FANDOM


スカー(Scar)は、『ライオン・キング』に登場するバーバリライオンディズニーキャラクターである。ムファサの弟で、主人公シンバ叔父にあたる。ジラの夫で、ヌカビタニの父。

スカーの声優 編集

作品 声優
ライオン・キング1994年
ライオン・キング2 シンバズ・プライド 1998年
ジェレミー・アイアンズ壤晴彦
キングダム ハーツII2006年ジェームズ・ハーラン壤晴彦

テンプレート:ネタバレ

ライオン・キング&ライオン・キング3 ハクナ・マタタ 編集

ムファサの弟で、王位継承はムファサに継いで第二位であった。しかし、王子シンバの誕生に伴い第三位になってしまったことから嫉妬を燃やし、ムファサとシンバの暗殺計画を企てる。

スカーは密かに、ライオンの敵であるハイエナと手を組んでいた。手下のシェンジ・バンザイ・エドに暗殺計画を告げ、「ヌーの大暴走」を実行させる。シンバを谷に導きヌーの暴走で、ムファサを殺す。さらに、シンバに責任を負わせ、シェンジ・バンザイ・エドに殺すよう命じる。

ムファサ、シンバがいなくなり、ついに王位についたスカーはハイエナと国を支配し、メスライオンたちを支配下に置き、生活をしていた。

ある日、死んだと思っていたシンバが成人し、ナラティモンプンバァを引き連れ戻ってきた。スカーは実力でシンバを殺そうとする。勝負では押していたものの、最後に飛び掛った故にうまくプライド・ロックの頂上から突き落とされてしまう。その後、シェンジ・バンザイ・エドに助けを乞うが、直前に「真の敵はハイエナ」と言い逃れをしていたのを聞かれていたため、その3匹に食われるの代わりにネズミのエサの裏切られ殺害された。

スカーが、雨に濡れても、スカーにプライド・ロックにお祝いしましてた。

兄であるムファサとの会話の際に「知恵比べではこちらが勝つが、体力では兄には敵わない。」と話したり、動物が本能的に避けるはずの火の粉をシンバの顔に振り掛けるなど、密かに人間を暗示させる言動がある。しかし、老いているにもかかわらずシンバと互角以上に戦うなど、ライオンとしての強さは健在である。

ライオン・キング2 シンバズ・プライド 編集

スカーは生前ジラと結婚しており、息子ヌカと娘ビタニを授かる。タカのローリーのスカーの手下に成る。スカーの死後、スカーの一派は、アウトランドに追放された。実の息子ヌカが間抜けであったため、スカーは跡取りをジラの連れ子コブに命じる。夢の見たシンバにヌーの暴走にムファサとスカーに出会って、ムファサにシンバに手を届いて、スカーに手を握って、ムファサを殺す。さらに、シンバが、スカーにコブの邪魔にして、スカーが、止められないので、コブに手をはなして、シンバを殺す。ローリーは、スカーに眺めさせるの鳥に会いました。そして、スカーは、ローリーの背中に乗って、サイの暴走に去れていた。お池の見ていると…、スカーが、映しても、いらなくなるの止めてくる。スカーに雨に会ったのシンバに水溜に投げて留めません。スカーにライオン達に戦うのできません。スカーは、ジラにシンバに戦うの見て、スカーは、岩崖から落として、スカーは、地面に置かれて、川滝に流れ、スカーは、おぼれて過ごしてません。タカのローリーは、"スカー様"と言って、スカーとローリーに除かることなのです。そして、スカーが、プライド・ロックに生きて張れ、ムファサと教えて話せました。

キングダムハーツII 編集

ヌーの大暴走でムファサとシンバを殺し、王座についたスカー。そんな前に現れたピートは、鍵を持つ者(ソラドナルドダックグーフィー)に気をつけろと忠告すると、ハートレスの力を勧めてきた。そこへ現れたソラ達はナラと共に、死んだはずのシンバを引き連れてきた。

スカーはシンバと一対一で戦い突き落とされる。しかし、スカーの邪悪な心によって、ハートレスとして復活するが、ソラ達によって倒される。

その後、スカーの幻影が現れ、シンバを惑わすようになる。しかし、ソラ達に励まされたシンバはスカーの幻影を打ち消した。そして、幻影は一つの巨大なハートレスとなって襲い掛かるが、ソラとシンバの二人に倒された。


simple:Scar (The Lion King)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki