FANDOM


編集

 
ノーフード
失われたショッピング・モール
No Food and Lost of The Mall
監督 バイロン・ハワード
クリス・バック
脚本 アッシュ・ブラノン
クリス・バック
製作 ジョン・ラセター
クリストファー・ジェンキンス
音楽 ハンス・ジマー
製作会社 ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオズ
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
公開 Flag of the United States 2013年10月19日
Flag of Japan 2013年11月24日
上映時間 89分
製作国 Flag of the United States アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000
興行収入 $109,862,682

ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ』の2013年から2002年に戻って開始

ノーフード 失われたショッピング・モール』(原題:No Food and Lost of The Mall)は、2013年に公開されたディズニーによる映画。

ストーリー 編集

映画名 物語
ノーフード 失われたショッピング・モール アメリカ・ニューヨークの人々はコンビニやスーパーマーケットで無銭飲食するマナーの悪い客に悩みを抱えていた。
それは、年に一度のニューヨークの新名所の「グランド・モール」落成式が開催される時が来たからだ。リムジン運転手のドラ息子のバックと電力会社の娘のアニーは無銭飲食防止をキャンペーンに特別特命課「ノー・フード」を結成して、マナーの悪い客を逮捕して、店を守っていた。
その途端、マナーの悪い客をマナーを守る客に変えて、マナーを守る客は「ルーレット」と呼ばれており、バックやアニーと友情は深まった。
これで一件落着。そんなある夜、ニューヨークのコンビニやスーパーマーケットは謎の被害に遭っていた。
それを目撃したショッピング・モールの支配人ワルクートさんの話によれば、犯人は「無銭飲食大王」という大男だったと言う!街の人々から迫害を受けるようになった2だったが、ショッピング・モールの店員ティム・マクレモンから無銭飲食大王を捕まえるチャンスをもらえる事になる。それに目を付けた警部、ビリー・ウォーターバースが無銭飲食大王の逮捕を勝手に引き受けた。
果たして、バックとアニーはこの難事件を解決できるのか?それとも無銭飲食大王の正体は?

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki