Fandom

Disney Wiki

ウギー・ブギー

2,295このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
ウギー・ブギー 
 Oogie Boogie
[[File:|258px]]
種類 ブギーマン
初登場作品 ナイトメア・ビフォア・クリスマス(1993)
原語版声優 ケン・ペイジ
日本語版声優 小林アトム

ウーギー・ブギーOogie Boogie)は、映画『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の登場人物である。

ハロウィン・タウンの悪役であり、影の支配者を名乗る。イカサマが得意なギャンブラーであり、ディズニー・ヴィランズ屈指のずる賢さ、残虐さ、邪悪さ、強さを兼ね備えている。

ロック・ショック・バレルという三人の子分がおり、サンタクロースを誘拐するという任務を見事にこなしている等、役に立つ所が他作品の子分キャラとは違うところである。

キャラクター像 編集

  • ハロウィン・タウンきっての悪役。麻袋で覆われた中身は何百万のゴキブリゲジゲジなどの気持ち悪い虫で構成されている。主食は虫。地下に拷問部屋があり、カジノにもなっている。
  • 罠を扱うのがとにかく上手いが、詰めが甘い所もある。
  • 爆発しても、いくら殴られても死なない(ゲーム参照)が、縫い目が裂けると簡単に虫が散らばり、だけの体になってしまう。だが、虫を詰め直せば何回でも復活する。
  • 「ブギーの復讐」では子分(ロック・ショック・バレル)たちの手によって復活している。
  • 子分からの人望が高いが、直接の対面シーンは無い。
  • シリアス系とギャグ系の中間のキャラクターであり、最後の戦闘シーンは鬼ごっこのような物だった。ハロウィンの日は、子供達に悪夢を見せる。
  • 生身でも十二分に強く本来罠やギャンブルに頼る必要がない。
  • 劇中では巨体のサンタクロースを持ち上げ、軽々と扱っていることから相当な力の持ち主。
  • 料理が得意で、その中でも得意料理は「ヘビクモシチュー」。
  • ブラックライトで体が緑色に蓄光する。劇中でロックが虫をブギーに差し出す前に液体の入った鍋で煮ている。煮ることで虫に蛍光塗料が塗布されブラックライトで蓄光する仕組みかと思われる
  • 一人称は「オレ」。体構成は麻袋と虫の集合体だが一人の独立した意思を持っている。
  • 「OOGIE BOOGIE'S SONG」、自前の歌を持っており歌唱力も高い。

拷問部屋 編集

拷問部屋であり、カジノでもある。

  • ロボットの兵隊
  • 巨大なカッター
  • クレーン
  • 中央のマグマ
  • トランプ型のオブジェから飛び出す仕込み刀
  • 回転台

等のトラップがある。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki