FANDOM


デイジーダック 
 Daisy Duck
Daisydisney.jpg
種類 アヒル
初登場作品 ドナルドのメキシカン・ドライブ(1937)
原語版声優 トレス・マクニール(現在)
日本語版声優
BVHE
土井美加

デイジーダック (Daisy Duck) は、アヒルをモチーフにしたディズニーアニメキャラクタードナルドダックのガールフレンド。後頭部の大きなピンク色のリボンが特徴。

声優編集

作品 声優
クラシック短編映画1937年1940年クラレンス・ナッシュ
クラシック短編映画(1945年 - 1954年グロリア・ブロンデルEnglish版
ルース・クリフォード(『ドナルドの夢の声』)
ジューン・フォレイEnglish版(『ドナルドの日記帳』)
ミッキーのクリスマス・キャロル1983年パトリシア・パリスEnglish版
クワック・パック1996年キャス・スーシー
ミッキーマウス・ワークス(1999年 - ) トレス・マクニール

日本語吹き替え編集

  • ポニー版、バンダイ版のVHS(廃盤)では後藤真寿美
  • ポニー版、バンダイ版のVHS(廃盤)、BVHE版のVHS・DVD・BDでは土井美加が演じている。

来歴編集

1937年1月9日公開の短編映画『ドナルドのメキシカン・ドライブ』で初登場。この時は、ドンナ・ダックDonna Duck)という名前だったが、1940年の映画『ドナルドのダンス狂』から現在の名前になる。

性格編集

気が強く、勝気な性格であるためか、短気な性格のドナルドダックとケンカすることもしばしばだが仲は良くウエイターをやっていたグーフィーに「似た者同士、お似合いのカップルだね」と言われた。ミニーマウスとは親友であるが、ミニーがキュート系なしっかり者に対して、デイジーは大人っぽいセクシー系である。また、東京ディズニーランドのトゥーンタウンにあるミニーの家にある留守電話のメッセージから、(ドナルドに対して)ツンデレっぽい一面がある。短編作品では仲良くする回もあれば、ケンカをしてひどい場合は絶交までした回も存在しているが現在はそういうことはまったくなくむしろ前より仲が良くなっている。短編作品では主演作品はあったがメインとしての作品はなかったが「ハウス・オブ・マウス」では、ほかのキャラ同様メインとして出演する回が増えた。

ショッピングが好きで目立ちたがり屋でもある。テレビシリーズの「ハウス・オブ・マウス」ではたびたびステージを乗っ取り、ディズニーの曲の替え歌を歌っていた。ミッキーばかりチヤホヤされることを不満に思っているドナルドを励ましたり、助けたりするなど彼を思うことが多い。お母さんキャラの様なところもある。

家族編集

ドナルドダックに三つ子の甥(ヒューイ・デューイ・ルーイ)がいるのと同様に、三つ子の姪がいて、名前はエイプリル、メイ、ジュンである。

出演作品数編集

映画の出演作品数は14本と非常に少ないものの、ミニーマウスと並んで女性を中心に人気が高い。

ベビィデイジーダック編集

デイジーダックは、赤ちゃんの頃ベビィデイジーだった。

グッズ編集

2006年1月17日~2006年4月4日に東京ディズニーランドで開催されたディズニープリンセス・デイズでは、1月17日限定でデイジーダックのイラストをあしらったカップ付デザートが販売された。販売個数が少なかったせいもあり、販売開始数時間で売り切れとなっている。

関連項目編集

外部リンク編集

テンプレート:Disney character テンプレート:ファンタジア テンプレート:Anime-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki