FANDOM


フィニアスとファーブは、彗星に自分の顔の絵を彫る。一方、キャンディスはジェレミーと公園でいくつかの時間を過ごすようにしようとしているが、彼女の夢は、ジェレミーの妹スージーが同様に存在する場合に打ち砕かれた。一方、ドゥーフェンシュマーツ博士は、3つの州からすべてのステーキを盗む。

あらすじ

フィニアスファーブは73年半に一度地球の近くを通る「カミリアン彗星」のため巨大天文台を造ることに。キャンディスジェレミーに誘われて公園に行ったけれど・・・。

エピソードの概要

ジェレミーは、公園で彼と一緒にクロケットを再生するために彼女を尋ねるのは、キャンディスが励起される。ローレンスは、彼らがカミリアン彗星を見るためにバーベキューをしていたけれど、それらを指示したりしている。フィニアスとファーブは、リンダはキャンディスがジェレミーを持参し、彼女は同意していることを示唆して参加したいと思ったりしているのだ。それはカミリアン彗星と呼ばれる理由フィニアスは問う。ローレンスは、それがそれを発見したアウグストゥス・カミリアン、呼ばれる古代ダンヴィル天文学者にちなんで命名されたと言う。リンダは、それがと言ったことを伝え「あなたは彗星に望めば、あなたの願いが叶う。」フィニアスは驚き、彼は何をしたいのか割り出したりなっている。

モノグラム少佐は3つの州内のすべてのステーキが消えちゃったことをエージェントPに指示したのだ。彼らはドゥーフェンシュマーツとペリーは彼を止めるために彼の方法を作る疑う。ローレンスは、リビングルームに入ってくると、テレビでモノグラム少佐を見ている。モノグラム少佐は彼が国教廃止条例反対論の治療法を見つけることを試みるテレソンの一部であるふりをする。モノグラム少佐はすぐ残す方法を見つけ、TVでは黒になったりして行こう。ローレンスは、彼らが「国教廃止条例反対論の治療法を発見した」と、彼らはリンダは彼女が「やっとこの暗褐色のリボンを脱ぐことができるよ」とコメントし、阻止することをリンダに伝えちゃった。

キャンディスは、公園にサイクリングされてしまうのだ。彼女はジェレミーにこんにちわと言うと、彼は彼の両親が午後スージーの世話をするために彼に言ったことを彼女に伝わりだ。キャンディスは、心配しはじめる。彼女はパイをピックアップし、それが手作りされてかどうかを尋ねる。ジェレミーは彼のママは、それを作ったと、彼らはそれを食べることができるように、彼はピクニックバスケットのプレートを取得に行くと述べた。彼がなくなっているが、スージーは、それが顔にキャンディスをヒットさせ、パイの底にクロッケーボールを萌芽。ジェレミーは戻ってくると彼女に何が起こったのか尋ねる。彼はタオルを取得している間待つように彼女に尋ねる。スージーは、ジェレミーの生活の中で少女と「it is me!」のための唯一の余地があることをキャンディスに伝わればジェレミーはタオルが付属しており、キャンディスは、自分自身をきれいにしていたりなった。ジェレミーはキャンディスのためにソーダを得るに行くと、彼が消えている間に、スージーは、彼女がobliviously取ることに同意し、紫の液体で顔に爆破されたと、キャンディスに彼女のソーダを提供しているのだ。ジェレミーは彼女が濡れて、別のタオルを得るために行くに気づくその後、いくつかの大道芸についてのキャンディスに指示したのだ。

フィニアスとファーブは、彗星を見るために展望台を構築します。イザベラが来るとフィニアスは、彼らが何をしているのか彼女に伝えます。彼は、彼らが、レーザー光のショーに入れていると、彼らは彗星にレーザー顔を意志グランドフィナーレようにそれが戻って来るとき、彼らは自分の孫を示すことができると言う。イザベラは夢見る、「私達の孫たちで私を持っていた。」と述べている。それから彼女はすぐに「ステーキ!あなたはステーキで私を持っていたぞ!」、彼女が言ったことを実現すると言う。

キャンディスとジェレミーたちは大道芸を見に行くなってしまった。ジェレミーは軽食を得るために行くと、彼はあそこにキャンディスたちを満たすと言える。一方、スージーは、彼女からナッツを得るために高齢者の女性で叫ぶ。彼女はキャンディスのジーンズにナットをヒットし、リスはそれらを得るためにジャンプを飛べるはずのだ。大道芸は彼女を見て、彼女のダンスと思う、彼らは歌を実行、『パンツにリスがいるんだよ』応答である。彼女は実際に彼女のズボンのリスを持っていなかったうち、彼らが見つけたときに大道芸は驚かされるのだ。そのうちのひとつは、「私たちは務めてしまったぜ。」と言う。

ドゥーフェンシュマーツ博士とエージェントPに彼の新発明を示し、“仕様のステーキ”。ペリーは彼に黒い目を与えた後、彼はアイデアを得た。彼は店でそれらを販売することを計画。彼は3つの州のすべてのステーキを盗んだと彼のステーキ封じ込めユニット(SCU)に入れたことを彼に伝わらない。ペリーは巨大な光線を明らかにする。ドゥーフェンシュマーツ博士は、彼が後で何か悪をしたい場合には、それだけであると言う。

彼女は彼がアイスクリームを取得したい場合に戻る公園で、ジェレミーはキャンディスを要求。キャンディスは、彼女がアイスクリームを取得したい彼に告げる。彼女はアイスクリームを得るためになってしまい、スージーキャンディスのパスに別のクロッケーボールをヒット。彼女はそれを繰り返し、コントロールを失い、アイスクリームカートに落ちる。彼女はいくつかの階段を下りカートに離れてロールバックし、転がり続けている。大道芸は、彼女を見ると〈再び提供し得る〉。彼女は、ロールを続け、パントマイムオーバーが実行されてやる。彼女は木にロールし続け、リスは彼女の上に落ち、彼女を殴る。彼女は何とかカートに服を変更し、あなたは彼女の標準的なドレスの上部を参照してください。彼女はジェレミー、汚れにさかのぼりだが、アイスクリームバーが。ジェレミーは何が起こったのか彼女に尋ねると、彼女は恐ろしいリスについて彼に伝わったりしている。ジェレミーが起こったとスージーリスに彼女を紹介した何彼に言うように彼女に訪ねるのだった。キャンディスとリスの悲鳴とキャンディスは逃げる。

裏庭では、誰もが彗星を見ることがある。彼らはに行くと、彼らはフィニアスもで星、彼は彗星を発見した天文学者について皆に告げるショートムービーを鑑賞。キャンディスは、公園から戻ってくる展望台を見て、バストフィニアスとファーブにしようとします。フィニアスは彼らにスペースを通って飛んで彗星を示し、それらはレーザーシーケンスを開始していこう。レーザーはすぐに彗星の上に自分の顔を描きます。キャンディスは、入ってくると、彼女は母親に伝えるために起こっていれば、それらを指示して行こう。

線を破壊するためにシステムにペリーハック。彼は過負荷と光線がランダムに物事を撮影し始めの原因と赤いボタンの上ドゥーフェンシュマーツを反転します。それは地面に落ちる展望を撮影した。フィニアスはパニック、しかし、ちょうどその、ロックフォールズの巨大な作品とほとんどフィニアスは破砕しない皆に告げる。彼は、「オーケー、今、あなたがパニックすることができます」、それらを伝えちゃっているのか、誰もがなくなる。線からのもう一つのショットは、完全に展望台を破壊。線はその後SCUを撮影、それが吹くが、それがない前にペリーが逃げる。調理されたステーキはどこにでも飛ぶ。

リンダとローレンスは家に帰るとキャンディスはバストしたフィニアスとファーブにしようとします。彼女は彼らの展望台でそれを見て、それらを尋ねると、彼らは裏庭に行くが、展望台はなくなってであり、唯一のフィニアスと彼の友人がある。リンダは、彼らがどんなステーキを見つけることができなかったことを彼らに伝え、彼らは街全体を捜索。ローレンスは、それは彼らが一緒に彗星をお楽しみいただけますことを良いことだ、とフィニアス、それは別の73年半のために消える前に、彼らはそれをお楽しみいただけます追加したと言うのだ。キャンディスは怒って、彼女は88だとき彗星が戻って来るとき、彼らは逮捕されるだろうことを彼らにステップアップ、とファーブは、彼女が88年半になりますことを修正した。

彼らは、ステーキ用の彗星とリンダの願いを見る。悪のドゥーフェンシュマーツ社で調理されたステーキは、空から落ち始める。誰もがいずれかを取得し、1を食べる。大道芸がまたあり、もう一度、それらは〈提供し得る〉。ジェレミーがキャンディスをチェックするために来る。ペリーがフィニアスのプレート上の土地(ファーブの頭の上にステーキの土地ながら)とフィニアスは、「ああ、いたのかペリー。」と述べている。

キャンディスとジェレミーは彗星を見て、彼女が願いを作ったらジェレミーが尋ねる。彼女ははいと言うと、それが叶ったならば、彼は問う。彼女はそれだけでやったと言う。スージーは再びボールをキャンディスを打つための準備が、彼女の上にステーキの土地の山。

ネーター

保存庫ネーター(ステーキ肉ネーター)
ステーキ眼鏡
邪悪なことをしたくなったとき用の光線銃

ソング

エンド・クレジット

パンツにリスがいるんだよ』の第二の詩。

ビデオ

335 px

キャスト

このエピソードに表示されませんでした文字を指定

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki