Fandom

Disney Wiki

シンバ

2,298このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

シンバ (Simba) は、ライオン・キングに登場するアフリカライオンである。ムファササラビの息子で、ナラの夫で、娘キアラを授かる。

シンバの声優 編集

作品 声優
ライオン・キング1994年ジョナサン・テイラー・トーマス中崎達也(台詞・子供)
マシュー・ブロデリック宮本充(台詞・大人)
ジェイソン・ウェーバー(歌・子供)
ジョセフ・ウィリアムズ(歌・大人)
イワン・サウチェド(歌・子供、「朝の報告2003年スペシャル・エディション追加版)
ライオン・キング2 シンバズ・プライド1998年マシュー・ブロデリック宮本充(台詞・大人)
カム・クラーク(歌・大人)
ライオン・キング3 ハクナ・マタタ2004年マット・ワインバーグ村上想太(子供)
マシュー・ブロデリック宮本充(青年&大人)
キングダム ハーツII2005年ジョナサン・テイラー・トーマス中崎達也(子供)
カム・クラーク宮本充(大人)

テンプレート:ネタバレ

ライオン・キング&ライオン・キング3 ハクナ・マタタ 編集

ムファササラビの間に生まれた王子シンバは、アフリカ中の動物に祝福されるなかで誕生。

少年期は、ガールフレンドのナラと活発に遊びまわり、執事サイチョウザズーの手を焼かせるほどであった。ある日、ヌーの大暴走に巻き込まれてしまう。父ムファサによって一命は取りとめたものの、ムファサは亡き者になってしまう。叔父スカーに、「お前のせいでムファサは死んだ」と責められ、責任を感じたため、国を出ていってしまう。

ジャングルで力尽きたシンバ。その時、たまたまハゲタカボウリングをしていたティモンとプンバァに救われる。行き場をなくしたシンバは、二人と生活することになる。三人はハクナ・マタタ(くよくよするな)を合言葉に暮らしていたが、立派な青年ライオンになったある日、幼馴染みのナラと再会する。ナラは、プライド・ランドがスカーとハイエナの手によって支配されているので、真の王であるべきシンバに戻ってほしいと主張する。迷った末、ナラ、呪術師のヒヒラフィキ、父ムファサの幻影に支援されつつ、シンバは故郷に帰ることを決意する。

王国に戻るもスカーによってシンバは、父がスカーによって殺されたことを知らされ、憤慨する。激戦の末、シンバはスカーを投げ飛ばし、プライド・ロックの頂上から突き落とす。王国に平和が戻り、シンバはナラと結婚しメスの子供を授かる。

ライオン・キング2 シンバズ・プライド 編集

シンバは王となったが、かつて自分達が危険な目にあったことから娘キアラに対して過保護な父親となってしまう。スカーの妻、ジラを含むスカー派のライオン達を食料の悪い塚ばかりの土地のアウトランドに追放している。キアラが自分の後を継ぐ女王となることを夢見るが、キアラはスカーとジラの養子、コブと恋に落ちる。

コブはスカーの仇討ちのため、ジラの作戦でキアラを大火事から救いシンバの群れに加わっていたのだが、シンバはコブをスカーに重ね信用できなかった。コブはキアラを利用するために近づいたのだが、やがて真剣にキアラを愛するようになり、スカーの悪行も知ってジラの作戦から抜けることを決める。シンバもコブに気を許すが、ジラの策にかかりアウトランドのライオン達に囲まれてしまう。

この戦いでシンバはコブを裏切り者だと見なす。一方ジラのほうも、コブが裏切り義兄ヌカを死なせたと見なす。

群れに戻ってきたコブにシンバは多くの動物達の前で宣言する。「追放だ!」

多くの動物達に裏切り者、よそ者とさげずまれ去っていくコブ。シンバはキアラに二度とプライドランドから出るなと命令するが、キアラは「父さんは、ムファサのようにはなれないわ!」と告げ、コブを追いかける。

やがてシンバの群れとジラの群れの争いが始まるが、キアラとコブによって制止される。シンバやプライドランドのライオン、アウトランドのライオンまでもが戦意を喪失する中、ジラだけは戦いを続けようとシンバに襲い掛かるが、キアラに阻止され、崖に転落する。キアラは助けようと手を差し伸べるが、ジラはその手を掴めずに谷底に落下する。

シンバはコブとアウトランドのライオンたちの追放を解き、仲間に迎え入れる。

キングダムハーツII 編集

プライドランドでパーティーメンバーとして登場。 ソラ達は、プライドランドを訪れたが、そこは緑が無く先代の王ムファサの弟で今の王であるスカーがハイエナと手を組んで国を乗っ取っていた。 ソラ達は、ナラと出会い国を救って欲しいと頼まれるが、この国を救えるのはシンバだけで、そのシンバはプライドランドの外にいるとのこと。 ソラ達はシンバを探すが、彼は、ティモンとプンバァと一緒にひっそりとオアシスで暮らしており、ハクナ・マタタという言葉と共に生きていた。 自分にはプライドランドへ帰る資格がないと、シンバは責任を感じて一人思い悩むがムファサの幻影とソラ達の励ましによって故郷へと帰ってきた。 ソラ達はシンバと協力してハートレスと化したスカーを倒し、プライドランドに平和が戻った。

再びプライドランドに降り立ったソラ達は、倒したはずのスカーの幻影に遭遇する。 この事を伝えるためにシンバのもとへ向かったソラ達は、ムファサと自分を比べて思い悩むシンバを説得して事件を解決するために行動する。 しかし、スカーの幻影を前にした直後にシンバは逃げ出してしまう。 ラフィキによれば、あの幻影はシンバのスカーへの恐怖が影となった存在であり、シンバ自身が打ち破らなければならないという。 オアシスで落ち込むシンバにソラ達はスカーの幻影を装ってシンバを挑発し、それをきっかけにシンバは立ち直った。 シンバは幻影を一喝して打ち破り、過去を克服した。その直後に残りの幻影が一つに集まり、巨大なハートレスとなってプライドランドを襲う。 シンバはこの国の王として、ソラ達と協力してハートレスを打ち倒し、再びプライドランドに平和を取り戻した。

子供時代のシンバ(ジョナサン・テイラー・トーマス/中崎達也)の声は、映画「ライオン・キング」から引用したものである。


he:סימבהsimple:Simba

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki