FANDOM


ジーニー (ディズニーキャラクター) 
 Genie
[[File:|258px]]
種類 ランプの魔人/
初登場作品 アラジン
原語版声優 ロビン・ウィリアムズ
ダン・カステラネタ
日本語版声優 山寺宏一

ジーニーGenie)は、ディズニー制作の映画『アラジン』に登場するキャラクターである。

概要編集

万能のランプの魔人。魔法のランプをこすると現れ、ランプの持ち主のどんな願いでも3つ叶えることのできる力を持つ。ただし、「殺生」・「恋愛の成就」・「死者の蘇生」・「叶える願いの数を増やす」の4つは叶えられない(ただし恋愛については「お膳立て」程度なら可能な模様)。願いを叶え果たすとランプの中に戻らなくてはならず、次にランプの外に出られるのは何百年後になるかわからない。そのため自由の身になることを何よりも望んでいるが、自分の願いはランプの主人に願ってもらわないと叶えることができないため、ランプの魔人であり続けることを余儀なくされている。また、これらの設定は第一作ラストでレッド・ジーニーとなったジャファーにも適用される。

劇中ではアラジンと主従関係を超えた友情を育み、最後はアラジンの願いによって晴れて自由の身となり、念願だった世界旅行へ出かけた。旅行から帰って来た後はアグラバーの宮廷でアラジンたちと共に暮らしている。

強力な魔法で基本的に何でもできる。中でも変身能力が得意で、劇中ではとにかく色んなものに変身しており、声色などはその変身した状態によってころころと変わる。また、他人を(その本人の意思に関係なく)変身させることも可能。ランプの拘束から解き放たれて自由になった後は魔法を無制限に使えるようになったが、その分ランプの魔人だった頃と比べ魔力が少し弱まったようだ。

三部作、TVシリーズを含め『アラジン』シリーズには他のディズニーキャラクターとのリンクが度々あるが、そのほとんどはジーニーの魔法によるものが多い。主な例として、第一作では頭だけピノキオに変身したりエンディング直前にグーフィーの帽子を被っている。『盗賊王の伝説』では飛行機から飛び降りる多数のジーニーの分身の中にポカホンタス(ジーニー似)が混じっている。TVシリーズではミッキーマウスの愛犬・プルートに変身したりスクルージの墓を出現させたりもした。

劇場版第一作のラストでアラジンがジーニーを自由にした際、拘束用の金の腕輪が消失したが、その後の作品では復活している。拘束の効果がないため、装飾としてつけている可能性が高い。

声優編集

オリジナルの英語版を演じているのはロビン・ウィリアムズ。元々ジーニーはそれほどハイテンションではなかったが、ウィリアムズがアフレコ時に卓越したトークセンスによるアドリブを連発し、今のような喋り方のキャラクターになったという。続編作品『ジャファーの逆襲』ではダン・カステラネタに変更され、次の作品『盗賊王の伝説』では再びウィリアムズが登板、さらにTVシリーズ以降はカステラネタが務めている。

日本語吹き替え版では全て山寺宏一が務め、ウィリアムズに負けず劣らずの超ハイテンションな演技を見せている。また、ジーニーは頻繁にジョークを口にするコメディキャラクターでもあるため、吹き替えの際には大幅なアレンジがなされているケースもある。

関連項目編集

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki