのあまり飲んでいた水を鼻から噴き出してしまい、その後は恥ずかしさのあまりロクに会話することもできなかった。

Mr.インクレディブル一家とイヴリンの戦いが終わり、スーパーヒーローの活動が再び合法化された後、ヴァイオレットは再びトニーと仲良くなり、彼をデートに誘うまでになった。トニーとヴァイオレットはパー一家の車で映画館へ送ってもらうことになったが、道中、銃撃戦を繰り広げる2台の車と遭遇した。家族がヒーローとして出動しようとしていることに気づいたヴァイオレットは、すぐにトニーを映画館の前に降ろし、映画には間に合うよう戻ると約束して姿を消した。

トリビア

  • 『インクレディブル・ファミリー』では前作よりも若々しくスリムで、より暗い髪色のキャラクターとして描き直されている。


テンプレート - 編集
The Incredibles Logo
メディア
Mr.インクレディブルインクレディブル・ファミリー
キャラクター
Mr.インクレディブル:ボブ・パーヘレン・パーヴァイオレット・パーダッシュ・パージャック・ジャック・パールシアス・ベストエドナ・モードカーリ・マッキーンシンドロームミラージュゲイザービームトニー・ライディンジャーリック・ディッカーアンダーマイナーギルバート・ハフボム・ヴォヤージュバーニー・クロップハニー・ベストラスティ・マカリスター

インクレディブル・ファミリー:ヴォイドウィンストン・ディヴァーイヴリン・ディヴァーセリック大使ブリックリフラックスクラッシュアースクリーチヘレクトリクススクリーンスレイヴァーロッキー

ロケーション
メトロヴィルエドナのマンションパーの家ノマニザン島
オブジェクト
インクレディモービルマンタ・ジェットオムニドロイドv.8オムニドロイドv.9オムニドロイドv.10イラスティサイクル