FANDOM


デイヴィ・ジョーンズDavy Jones)は、『パイレーツ・オブ・カリビアン』に登場する悪役の一人。タコの姿をしており、フライング・ダッチマン号の船長である。「深海の悪魔」と言われる。ビル・ナイが演じており、日本語版の吹き替えは大塚芳忠。右手の人差し指がたこ足で左腕が蟹の鋏であり、右足が蟹の足である。ちなみに、"Davy Jones's Locker" は、英語で「海の底」という意味で、名前はこのイディオムから来ている。

略歴 編集

2作目の『デッドマンズ・チェスト』から登場した。彼に魂を売る契約を結ぶことで、死を先延ばしできたり何かと交換できたりする。そしてその契約期限が切れると、彼のフライング・ダッチマン号の船員として100年奴隷として働くことになる。ジャック・スパロウは過去にジョーンズに魂を売って13年間ブラックパール号の船長になることが約束された。2作目ではジャックに100人の奴隷を連れてくるか、100年間奴隷としてフライング・ダッチマン号で働くかを迫った。

彼は昔、海の女神カリプソに恋をしていた。しかしカリプソはジョーンズを愛していなかった為ジョーンズは失恋し、恋の苦しみに耐えられず自分の心臓を抉り出して、宝箱に納めた。その後彼はカリプソから死んだ人間を天国へ送るという使命を命じられた。しかしその使命を拒んだために深海生物の姿に変えられてしまった。なお、ジョーンズの人間時の姿は『ワールド・エンド』でワンシーンのみ登場する。彼は死にかけの水夫を見つけては自分の船員(奴隷)にしている。

心臓が体外にあるため不死身である。ジョーンズの心臓は宝箱(デッドマンズ・チェスト)の中に納められており、クルーセル島に隠されている。またその箱の鍵はジョーンズ自身がタコひげの中に隠しもっている。ジョーンズを殺すか従わせるかして彼との契約から逃れるためには、宝箱と鍵が必要なのである。

2作目では、ジェームズ・ノリントンの手によって、ジョーンズの心臓はカトラー・ベケット卿の手に渡っている。

3作目では、心臓を所持しているベケット卿により協力を強いられ、渋々彼に従う。ブラックパール号との戦いのさ中、自分の心臓の入った宝箱の鍵を持っているマーサーを殺し、再びダッチマン号の船長となる。その後宝箱を盗んだジャックとの激闘の末、宝箱をウィルに奪われそれを取り返すためにエリザベスウィルを戦闘不能にする。ウィルを脅迫するが、逆に宝箱を開け心臓を取り出したジャックに脅される。しかし、最後の選択でウィルの胸を剣で突き刺した。しかし、ジャックが折れた剣をウィルに持たせて心臓を刺し、ジョーンズはカリプソの名前をつぶやきながら巨大な渦の中に落ちて行った。

4作目では、網で、海に釣れるとたん...、ジョーンズは、髭と足に手に人間に戻ったのビックリです。ジョーンズと運ぶとフィリップが、遣って来て、ジョーンズは、生命のコップ2個貰いました。終盤では、ブラック・パール号では、バルボッサとジョーンズは、2人にリーダーの退散に成りました。

モデル 編集

モデルは、実在するカリブの海賊、黒髭エドワード・ティーチだと言われている。黒髭は、その名前通り髭が濃くて髪も長く、その伸ばした黒髪と髭を何本も編み下げて垂らしていたと言う。

フライング・ダッチマン号の設定は、イギリスに伝わる幽霊船フライング・ダッチマンの伝承と、この伝承を題材にしたワーグナーのオペラ『さまよえるオランダ人』と共通点が多い。

その他、デイヴィとカリプソとの関係は同じディズニーの作品であるアニメ『ガーゴイルズ』のデモーナとマクベスをモデルにしている。マクベスも本作で目的のためにデイヴィと同じく魂を売り渡しており、信じていたはずのデモーナに裏切られている。デイヴィもマクベスと同様に信じていたカリプソに裏切られている。マクベスもデイヴィと同様にデモーナと相打ちにならない限り不死身である。同様にカリプソが牢獄でデイヴィと再会するシーンはデモーナと娘のアンジェラが牢獄で再会するシーンがモデルとされている。

関連項目 編集


bg:Дейви Джоунс (Карибски пирати) cs:Davy Jones (Piráti z Karibiku) da:Davy Jones (Pirates of the Caribbean)hu:Davy Jones (A Karib-tenger kalózai)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki