FANDOM


ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ(Walt Disney Animation Studios)はカリフォルニア州バーバンクのウォルト・ディズニー・スタジオに拠点を置く、アメリカのアニメーション・スタジオである。ウォルト・ディズニー・カンパニーのアニメ長編、短編、TV番組などを制作。1923年10月16日に設立され、ウォルト・ディズニー・スタジオの一部門として活動している。本スタジオは1937年の『白雪姫』以来、50を超える長編映画を制作している。

1923年の設立時の名称はディズニー・ブラザーズ・カートゥーン・スタジオ(Disney Brothers Cartoon Studio)で、1929年にウォルト・ディズニー・プロダクション(Walt Disney Productions)として法人化した。1934年に長編作品の制作を開始するまでは、本スタジオは短編映画の制作を専門としていた。1983年、ウォルト・ディズニー・プロダクションは実写映画スタジオ部門をウォルト・ディズニー・ピクチャーズと名付けた。1986年に企業再編が行われた際、ウォルト・ディズニー・プロダクションはウォルト・ディズニー・カンパニーと名を変え、アニメ部門はウォルト・ディズニー・フィーチャー・アニメーション(Walt Disney Feature Animation)となり、映画部門ウォルト・ディズニー・スタジオの傘下に入った。2007年、ディズニーがピクサー・アニメーション・スタジオを買収した後、ウォルト・ディズニー・フィーチャー・アニメーションは現在の名称であるウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオに改名された。

本スタジオは長年にわたってアメリカの主要アニメ・スタジオとして評価され、様々な新手法やコンセプト、理念を開発し、セルアニメの基礎を作った。また本スタジオが開発した絵コンテの手法は、今日のアニメおよび実写映画制作における基本技術となっている。本スタジオが製作した長編映画はディズニーの中でも特に有名な作品ばかりで、短編作品でデビューを飾ったミッキーマウスドナルドダックグーフィープルートなどのキャラクターはポップカルチャーの人気者となり、企業全体のマスコットにもなっている。

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオは現在も伝統的なアニメ技法とコンピュータ生成画像(CGI)の両方を用いて映画の制作を続けている。現在エドウィン・キャットマルジョン・ラセターが本スタジオとピクサーを指揮し、アンドリュー・ミルスタインがゼネラルマネージャーとしてスタジオの運営に取り組んでいる。

ギャラリー

外部リンク


テンプレート - 編集
Walt Disney Studios utilized logo
制作
ウォルト・ディズニー・ピクチャーズマーベル・スタジオルーカスフィルムディズニーネイチャー
[アニメーション]:ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ (ディズニートゥーン・スタジオ) • ピクサー
配給
ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズタッチストーン・ピクチャーズウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメント
ディズニー・ミュージック・グループ
ウォルト・ディズニー・レコードハリウッド・レコード
ディズニー・シアトリカル・グループ
ディズニー・オン・アイスディズニー・シアトリカル・プロダクションズ
関連人物
ボブ・アイガージョン・ラセターエド・キャットマルケヴィン・ファイギキャスリーン・ケネディ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。