FANDOM


ジェームズ・フィル・サリバン』(James Phil Sullivan)、略してサリーは、ディズニーピクサーの2002年映画『モンスターズ・インク』の主な主人公でありから2013年前編、『モンスターズ・ユニバーシティ』脇役です。彼はジョン・グッドマンによって表明されています。

バイオグラフィー 編集

優秀な“怖がらせ屋”一族の出身で、天性の“怖がらせ”の才能に甘えている自惚れ屋。巨体に恐ろしい吠え声という恵まれたルックスと技を持ち、いつでも余裕のデカい態度は注目の的。超難関の“怖がらせ学部”に楽勝で入学し、“怖がらせ”の実技は常にトップ。彼の脳ミソには「努力」という文字はない。だが、そんなサリーも、今までひとりで背負ってきた“優秀な一族のプレッシャー”に負けそうになる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki