FANDOM


ダックバーグDuckburg)は、ディズニーのコミックブックおよびアニメ作品に登場する架空の都市で、ドナルド・ダックスクルージ・マクダックヒューイ・デューイ・ルーイデイジーダックたちが住んでいる。 この街は1944年のカール・バークスによる漫画Walt Disney's Comics and Storiesの #49で初めて言及された。

歴史編集

ダックバーグという街は、バークスや、現在もダックシリーズの漫画を制作しているドン・ローザといった多くの漫画家たちによって描かれてきた。 ダックバーグという街はもともと、 16世紀にイギリス の開拓者フランシス・ドレークによって建てられた交易市場"Fort Drake Borough"だった。なお、ドレイクという名前はオスのアヒルを表し、 "borough"は"burg"の類義語である。

19世紀、そこに来たイギリス人w:Cornelius Cootによって現在の名前となった。 このときまでは静かで小さな町だったが、裕福な実業家スクルージ・マクダックがw:Cornelius Cootの子孫w:Clinton Cootから町を買い取って貯金箱製造事業を始め、ダックバーグ周辺に様々な事業を展開したことでダックバーグの人口が増え、数十年の間に小さな町から大きな都市へと変貌した。 カリソタ州の中でもっとも大きな都市ではあるが、州庁や立法機関などの言及がないことから州都ではない。 また、ダックバーグに市長とおぼしき人はいるが、都市国家ではない。 ダックバーグ大使館について言及された回は少なくとも1つはあり、その大使館はアメリカ合衆国の外にあり、立法機関に近い。 バークスによる大使館を扱った回には、緑の大地に白いあひるの職員がいて、ダックバーグの旗があった。 カリソタ州には、グーズタウンという街があり、ダックバーグとは長い間ライバル関係にある。

備考編集

  • 1987年のテレビアニメ『わんぱくダック夢冒険』におけるダックバーグの設定は漫画版をもとにしている。
  • 1990年のテレビアニメ『クワック・パック』においてダックバーグが登場した際、人口における人間の割合が多く、ドナルド一行と言った擬人化された動物は少なかった。また、 Money Binが見当たらない。
  • ダックバーグは、コンピュータゲームw:Donald Duck: Goin' Quackersでは第2ステージだった。
  • ダックにおまかせ ダークウィング・ダック』においてダックバーグという街自体は出てこなかったが、わんぱくダック夢冒険にも登場したことある ギズモダックがこの番組の中で,ダックバーグが自身の故郷であることをダークウィングに話した。また、ギズモダックのダックバーグからの行き先を示す広告には少しだけだがスクルージの姿も見える。
  • ダックバーグは1988 to 1996年まで開催された Walt Disney World's Magic Kingdomの Mickey's Birthdayland (のちにMickey's Starlandに改名)の舞台としてつかわれた。 この舞台には Grandma Duck's Farm や w:Cornelius Coot州もあったが、 burgeoning metropolisより田舎町だった。ダックバーグとMickey's Starlandの関係性は1996年にw:Mickey's Toontown Fairとして再オープンした際に改称されたが、 Cornelius Coot州は残った。テンプレート:Manga-stub

テンプレート:Anime-stub

da:Andebyeo:Anasurboid:Kota Bebek is:Andabærnn:Andebysk:Káčerovo sl:Račjigrad

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki