FANDOM


Logococo
WARNING!

この記事には映画 『リメンバー・ミー 』のネタバレが含まれています。まだ作品を見ていない方はご注意ください



イメルダ(Imelda)は、映画『リメンバー・ミー』に登場するキャラクターある。

歴史

イメルダは1899年にサンタ・セシリアで生まれ、弟のフェリペとオスカーと一緒に育った。年頃になるとミュージシャン志望のヘクターと出会い、たちまち恋におちた。彼らのロマンスはすぐに結婚へと発展し、19歳で娘のココを出産した。イメルダはココを育てるために落ち着いた暮らしを望んだが、ヘクターはミュージシャンとして成功することを夢見て親友のデラクルスとツアーに出てしまう。家族のことを蔑ろにしたヘクターに激怒したイメルダは、一緒に写った家族写真から彼の顔を切り取り、その後音楽を禁じてしまった。

家族を養うためにイメルダは靴職人となり、やがてココが大きくなると靴作りの全てを娘に教えた。ココの代になっても同じように引き継がれ、ファミリービジネスとして発展する。

70代になっとときイメルダはこの世を去り、彼女の魂は死者の国へと送られた。

登場作品

トリビア

ギャラリー