FANDOM


スペース・レンジャー バズ・ライトイヤー スター・コマンドの秘密(原題:Return of Star Command)』は「海外映画募集」の海外映画の一つであるディズニーの映画作品。

概要 編集

スペース・レンジャー バズ・ライトイヤー スター・コマンドの秘密 編集

「スペース・レンジャー バズ・ライトイヤー 帝王ザーグを倒せ!」のその後のバズ・ライトイヤーがスペース・レンジャー達と政府から迫害されながら、スペース・レンジャー達の友情にヒビが入りながら、宿敵ザーグと再び対決する「スペース・レンジャー バズ・ライトイヤー」の長編映画化作品。

あらすじ 編集

ユニ・マインドを元に戻して宇宙の平和を守ってから10年後。バズは「アストロブラスター」と「スターセイバー」を開発し、激しい訓練が開始された。そして、バズはアストロブラスターとスターセイバーの威力を強くしすぎてスター・コマンドを壊滅させてしまい、動揺した仲間のスペース・レンジャー達はバズを責め始める。ミラは牢屋に入れられ、バズは政府から迫害されてしまう。スペース・レンジャー達からの信頼を失ったバズは自分が嫌われたのだと思いこみ、ミラが牢屋に入られたとも知らないままスター・コマンドを出て行って地球へ。地球ではテレビでニュースが放送されていた。バズはミラが牢屋に幽閉された事を知り、泣き崩れていく。そこへザーグとワープ・ダークマターがやってきて、バズを慰めて、自分の提案に協力させていく。しかし、バズは気づいていなかった。自分がザーグの宇宙征服に利用された事を。ミラと共にスター・コマンドに戻っても、スペース・レンジャー達はザーグの宇宙征服に利用されてバズに腹を立てるのであった。スペース・レンジャー達の友情が壊れ、ミラの信頼を失ったバズは深く傷つき、どうしたらいいのか分からず、スター・コマンドを出て行ってしまう。失意に暮れるバズが乗り出した作戦とは・・・・・・。

キャッチコピー 編集

スペース・レンジャー達の友情が世界を救う!

キャスト 編集

役名 原語版 日本語吹替え版
バズ・ライトイヤー ティム・アレン 稲葉実
ミラ・ノヴァ ニコール・サリヴァン 本田貴子
XR ラリー・ミラー 堀内賢雄
ブースター スティーヴン・ファースト 茶風林
ネビュラ隊長 アダム・カローラ 楠大典
ザーグ ウェイン・ナイト 玄田哲章
ワープ・ダークマター ディートリック・ベイダー 大塚芳忠
テレンス/手下ロボット4800号 ティム・カリー 壤晴彦
空手男 クランシー・ブラウン 高木渉
ウッディ ジム・ハンクス 辻谷耕史

製作会社・配給 編集

  • 製作会社:ピクサー・アニメーション・スタジオ
  • 配給:ディズニー

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki