FANDOM


巨大なシャボン玉の中に入って空を飛ぼうと思いついたフィニアスたちは、マラカナッツの樹液をイザベラに採ってきてもらうことに。一方、早く車の免許を取りたいキャンディスは、ママに助手席に乗ってもらい運転の練習へ。

あらすじ

シャボン玉ボーイズ』( - たま - 、原題:“Bubble Boys”)は、アメリカのテレビシリーズ『フィニアスとファーブ』の第42話の前半である。もともとは2009年10月30日にアメリカ合衆国ディズニー・チャンネルで放映された。エピソードを原案はMay Chanが務め、監督はザック・モンクリーフが務めていた。

プロットの概要編集

フィニアス宮田幸季ヴィンセント・マーテラ)とファーブ増田裕生トーマス・サングスター)は彼らの裏庭に吹いてシャボン玉に木の下に座ってみる。バルジート根本圭子モーリク・パンチョリー)がファーブは、彼のスケジュールの話、吹いたとフィニアスは「日をつかむ」ために彼に言った方法シャボン玉で表示されてくる。フィニアスは彼とファーブと泡を吹くために彼を誘うが、バルジートは、彼は十分な時間を持っていないと言う応答してもらった。ビューフォード杉山紀彰ボビー・ゲイラー)は、彼は大きなシャボン玉でも、全ての町の周りに浮遊したかったと言う彼の後ろに表示される。

一方、キャンディス永田亮子アシュレイ・ティスデイル)はリンダ込山順子キャロライン・レア)と彼女の運転を練習していたとリンダがローレンス樫井笙人リチャード・オブライエン)が彼女のキャンディスすでにパラレル公園に語っているわけだ。

ペリーは彼の隠れ家へのエレベーターにダウンし、それはピッチブラックです。ライトが点灯点滅し、バルーンが、それは彼の誕生日でなくても「誕生日おめでとう」、ペリーが望むモノグラム少佐西村知道ジェフ・“スワンピー”・マーシュ)で上から落ちてしまう。

キャンディスは公園に駆動し、公園でフィニアスとグループを見ている。イザベラ河原木志穂アリソン・ストーナー)とファイヤーサイド・ガールズ達は、彼が何をしていたら求めるフィニアスたちだけだ。後に表示された。フィニアスは、彼らが巨大なシャボン玉を作り、町の周りに浮遊する。イザベラは木から一部の樹液を収集し、マシンが泡を吹く。誰もが内側に吸引してダンヴィルで出ていた開始されている。キャンディスは、彼らが、浮動スポットやそれらの追う。

ペリーは悪のドゥーフェンシュマーツ社のビルで表示され、彼はペリーにカードをして入った。それは、誕生日のカードされているとすぐ彼がそれを開くとペリーをトラップだ。ドゥーフェンシュマーツ多田野曜平ダン・ポベンマイヤー)は一緒にカントリー音楽をミックスするのは、彼の計画をしていき、彼はより良い歌うように機構にペリーがカウボーイの帽子をしている。彼は彼の最初のギグは、時間でされているペリーをつかみ、彼が行われたどこに行くと言う。

ドゥーフェンシュマーツはペリーが彼の誕生日カードでトラップを切断して脱出する前に、彼を楽しむ観客と歌い始めるのだった。彼は、それが誤動作する原因となり、ドゥーフェンシュマーツが彼の正常な声で歌い始まるドゥーフェンシュマーツの帽子をノックする党の玩具を使用してほしい。ドゥーフェンシュマーツは彼にこれ以上の屈辱を引き起こすことがジェットパックを使用しようとしながら、群衆は、不平、そして葉とされてもらった。残念ながら、ジェットパックは彼の下着で彼を残し、彼の服をオフに飛べなかった。彼の下着は、その上に彼のフェドーラとそれにペリーの顔を持って、彼はそのまま家に歩くことにやれた。

キャンディスは、まだ町の周りの車の上くらい制御なしの少年を追いかけされている。シャボン玉はほとんど鋭利な物体に接近することによりポップが、グループはシャボン玉をそれるように管理してもらう。しかし、シャボン玉は周囲に鋭いポイントで爪状彫像に下降し、バルジートは過呼吸を開始してくる。シャボン玉はゆっくりと上昇し、フィニアスは重く、呼吸を開始するすべての人に伝わる。シャボン玉が上昇すると、バルジート、それはまだ町の周り浮かぶようにリラックスことを決定。

シャボン玉は橋の上に浮かぶ。キャンディスは、ブリッジが、その後、道路に沿って車とスピードへのドゥーフェンシュマーツのジェットパッククリップに近づく。ブリッジが上昇し始めると車が空中にゆっくりしているのだ。キャンディスはリンダが少年たちを見てもあるようになるほど、リンダが、彼らが再び地上になるまで、彼女は彼女の目を開くことはいると言うのだ。キャンディスのすぐ隣、彼らが最初に開始した公園に車と平行に公園を停止してきた。

それは公園で木に衝突し、誰もが独立した遊具に落下時シャボン玉はポップアップ表示されてもらえる。キャンディスはリンダが公園で、それらをスポットするときに弟達がシャボン玉に浮かんでいたのが彼女のママにする。ペリーはファーブが乗っている象の児童に乗っ近くに表示されたのだ。

ネーター編集

ヨーデルネーター

基礎的な情報編集

  • このエピソードは、第42話B『イザベラ 樹液の伝説』と同時に行われる。キャンディスは、ゴミ箱を打つ前に、リンダは彼女が再びいくつかのゴミ箱をヒットしようとしていることを彼女に警告した。第42話B『イザベラ 樹液の伝説』で、キャンディスが1の内側に閉じ込められたエージェント・ピンキーを解放することがされてしまった。
  • イザベラ以外のファイヤーサイド・ガール対話を拡張していた第1話だった。
  • バルジートは、フィニアス達が『今日はきっと最高になるよ!』のテーマソングの拡張版で歌詞の一部であれば、「一日つかむ」ために彼に言ったことを言及している。
  • フィニアスは、このエピソードでイザベラと同じ高さである。
  • これがキャンディスは、駆動がされている第3回(第13話A『縦列駐車チャレンジ』、第16話『ついにかなった夢』)である。
  • キャンディスはリンダに少年たちのデバイスをしているときに開花ミニキャンピングカーを見ることができる(第42話B『イザベラ 樹液の伝説』)。
  • これは、ピンキーが、シークレットエージェント(第30話A『悪のゼリーモンスター』)になっていることを2度目である。
  • ドゥーフェンシュマーツが、それがトラップ(第30話A『悪のゼリーモンスター』)は、おそらくだったので、ペリーのサプライズ誕生日に行くことを拒否してあげる。
  • これはドゥーフェンシュマーツが奴隷した3つの州(第37話『ベストソング・カウントダウン』)を催眠術をかけるために音楽を使用した2度目である。
  • ドゥーフェンシュマーツはちょうどファーブ(第2話B『裏庭ビーチ』、第34話B『史上最大の飛行機づくり』、第41話B『はじめてのスパ・デー』)とキャンディス(第8話A『僕らのサーカス』)のように、自分自身とは別の声で歌われてしまいだった。
  • 古い跳ね橋(第21話A『監視カメラに写っちゃった』)を表示されたのだ。

ギャラリー編集

『シャボン玉ボーイズ』タイトルカード.jpg
タイトルカード  

作品情報編集

  • それはアメリカで放映される前に最初のイギリスで放映されたこのエピソードだ。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki