FANDOM


テンプレート:生物分類表

スイフトギツネVulpes velox)は、動物界脊索動物門哺乳綱ネコ目(食肉目)キツネ属に分類される食肉類。

分布

アメリカ合衆国中部[1][2][3][a 1]

絶滅した分布域

カナダ[3][a 1]

形態

体長42.5-53.8センチメートル[2]。尾長22.5-31.3センチメートル[2]。体高30-32センチメートル[2]体重2.3-2.4キログラム[2]。尾の体長に対する比率は52%[2]。指趾の裏は体毛で被われる[2]。四肢や体側面、尾の腹面の毛衣は橙褐色[2]。鼻面の側面に黒い斑紋が入る[2][3]。尾の先端は黒い[1][2][3]

耳介はやや短く、7.5cm以下[2]。瞳孔はやや丸みを帯びる[2]

夏季は毛衣が灰赤色、冬季は毛衣が暗灰褐色[2]

生態

草原に生息する[2]夜行性で、巣穴などで休む[2][3]。巣穴は巣室とトンネルからなり入口が複数あり、自分で掘るほかにプレーリードッグ属の古巣も利用する[2][3]

食性は雑食で、小型哺乳類、鳥類爬虫類昆虫などを食べるが、オグロジャックウサギも食べる[2][3]

繁殖形態は胎生。妊娠期間は49-50日[2]。2-4月に1回に3-7頭の幼獣を産む[2][3]。幼獣は生後3か月で自分で採食を行い、オスは生後10か月で独立する[2]



有名なスイフトギツネ


人間との関係

開発による生息地の破壊、毛皮目的の狩猟[1]、毒餌によるコヨーテ駆除の巻き添え、交通事故などにより生息数は減少した[4][5][6]。近年ではカナダで石油や天然ガスの採掘調査による影響およびそれによる交通事故の増加が懸念されている[4]。カナダでは1928年の採集例、1938年の目撃例を最後に絶滅したと考えられている[4]。カナダでは1983年から他地域の野生個体をアルバータ州やサスカチュアン州などへ再導入する試みが進められている[4][5][6]。1983 - 1997年には飼育下繁殖個体も含め942匹を最導入した[4]。カナダでの1996 - 1997年における個体数は289匹、2000 - 2001年における個体数は新たに再導入されたモンタナ州も含めて877匹と推定されている[4]。一方で再導入に対して南部個体群を移入していることから批判もある[6]

関連項目

テンプレート:Commons テンプレート:Wikispecies

参考文献

テンプレート:脚注ヘルプ

  1. 1.0 1.1 1.2 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科1 食肉類』、平凡社1986年、84頁。
  2. 2.00 2.01 2.02 2.03 2.04 2.05 2.06 2.07 2.08 2.09 2.10 2.11 2.12 2.13 2.14 2.15 2.16 2.17 2.18 2.19 今泉吉典監修 『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』、東京動物園協会、1991年、133-134頁。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 『絶滅危惧動物百科6 サイ(スマトラサイ)―セジマミソサザイ』 財団法人自然環境研究センター監訳、朝倉書店2008年、72-73頁。
  4. 引用エラー: 無効な <ref> タグ。「iucn」という名前の引用句に対するテキストがありません
  5. 引用エラー: 無効な <ref> タグ。「adw」という名前の引用句に対するテキストがありません
  6. 引用エラー: 無効な <ref> タグ。「sizen」という名前の引用句に対するテキストがありません

引用エラー: 「a」というグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="a"/> タグが見つかりません

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki